2005年7月 2005年8月 2005年9月 2005年10月

2005年11月 3日

 あなたの名は…ベターマンって事でベターマンだよ。アクロバンチはどーしたー。
「おかしーなー?いつになったら」
 ベターマン26話終わった。疲れた。無茶です、徹夜&2倍速で見るのは、かなり。台詞よくわかんないし。…慣れてった自分が更にやだ。
「私バカだから特集。かなり言ってるようで実はあんまし言ってなかった」
 全26話の中で放たれた回数、実はたったの8回。
「アスカのアンタ、バカァも実際何回なんだよってとこですけど」

第2話

 覚醒人について聞かれて…。

よくわからない私バカだから

「記念すべき、初バカだから」
 バカだからわかんないんだろね、やっぱり。

第4話

 生体工学者ってどんな事やるのかと聞かれて…。

よくわからない私バカだから

「2発目バカだから」
 まあ、バカじゃなくてもわかんないかな。ヒノキちゃんばっかりバカに出来ないよね、これ。わかってそうで意外とわかってない。
「生体工学者は何をしてるか。確かに普通は答えられんな」

第5話

 カエデさんが調査に最適だと言われて

わかんないよ、私バカだから

 これは嫉妬みたいなもんだよね?
「わかりたくないよ!って感じで」
 でも、カエデさんとヤナギさんラブラブだから。
「もう、この時点で子供出来てるしな」
 そーだっけ?23夜で4ヶ月って言ってたよーな。時間の経過いまいちわかんないなー。
「ガオガイガーの公式サイトに年表があるっす。ガオガイガーとベターマンの時間関係わかりやすくまとめたものが」
 んー、…まだ子供出来てないなー。ヤナギさん達が日本来てから半年経ってる、決着つくまでに。
「半年も経ってるんだ、あの話」
 おぉ!?…へーちんさんがアルジャーノン発症したのって、ボトム・ザ・ワールド事件の後になってる。
「おや?じゃあ、アレはカクタスの単独犯行か?」
 サクラちゃんも死んだわけじゃないみたいだ。
「死んでないんだ、アレ。生死関係なくどうせ二度と出番無いから関係ないっちゃあ関係ないけど」
 チャンディーを主役級にした新作って話はどこに。

 

 カエデさんのダウジング能力を科学的に説明されて

わかんないよ、私バカだから

「これは、本気で言ってた。この時のあまりのバカっぽい表情がすっごい可愛かったっす」
 バカっぽい表情って。
「1話で2回放たれたのは、この第5話だけっすね。「何言ってるか全然わかんないよ」って感じで結構好きでした。つうかそんな難しい事言ってなかったのに」

第7話

 こんなとこで諦めたら家族も喜ばないと言われて

わかんない…私…バカだから

「思考をそこで止めるなー」
 破滅的思考っていうか、すぐに爆発しちゃうよね、ヒノキちゃんは。
「ケータだってキレるわなー、こういうの相手にしてたら、そりゃ」

第11話

 もう何していいのかわかんなくなっちゃって泣きながら

お兄ちゃん教えて、わからないよ……私…バカだから

 バカだからじゃなくて、すぐに諦めたり何も考えないからだーー。
「ロクなヒロインじゃないな」
 お兄ちゃんも大変だったんだろーなー。
「いや、お兄ちゃんが甘かったからだと思われる」
 何やってるんだー、マリオーーー。妹ダメすぎじゃないか。

第16話

 ケータ君に口説かれて

知らない……私…バカだから

 嬉しくて言ってるパターンかー。
「ケータ大変だなー」
 お互い、相手のどこがいいのか謎です。
「16話だと、私、専門家じゃないからって変形パターンも出てますな」

第22話

 セーメについて聞かれて

知らない わからないよ 私みたいなバカに聞かないでくれる!

 キレた。
「複雑な事を考える事とか、色々な事を考えるとか出来ない頭なんだろーか」
 ヒノキちゃんキレた。
「まあ、これは変形パターンですな。同じく22話の変形パターンで「私がバカだからいけないの」ってのも。ヒノキさんは全部「バカ」に責任転嫁しますな。

第23話

 ケータと仲良く平和に

もうベターマンもアルジャーノンもどうでもいいや、私バカだから

 良くなーーーい。責任果たせーー。
「でも、結局、ヒノキだけじゃなくて、ほとんど全員…人間はアルジャーノン現象の解決にもカンケル退治にも役に立ってない」
 カンケル倒すのとアルジャーノン現象の停止って意味同じじゃないかな?
「どーなんだろな。カンケルいなくなればアルジャーノン現象の意味なくなるけど、元凶の6人が生きてる限りはって気もする。で、その場合だ…」
 カンケル倒したのはラミア。元凶の6人は…んー?
「彩博士とカクタスはアルジャーノンで死んでる。梅崎博士とオフィサーとアサミさんはチャンディーに殺されて、魔門はラミアに倒された。…人間は何もしてないね、うん」
 ……ラミアとチャンディーだけぇ?
「結果的に、フォルテの実は全部使い切ったけど、実際、ラミアが無駄遣いしたからで、カンケルは滅んだけど、元凶のウチ何人かは生き残ってるって状況はあり得たんよねぇ。そうはならなかったから考えるだけ無駄なんだけど」

 んー。
「26話見終わって思ったのは、説明不足」
 わざとでしょ。
「言い方悪かったか。隠す必要の無い部分を隠してたり、種明かしが唐突だったり。結局、実のトコ視聴者に考える余地は全く与えてなかったっしょ?」
 わざとでしょ。でもさ、種が明かされた後でも考えないとよくわかんない部分あるから。
「あとはねー、最終話で初めてキャストのとこにチャンディーの名前出てきたのに、?ってのが。いや、?も何もどう聞いても桑島さんだろって」
 何か意図あったのかな?最終話だし。
「シビルの『?』も謎だったけど、何なんだろなー。敢えて『?』でクレジット表記するのって」
 全部わかった上で見ると、単純だよねー。アルジャーノン現象とベターマンっていう『主軸』っぽいのを無視すると、かなりわかりやすくなる。 「へーちん>梅崎博士>魔門>カンケル…シリーズがあってそのシリーズのボスがいる。でも、一連の流れの中に謎のアルジャーノン現象と意味のわからない行動をとるベターマンと、ベターマンが敵としてるカンケルがいる」
 この辺りはホントにわざとやってるよね、間違って予想しろーーって感じで。
「第1シリーズは実はかなりわかりやすいんだよな。アカマツ工業が納入したものばかりが暴走してる。なら、犯人はアカマツ工業だっていう。誰がやってるかわかんなくても、裏切り者がいるってのは予想出来る。でも、アルジャーノンってのが何だかわかんないから、単純に「アカマツ工業の仕業」って考えにくくなる」
 ベターマンを象徴するのがこの最初のシリーズなんだろね。アルジャーノンとベターマンってカラクリが一番上手く作用してるから。 「恐怖の演出もよかったしな。それ以降のはただ気持ち悪いとかそんなだし」
 まー、全体で見れば…決着つけないで終わらせるとかしないで、ちゃんとカンケルも倒して終わらせて、謎も全部解き明かしてるから…。
「ザコ敵となるのが、命の無い機械>作られた生命>異能力者…これにベターマンは全て対応出来たってのを見ると、ベターマンはやっぱりベターなんだなーってのもあるか。ベターマンってただ強いだけで「ベターに進化」してるか?とか思ってたけど、今まで」
 改めて見るとわかる事、か。ベターマンは確かにベターだったって…そんなのわかってもなー。
「コンパクト3だと、ベターマンの象徴になる第1シリーズをごそっと削りとっちまったわけで…それでいて、チカちゃんがいるからどう決着付ける気なのやら」
 んー?かなり原作と設定違うから、アレ。
「そりゃそーだろーけど、だからどうしたのかなって思ったんよ。原作と同じじゃむしろ問題あるし」

2005年11月 4日

「今日はウィルスバスター2006の話っす」
 2006になった。以上です!
「せんせいのお時間最新刊」
 同感。
「何がだ」
 みかセンセはいい先生だよね。ああはなりたくないけど。
「もう1回言わせてもらうが、現時点でああだ、悠は」
 あんなだらけてませんっ。
「自覚しろよ」
 人間ああなっちゃダメだと思います。いい先生ではあるけど、家族はメーワク。
「自覚しなよ。母の「ちゃんとしたカッコで読め」はウケました」
 放っておいて下さい。
「だから、自覚しろよ」
 同じ格好でいるのって体に悪そーじゃない?
「だからって、脚挙げて読む奴ふつーいねぇ。だからこそウケたんだけど」
 漫画になる以上、いーっぱいいるんじゃない?多分、読書家みんなそーだよ、密かに。
「すっごい失礼だな、アンタ」
 いや、きっと密かに…。
「ああ、でも、仕事はしてるな、悠の場合」
 してますっ!妹の鑑です!
「妹じゃ無ぇ」
 そうです、メイドさんです。
「メイドでもねぇ」
 でも、給料貰ってる。
「でも、仕事っていうならして当然か。みかセンセも仕事はしてるわけだしな」
 なんか、どんどんこの先生はロリ化してってる気がする。
「どんどん若返るって体質なんすよ」
 ポプランみたいな、センセだな。何てうらやましい。
「10代が言うなー」
 あと数日だけどね。…ふ、ふふふふふふふふ…遂に、遂に…。
「嬉かなかったがなぁ、20歳の誕生日なんか」
 ボ・ク・は嬉しいんです!大人を縛るものなどなーい。1日中家でごろごろして過ごすという長年の夢が………い、いや、もちろん…じょーだんです…よ?
「既にそーやって過ごしてるしな」
 またまたー、そんなウソをー。信じちゃったらどーすんですか、読者さんが。
「凄いよなー。色々と目標の人物いるけど、中身は、みかセンセ。いや、表向きか?」
 裏は腹黒キャラですか?あー、でも文系とか理系って言葉好きじゃないけど、どっちかっていうと理系だぞ。みかセンセとは明らかに違う。国語嫌いだったし。
「国語って何ですか?」
 主に日本語の勉強です。
「んーー、結局ウィルスバスターの話してないんで、真面目にここから」
 どっか変わった?
「アップデートする時にダウンロードサイズ表示してくれる。されたって意味無いけど」
 ログがまた見づらくなったってのもあるか。
「2005で見づらくなって、2006になって更に。嫌がらせかな?」
 ログなんてどーせ見ないだろーって事?
「ああ、スパイウェア検索は進化したか。つうか最初からやってて当然なんだがなぁ。削除したスパイウェアの復活なんて」  まだまだ役に立ちそうにないね、VBのスパイウェア検索は。
「アップデートファイルの設定機能が消えたか。2005の新機能だったのに。ダイヤルアップ接続ユーザに冷酷だな、トレンドマイクロ」
 重いのは迷惑メール判定パターンファイルとウィルス感染自動修復パターンファイル。どっちもほとんどのユーザは必要としてない…トレンドマイクロの押し売り機能。なのに、アップロード対象から外せない。
「次々といらない機能増えてくな、このソフト。やり方がマイクロソフトそっくりだ。自己満足ないらない機能付け足しては、それが凄いかのように発表する。いらないどころか迷惑だったりする機能ばっかり」
 初心者に優しいってわけでもないんだよねー。初心者とかって、機能使いこなせてないし、結局。理解してないから、どんな機能なのか。
「個人情報保護とか、それを気をつけてる人なら、そもそもがこんなもんで保護されなくても大丈夫だから」
 家族で利用する事を考えて、かな。親が保護情報入力しておいて。そーすれば子供さんが危険な事しても情報漏れたりしない。
「それはあるか。進化したなって感じるのはスパイウェア検索ぐらいかなー。自動削除機能もついたし、使いやすくはなってる」
 でも、スパイウェア自体入ってこないし、あんまし関係ないぞ。
「ヘルプファイルは全部見たわけでないけど、cookieに関する説明は消えたね。2005の時に文句言ったけど、すっぱり消してくるとは予想外だった」
 いちおー、リンクはっとこーか、その2005の時の報告。
「約1年前っすね」
 誕生日間近の頃。
11月6日の雑記参照って事で。7日はJAMの話してるね」
 妹の誕生日を何だと思ってるんだ。
「妹じゃ無い」

2005年11月 5日

「今日は妖怪アニメで」
 深夜にアニメ見るのやめませんか?疲れます。
「見る時間無いしなー。妖怪ワールド恐山物語とぺとぺとさん」
 全く違う毛色のモノ並べるなー。
「見たのがこの2つだから。妖怪作品の基本である水木さんの…鬼太郎がDVD化されないもんだから、在る意味貴重な恐山物語」
 ホント、妖怪好きだよねー、祐里は。ボクもまーね、いつの間にか毒されてたけど。
「妖怪アニメとしては駄作としかいえない、もののけ姫と比べて…」
 いや、あれ…妖怪アニメじゃないし。妖怪アニメとして評価する意味無いし。
「なんつーか、「水木アニメの総決算」みたいに言ってた割に…あー、まあこんなだよね、って感じで。どう反応していいのかわからなかった恐山物語!」
 それはわかりやすく言うと「ダメだよね」って事ですか。
「ダメじゃないけどな。野沢那智さん…あの声な悪役素敵だよ。でも、なんか今更こんな話やられてもっていうか。出てくる妖怪…地味だよねっていう」
 妖怪に失礼な事言うなー。地味でいーじゃないか。
「あと、何か侍魂零みたいだよねっていう声優陣?」

 我旺様と炎邪と雲飛と三九六?侍じゃないけど、鷲塚とマルコもいるね。
「いやもう、ネオジオ系な人としてはこの声優陣にウケちゃって、妖怪がどーとかっつうか」
 これさ、シリーズ化とかしないと。何か何やりたかったのかよくわかんないし。
「小百合とか、半端に美少女?ってクエスチョンマークつけたくなるキャラがいたり、まあ、人間と妖怪の共存ってのはいいんだけどね」
 妖怪同士の小競り合いだしね。30分ってのが無理あるでしょ。
「結局、天狗どんは偉大でしたって話って事で。次、ぺとぺとさん」
 祐里風に言うなら妖怪アニメとしては駄作?
「いや、妖怪アニメとして基本は出来てると思うがな。妖怪=自然って捉え方はしちゃいかんのよ。妖怪は妖怪であって、1つの生物だから。妖怪と人間の戦いがあったとして、それは自然を壊す人間と自然との戦いなんかじゃない」
 はぁ。まあ、でも萌えアニメだよね、これ?
「びみょーだよなー、そのジャンルからすると。まあ、妖怪出てくる作品だとは思ってなかったけど、最初。だから、手を出すのがこんなに遅れたわけだし」
 なーーー、なんだかなー。べとべとさんと似てるなーとか思わなかったかな。
「素晴らしい!普通に、べとべとさんという名前出てくる辺り」
 ふっふっふ、これでも水木しげる展に1人で言ってきてるからな。19歳の娘さんが1人で水木しげる展!!
「素晴らしいですな」
 しかも、お土産に水木しげる大全…と、ぬりかべ。

「あー、ぬりかべなー。せっかくだからってんで装備してるけどさ、なんでぬりかべ?」
 ラブリー妖怪といったらぬりかべじゃないですかー。何言ってるんですかー。
「ぬりかべ装備してる人を秋葉原で見かけても声かけないで下さい。あんなもん装備してる人はそうそういないんで、私である可能性が凄まじく高いですが、放っておいて下さい」
 外せばいーじゃん。
「悠のお土産って設定なので、外せないんですね」
 設定とか言うなー。まるでウソついてるみたいじゃないか。
「あー、結局な。妖怪に似た名前だからって、妖怪だと思う奴はそうそういないって事で。しかも興味持ったのは「夏休み」って単語で。ぼくなつが好きな身としては、あーいう感覚なのかなとか思ったりして」
 っていうか、絵で気付け。萌えアニメだって。
「いや、萌え系かなー?違うような気がするけどなー、そーいう人も取り込むように努力した作品って感じ」
 そーかなー?
「つうか、ぺとぺとさんはべとべとさんと同じ種族ってのは無理だろ、違いすぎだろ」
 妖怪の生態は奥が深いね!鬼太郎も作品ごとに設定違うし。妹いたり、ね。
「つうわけで合言葉は人間以外の種族に愛を」
 単に亜人が好きなだけとしか思えない台詞だ。
「魔族だろーが、ロボットだろーが人間に好意的であれば。でも、21世紀のアニメ版アトムは却下な。アレは人間の敵だから」
 アトムは味方なんじゃないだろーか。
「だからこそ、敵だろ?ラングIVのリスティルとか、クリティカルブロウのマオとか、人間世界で生きていく彼女達にはやっぱり、愛を。恋愛って意味でなくて」

2005年11月 7日

「はぴばーすでいって事で、本日は」
 オリジナルが結婚するそーです。
「しねーよ」
 おねーさまが結婚するそーです。とっくにしてるけど。
「ついでって事でお勧めしたけど、ダメだったらしい。ちなみにだ、既に了承はとってきてある。オリジナルだの犬だの呼ぶのはアレなんで、悠1号って事でユイ、アンタはユニという名前でどーかと」
 やだ。ユイはともかく、ユニってなんだ、ユニって。名前になってないじゃないかー。単一?単一ですか?ボクは電池ですか?
「いや、単一って書いて「たんいつ」だし」
 名前っぽく、後ろに子をつけてみると、ユニコですか?手塚先生のキャラですか、ボクは。
「いやー、でもさー」
 えーーー、これから、ユニとか呼ばれるのー?
「いや、普段は悠。あんたらがお互いを呼ぶ時はユイとユニでいいのではないかと」
 ユニ?ユニかーー。んーーー、最近、ボクとユイちゃんが結構会ってる事に気付いてますね。
「…そんなん知らん」
 バカ兄さんとユイちゃんをくっつけよープロジェクトが作動してたのです。結局、誕生日に間に合わなかった。
「永遠にあのままだろ」
 ボクは違うぞ。…最近、やけにツンデレって単語乱舞してるよね。
「ツンデレって何ですか?」
 それは前に言った。
「思うにデレはいらんと思うのだよ。つうか分類されてるキャラ、実際、その要素欠けてるキャラばっかりだし」
 そー!デレはいらない!だから、ボクもデレはいらない。……えと、だから…アクロバンチはどうなったのかって話を。誕生日の話は無しで。
「アクロバンチなー。…誕生日祝っちゃいかんのか?」
 そーいうのはあとなんです。
「在庫無いから、生産待ちなんですよーってメールが今更来た。今まで何やってたのかは謎」
 生産されるわけないじゃん、期間限定生産なんだから。
「やっぱりそー思うかー」
 誰でもそー思うんじゃないかなー。
「なのに、未だに普通に売ってるんよねー」
 詐欺られたーーー。
「んなわけあるかー。実績あるわい。売り切れた場合は書いてあるから、取り寄せでも、取り寄せ可能なものだけリストにあるのかと思えば…」
 結構、いー加減なのかも、サイトの作り方。
「NTT−Xしっかりしてくれよー。次回生産まで待てやって話だけど、次回生産あるわけないんでアクロバンチは諦め」
 代金は?
「NTT−Xが次回生産が無いって気付くまでは待ってみる。面白いぜ、このメール」
 ん?

[1]ジェネオン エンタテインメント 魔境伝説アクロバンチ DVD-BOX(期間限定生産) PIBA-9013
商品コード:D110480861
納期   :未定(メーカー生産待ちとなっております)
※申し訳ございません。いまだ次回の生産の目処が立っておりませんので、
 突然の製造中止により、お届けできなくなってしまう場合がございます。

「突然の製造中止とかほざいてやがる」
 機械的に作られたものだからだねー。
「2002年12月31日までの期間限定生産。突然じゃなくて、計画通り生産は終了してるわけですが、突然の製造中止って言葉を使ってメーカーに責任なすりつけてますか、これ?」
 あははは。
「乾いた笑いやまましょう」
 エスカはやめ。今はスーパーロボットの気分♪…祐里、バカみたい。
「私が悪いんか、これ!?」
 じゃ、エスカ見るしかないよね。深夜でもいーよ、つきあってあげるから。
「いやもう、スーパーロボット言うたらスーパーロボットなんよ、ゴッドマーズにする」
 へっ?
「いや、コンパクト3にはおらんよ。Dにはいるけど」
 そこじゃなくて。
「あー、DVDは買ってないっすよ。録画したのがあるから、それを見る。録画したまま放置されてただけ」
 録画って…録画って…いつの…。
「よく知らないんだけどな、ドラゴンボールもそうなんだけどね、本当に星を制圧したいなら、自我とか無い赤ん坊送り込むなよって」
 その星で育って、その星に愛着も湧いて…敵に育っちゃうだけだよね。ゴッドマーズってそーいう?
「確かそーいう話」
 ………なんなんだろね。
「しかも、皇帝の息子」
 獅子よりもヒドい親だ。私の息子ならば、星の1つぐらい制圧してこい。出来ないなら帰ってこなくてよい!みたいな。
「つうか、そーいう記憶自体無いと思うんだが、赤ん坊じゃ。星に送り込んだつうか、捨てたようなもんだろ」
 むー、けっこー面白そーだ。
「あんたの面白いって判断は」
 祐里に毒された。
「…そー言う節はある。もっと素直な楽しみ方しろよなー」
 でもさ、ゴッドマーズって64にも出てなかった?何で、よく知らないって話になるかな。
「64は何故かさっぱり記憶が無い。再プレイしてみようかと思うのだよ、だから。公略本つうかガイドブックがどこにあるかすら謎だけど」
 買ってないとか。
「いや、買った覚えはある。買った時には不要になってたってパターンだけど」
 じゃあ、見なくたっていーじゃん。
「コスモクラッシャーが戦闘機の分際でぞろぞろ乗り込んでて、改造すると充分に戦闘に耐える性能だったってのは覚えてる。武器が1つしか無かった気はするけど」
 64プレイするなら、その前にジャイアントロボなんかどーでしょーか。
「無い、そんなもん。ビッグオーは興味あるから買おうかなとは思った」
 それは64にはいないな。
「設定全然知らないけどさ、何でネゴシエーターがロボット乗るのよって。力ずく?」
 見ればわかる。見れば。でもさ…ゴッドマーズだよね、まずは?
「じゃあー、そろそろ誕生日祝いかな」

2005年11月 8日

「今まで黙ってたけど、実は…風邪」
 風邪!?
「風邪です」
 …にゃー、顔熱い、ホントだ、熱あるー。って何やってんだー。気付かないボクもどーかしてるけど。
「所詮、風邪だしな」
 それはアレか?せっかくの誕生日だしとか、そーいう。
「おいしいよなー。何てタイミングで風邪」
 何か嫌がらせとしか思えないタイミングだし。
「だから、1日黙ってたんじゃん」
 むぅ、こーいう時は寝る。
「親心つうか、誕生日に萌えポイントを作ってやる。素晴らしい誕生日プレゼントですな」
 萌えなくていーから。
「弱ってるとこに優しさを見せて、ああ、やっぱりいい子なんだっていう」
 祐里が弱ってよーがなんだろーが、普段から優しいです!
「自分で言うのはなかなか難しいよな。勇気がいる」
 にしても何やってるかな。これじゃさ「優しいってのは表面的?目の前に風邪な人いても気付かない優しさなんて」とかって感じです。無駄に落ち込みます。全然、プレゼントになってないです。
「所詮、風邪は風邪。久々に今週のジャンプ。ちなみにコンパクト3はそろそろ再開」
 最後までやる気はあったのか。
「原作見てキャリアントの大きさがよくわからなくなった。人間より極端に小さいって事は無いみたいだけど、人間より巨大なようには見えん。人間と同じ程度か、それより小さい」
 大きさ色々なのかも。この先もかなり飛んでるよー。原作と違うにしても、説明無さ過ぎ!何でそーなる!って展開で。原作知っても知らなくても意味わかんないから。言い過ぎじゃなくて、絶対祐里も見た途端にツッコミ入れるね。
「…何だそれは」
 あの程度の基本設定理解出来てないわけないから、わかっててやってるんだろーけど、そーなら、何でそーなるのかの説明が必要っていうか。
「んー。よくわからんけど、ジャンプな。ちなみに」
 ボク達結婚しました。
「してねーよ」
 20歳になったら、ってずーっと思ってたんです。
「いや、してねーよ」
 ユイちゃんが失敗したから代わりに。
「いつ、したんだよ?」
 昨日。
「有り得ないし。風邪の人間に無駄な体力使わせんな。意味の無いボケだ」
 そー、それが、べしゃり暮らし。アレ、どーにかして下さい。
「タカヤと同じ扱いでOKだろ、もう」
 無視?
「それしか」
 でも、実は結婚してます。照れてるんです、この人。
「…いーんだな、それで?」
 …良くない。
「なんか、今までと違って真実に読むもん無いんだけど…」
 成長したからかな。20歳だしね。
「アンタはそーだろーが」
 読んでないタイトルあげるね。割と一緒だろーし。

「好き嫌い激しいな。みえるひとは読めよー」
 えと、素直につまんないです、アレ。祐里が散々「つまらなすぎて楽しい」みたいに言ってたテコンドーとか切法師よりも。
「みえるひとダメだよなー。方向間違ってるよなー。ミスフルもだけど」
 読まなくなって長い。よく打ち切られないよね。
「その辺は謎。たいぞー読んでるんかよ」
 びみょーに。
「アイシールドは最近不快な展開でないのが救い。あの3人いる限りいつでも不快ゾーン突入するだろーけど。ネウロは…」
 一緒に化け物扱いとーぜんってのは言っちゃ駄目だと思います。多分、みんな思ってるから。ツッコミ待ちだから、あの台詞。
「アイシールドの代わりにデスノートが最近かなり不快。シドウでねばって、シドウがいなくなった時点で終わってるべきだったと心から」
 シドウ復活嘆願するしか。
「つうか、デスノートやめて、シドウを主人公に」
 BLEACHは諦めてネウロ的に見始めたからボク的にはオッケー。
「私ぁ、やだ。BLEACHも観音寺をメインにやった方が」
 すぐに飽きる、そんなの。
「ジャガーの柱のとこのクーリングオフはツッコミいれるべきなのかどーか」
 本気で書いてるのか、ギャグなのか…本気な気がする。
「確かにこのケースだとクーリングオフ制度は使えないだろーけど、騙してないからじゃなくて、店頭販売だからだよなー。つうか、騙してるだろ」
 誰でも簡単に斬る事が出来る辺りかな。騙される人いないけど。
「こんなもんかなー。のど痛いし」

2005年11月 9日

「まだ風邪。更新無し…はやめて、少しだけ雑記」
 C3復活がウソになった。
「出来んもんは仕方ない。ゴッドマーズも仕方ない。会社行くなってのが正しいけど…」
 実はアルカディア買ってないという事実はどーしますか。
「買って無くても大した問題じゃないよな。公約破る事に比べれば」
 …今更、そのネタってのが凄いな。いつの話だ、それ。…首相だよね?
「対戦格闘のバックストーリーだのキャラプロフがある場合はまずいんだけど、買い逃すと」
 テレビもそーなんだけど、雑誌もそろそろ在り方考えるべきだね。ゲーム系は特に。
「アルカディアを本気で必要としてる人なんざ、もはやほとんど居ない気がする。出てるから買ってるってだけで」
 メスト廃刊時は痛かったんだろーけどねー。アルカディアは廃刊になってももう痛くもない。ムックが出ないのが辛いだけで。
「ムックも偏りあるしなー。侍は何か…プレイモアから止められてんすか?」
 いらないから、どーでもいーです。
「いるいらないでなくて、何でムック作られないのか謎でさ」
 メルティブラッドも作られてないじゃん。何か同人誌みたいなのが普通に商業流通してたけど。
「同人誌じゃ無ぇよ」
 あの内容の濃さとか、それに反比例したびみょーな本の作り方とか。
「今なー、ワールドヒーローズの紹介とかSNK以外のネオジオ格闘と餓狼のキャラ紹介書いてるんよ。…でも、先に…」
 アルカディアは何故、侍ムックを作らないのか!
「やらん。私ぁ、アルカディア…エンターブレイン嫌い。NBCも嫌い。でも、不当に貶められてるNBCムックは擁護しようかと思う。今までロクに他の対戦格闘のムックを見た事が無い&SNKの歴史も知らないアホどもが何かほざいてるんで」
 NBCを擁護したいのか、ア…。
「NBCムックだつうの。あと、斬紅郎無双剣そのもの」
 雑記で何度もやってる。
「だから、それをまとめてらいぶらりぃに置く。斬紅郎無双剣が本気でバランス崩壊してるだとか思ってる奴いたら、ただのアホだし、それ」
 多分、あんましプレイしてないだけで、アホとかバカとかじゃないです。
「侍魂ファンの中で最も評価高い作品だろーに」
 一般的には真侍で、対戦格闘プレイヤーには天草降臨だね。
「初代は初代でまあ…素晴らしいじゃないですか、全てにファンがついてる。クソな零以降の3作品を除いて」
 零は好きなクセにそーいう事言うしなー。ポリゴン3つ無視してるし。
「剣客伝は問題外だから語るまでもない。つうわけで斬紅郎無双剣を説明しようかと思う。それよりはワールドヒーローズの説明の方が大事だけど」
 どれだけ、対戦格闘について真面目に取り組んでいたか説明するわけか。
「さすが、ユニさん」
 さすが、ユニさんです。…出来れば悠にしてください。
「アルカディアに本当に求められてんのはマイナータイトルの情報充実でないのかねぇ?」
 読者アンケートぐらいとってると思うけど?
「誰が答えてるんだって話。求めてる物が無いから買わない。買わないならアンケートに答えるわけもない」
 マイナータイトル以外だとオールドタイトルかな。情報入手困難だったりするし。メストムックの復刻とか。
「誰が権利持ってんだ?ああ、あと求めるのは常識かな。特定のメーカー貶めたり違法行為推奨したり、クソって言葉で片付かない雑誌だから」
 割と気付かないでやってるんだろねー。
「気付かないって有り得るか?編集長誰だよ?」
 なんか、猿とか何とか。猿渡だったかな?
「何かメストで聞いた名前だな」

2005年11月 9日その2

 眠くないので、その2。悠は寝てるらしいので1人で。
 えと、暇だったんで、SEEDの感想とか色々見てました。
 知りました。SEEDファンの痛さ。
 自覚はしてます。私のSEED叩きがたまらなく痛い事。でも、SEEDファンは一体……。
 本気なのかギャグなのか。アレの出来の悪さが「わからない」という点で脳に欠陥があるのかもなーという事は理解出来ます。そして、好きなものは好きなのだからしょうがないという事も。
 脳に欠陥がある&好きだからしょうがない。この2つの前提あったとして、何であんなに彼らは「面白い」んでしょうか。
 自分が好きなものを「擁護」するという行動。私も斬紅郎無双剣でやろうとしてますが、客観的に見ると「痛い」場合が多い。でも、自分で見てそれはなかなか判断出来ない。だから、笑ってはいけないという事はわかります。自分がそれされたらイヤだから。でも…。
 彼らは何か誤解してる気がします。否定派が何を否定しているのかを。というか「読んでない」「聞いてない」のかもしれません、否定派の意見。
 絵がどうだとか、キャラデザがどうだとか、ガンダムを名乗ってるだとか、そんな事は否定材料として大したものでないというか、かなりどうでもいい部分であるのですが、擁護する人間は「否定派」はこれを批判材料にしていて、これが「批判の大部分」と思っているようで。
 戦争がどうとか、言ってる人もいるんでしょうが私はそんな事よりもキャラの在り方…ライバルがライバルとして成り立ってない点だとか、強敵がいない点だとか、人として有り得ない行動をしてる奴等だとか、意味のわからない展開が多い&アニメ本編では説明されない大事な設定が多い点だとか、ガンダムが多い割に活かしきれてない点だとか「1つの作品」として、これどうなんよ?と。1点ではなく、あまりにも多くの点で問題を抱えてるからこそ。
 というかです「ガンダムを名乗って出来が悪い」って程度なら、それこそ痛い「富野ガンダムファン」とか一部の人が暴れるだけですよね?で…GやWはSEED程に叩かれたかどうか見ればすぐに。

 確かにです、否定派のとんでもない的違いな意見。「批判してる人多いし、SEED好きじゃないし一緒になんて批判しちゃえー」って感じの、ロクでもない意見も多々見受けられます。そもそも作品を見たのかどうかさえ怪しいものさえ。
 まあ、そんな奴等は無視です。
 でも、SEEDのテーマがどうとか、人間の感情だの愛だの友情だの言い出してる人は…「モノを考えてますか?」と疑いたくなるわけですよ。何故、批判されてるのか理解出来ない時点で「考えてない」「表面的なモノ」しか見てない愚者だなと。ええ、言い切っちゃいます、愚者ですよ。SEEDは面白い作品なのかもしれません、それは人それぞれでしょう。でも、「テーマ」?…キラとアスランの関係とか「上手く描かれてる」と思うのか、ホントに?「ガンダムは初めて」だとかでなくて、「小説も漫画もアニメもドラマ」も何かかも含めて「初めて」としか思えないんですが。
 戦う事に疑問を持つ、戦いを終わらせようとするキラ、ラクスは聖人かのような意見はどうすると出てくるのか。SEED屈指のアレな2人を尊敬出来るってどーいう…。つまり「表面」しか見てない。「主人公の台詞をそのまま受け取る」事しか出来てない。怪しい宗教に簡単に騙される人はどれだけでもいますし、キャッチセールスだのその他…「確実に儲かる」みたいな、アホな話に何故か引っかかる人が後はたちません。そんな人は日本人の中にごくわずかです。が、人口を考えるとかなりの数いるという事に。…それを考えるとSEEDの有り得無さに疑問を感じないファンが大量にいるのも当然ではあります。
 キラの苦悩だのアスランの苦悩だの、おいおいって感じで。
 正直、SEEDはファンよりもアンチファンの方がよっぽど誠実に…というか細かくしっかり見てるかと思います、あの作品を。
 えー、この雑記が単なるSEEDファン叩きでしかない事は自覚してます。そして、きっと…かなり痛い事言ってるなーって思われる事も。ただ、それでもあまりにも凄まじい上に似た感じの感想ばっかりだったんで、つい。多分、SEEDファンも「痛い」と分かっていて、それでも言いたくなって公開してる人はかなりいるんでしょうねー。
 ただ、歴代ガンダムと比較する事に意味は無いという多くのSEEDファンの意見には個人的には同意。でも「ガンダム」名乗ってる以上、比較されるのは当然だと思うんですが。ブランドである以上、出来が悪いとそのブランドを傷つける事になりますし。

2005年11月10日

「……で?」
 デ?
「身動きさえしないこの無口なお子様は一体何事かと」
 何かの冗談ですか?
「幽霊だとでも言い張るつもりか」
 自分の娘を幽霊扱いするか、この男は。
「ああ、娘ね。何だっけ、名前は」
 もーー、何言ってるかな。ユズだよ、ユズ。
「あー、何か怪力に育って欲しいとか、そーいう意図で名付けたんだっけ」
 悠ジュニアで、ユズだー。ギャグですか?何か、それはギャグですか。
「あー、悠ジュニアか。何かマジュニアみたいなヒドい名前だな」
 ユニもね。
「まあ、どうでもいいか。…あーーーー、悠ジュニアって事はアンタの娘か」
 そーだよ?
「そーですかー。じゃあ、デスノートノートでも」
 ……流すなら流す、突っ込むなら突っ込む。聞くだけ聞いて無視ですか。
「いや、どこまで設定増えるんだろーなーって…でも、どーでもよくなった」
 散々、他の話してから、ツッコミ入れられるのも「ツッコミまだ?」とか言うのもイヤなんで言っちゃうと、おねーさまからの預かりです。
「…テスって女の子だったんだ」
 ちなみに名前はユズです。何でそんな名前かは敢えて聞かなかった。だいじょーぶ、ちゃんと一人称ボクになるように仕込みました。
「するなよ!だから身動きしないのか?恐怖か?」
 そんな怖がられる事してないし。ボク以外の一人称使ったら……とか、そーいう事はしてないです。児童虐待してないです。何か冗談に聞こえちゃうから本気で言うけど、やってないです。何かねー、動かないけど気にしないでいいって言われてるから、気にしない事にした。最初色々試してみたけど反応無いから。
「…寝てんじゃないか」
 目を開けたままで、しかも身動きなしでか。さすが、おねーさまの子供。意味がわからない。で、これはまさか20代の看板娘なんかいらないんだよ!っていう神の声ですか?乗っ取られちゃうんですか?
「いやいやいやいや、30歳まではだいじょーぶでしょー」
 むしろ、その時は祐里の年齢の方が問題だ。
「ほっとけ」
 つまり、ヒロイン交代じゃないんですね!真侍のリムルルみたいなもんなんですね。
「それ以下だろ。アレはレギュラー化したし。つうかヒロインだったんだ、アンタ」
 正体がテスである以上、おねーさまより厄介なんで悪口とか言っちゃ駄目です。
「言ったのはアンタだ」
 驚きは意外と成長してない事です、猫なのに。とっくに大人になってるかと思ってた。
「いい点に気付いた。人間としては成長しすぎ。猫にしては成長してなさすぎ」
 そーなんです。これは……趣味!?
「誰の?で、無視してていいのか、ホントに?」
 多分。もーすぐ迎え来るんじゃない?

2005年11月10日その2

「意味無いその1雑記は無視するとして、今日はデスノートノート2巻を」
 ちなみに、その1は静かな子供の話。
「静かつうか…」
 デスノートノートってタイトルがまずやだ。あとね、この手の解析本にまともな出来なのは無い。
金田一少年の推理ミスだったかな。つい最近、古本屋で買ったんだけど、いい出来だったぜ」
 古本屋はいーよね。失敗してもあんまし痛くないから。
「でなきゃ買わんな、100円だったから買ってみたら、いい本だった、うん。明らかにおかしな展開、無理のある推理とかどんどんと挙げていって…それで原作をバカにするんでなくて、原作設定に従って「金田一は犯人は突き止めたけど、推理が全部当たってるわけでない」って前提でトリックだとかを考察し直すという」
 はい!ネウロでやって下さい!!
「無理だな」
 デスノートノート…¥840?高くない?
「おう、¥100の価値もないクソな本だった。これで2巻目ってのがインチキ」
 世間での評価調べてみよっか。何か検索難しそうなタイトルだけど。
「面倒だし却下。まず、前巻の予想がどうとか言ってる点。で、予想した内容。そもそもが予想なんてのは誰でも出来る事でカンも頭の良さも関係ない」
 頭の良さはあるなー。大場つぐみ先生の考え方についていければいーんでしょ?彼が彼女か知んないけど、大場さんが頭いいか悪いか関係なくて、今までの展開から先の展開を予想するのは不可能ってわけじゃない。
「その場の思いつきで過去の設定を無視するゆでたまご方式。それを本気でやる人。根本的に予想なんてものは当たらない」
 いや、当たるでしょ、ほとんど。それだけはするな「そんな予想はしたくない」って方向に突き進むっていうだけで。
「たとえば、第1部終了前に、第1部完とかいって、時が一気に進んでキラが支配してる世界でLの後継者とライトとの戦いに突入するだろって予想を…あの前の職場で……徹夜残業終わって始発待ってる時にしてたんよ。さて、この予想…見事なものなのか、誰でも出来たものなのか、だ」
 どーだろーねー。Lが死んだ後ならその予想をする人は結構いただろーし。
「うい。そーいう事。予想なんてのは面白くないんよ、推理でないと。で、この本が前巻でした予想ってのは「ニアとメロが対立する」「どっちかがキラになる」」
 何だそれは。
「何だそれはだろ?予想も何も…ニアとメロを第1部で見た時点で「2人がかりでライトと戦うのか」とか思った奴、多分ほとんどいねぇって。何か座談会みたいなの読んでても「頭悪いファンがロクに本編読まないで…解析もしないで適当言ってる」だけっていう」
 解析本ってそーいうもんじゃない?
「そーいうもんなんですが、それが常識な世界がもうどうにかしてると思う。Lに監禁される事を見越してデスノートを埋めただとか、解説からして間違ってるし」
 説明わかりやすくするためでしょ、きっと。
「わかりやすくする為に過去の話の設定を変えるのか」
 デスノート本作がやってる事だから、過去の設定変えるなんてのは。
「メロとニアは手を組まない。ニアは犯罪者の手なんか借りない、それはLならやらないから。なら、Lの後継者のニアもやるわけがない。…アホか、貴様ら。L自体が犯罪者だってのは、本人も自覚していたであろう事、そして…ウェディとアイバーの存在をどう思ってるんだ」
 メロは悪人。ウェディとアイバーは悪人じゃないみたいな、そんな感じで。
「本当にメロが心底悪人だと思うんか?」
 悪だよね、明らかに?
「それで何でライトが正義だとか言い出すかな」
 そんなの読んでないもん、そんな発言あった事は知らない。
「もっと原作読んでから出直せ。まあ、解析本でなくて紹介本。登場人物の紹介と、各話のあらすじと…あまりにも退屈なんで読み飛ばしたけど、そのこの本の『本編』に当たる部分」
 800円出してほとんど読み飛ばし。
「デスノートを心から愛する言うなら、デスノートの設定の無理ある部分を補完しろや。無理ある部分を見逃すのはファンのする事で無ぇ」
 っていうか無理ある部分に気付いてるのかな、その本の著者は?
「著者集団な。あまりにもヒドいんで、「?」とか思ってるとは思うよ。それにツッコミ入れないだけで。ただね、キラパパがライトを「キラじゃなかった」って死んだのは「何でなのか理解出来なかった読者が多かったのじゃないか」とかとんでもない事言い出して、解説始めてるんすよ。いや、理解出来なかったのは「あなた達ぐらいなものでしょう」って感じで。途中から読んだらそりゃわからんだろーが、対象は「デスノート読者」。わかるっつうの。どこに不解な部分があると」
 デスノートの所有権の設定と寿命の設定が不可解です。
「何でこういう本書く奴らは原作を繰り返して読むって事しないんだろうかなぁ」
 執筆に時間費やしたい。
「前巻では大場つぐみ=乙一って予想したら、ネットで「ネットの意見を写しただけ」って書かれちゃって憤慨したと、2巻で。で、何でそういう説に至ったかを説明してるんよ」
 乙一って誰なのかわかんないです。
「確か、ジョジョの小説」
 …あの、ロクでもないパンナコッタの…。
「アレじゃない。第4部の」
 知らないなー。まあ、ジャンプ関係ではあるのか。
「で、この予想自体はどうでもいいんすよ。登場キャラの名前が似てるとか、意味わからない事言ってるだけだし」
 意味わからなくはないでしょー。
「五月、弥生…それぞれ「月」と「弥」が被ってる。冬月和弥…それぞれ「月」と「弥」が被ってる。いやもう「いい加減にしてください」って言いたくなる説で。別に大場つぐみ=乙一説が無茶苦茶だって言ってるんでなくて、凄まじい「こじつけ」だなって事。森野夜…「夜」、神山樹…「神」…いい加減にしろってなるから、ホント」
 他の作家でも出来るかもねー。
「海と深は普通「み」とは読まない、非常に稀とか、そんな事まで言い出してるし」
 おねーさま否定されたー。氷が深いって書いて「ひみ」だったよね、勇者バージョンは。
「うい。まあ、深いはともかく、海は「み」って読む事多いっつうの、特に人の名前だと」
 七海とか…他には?
「他にはって言われてもなー。あー、七海つうと、水口ナオミと南空ナオミでナオミが被ってる言ってるんだけど、これさ…検索したら「水口ナナミ」なんよ」
 やっぱし、ネットにいっぱいある説を適当にまとめただけですか?
「さあ?まあ、私に言えるのはデスノートファンは買わない方がいい本だって事ぐらいか」
 デスノート自体、もう人気かなり落ちてそーだし、こーいう本は原作人気を復活させる手助けになる可能性はある。
「あるかー?ミサのノートはライトが取り上げた、これは今後の伏線だよね!…何をもって伏線言うかな」
 伏線って言えば伏線なのかな。伏線の意味次第。ミサに捜査及んだ時の予防と、所有権捨てさせた時に自分が所有権得る為。それは伏線って言えば伏線なのかもしれない。
「普通、伏線とは言わない。伊出さんは「井出」とか書かれてるし、Lに協力しなかった理由が「命の危険感じたから」とか書かれてるし」
 命張ってるのに、伊出さん。一番好感度高いんじゃない、かなりの読者にとって。一方的に警察を利用してるだけっぽいLなんか信用出来ないっていうのは読者も当時、そーいう思いだっただろーし。
「ヒドすぎっすよー。ファンなら各キャラの行動と一字一句間違わずとは言わんが、何を言ったかは記憶しておいて、そして本の執筆する場合はコミックを何度も洗う。それぐらいしろよ」
 レギュラーキャラの名前間違えちゃダメだよね。コンパクト3じゃないんだから。
「ほとんど読んでないのにツッコミどころ多すぎるんで、これで最後。「海」をミと普通読まない説を認めるとして、デスノートはヘンな名前のキャラがいっぱいいるっていう事実は無視しちゃいかんよなって事。普通、月はライトとは読まん。で、乙一氏の作品にはヘンな名前のキャラが大量に出てきてるんですか?」
 粧裕ちゃんとか鷹橋さんとか、渋井丸さんとか音原田さんとか。これに匹敵するみょーな名前があるならOKだね。
「どーでもいーけど、魅上とテイラーは顔が似てる」

2005年11月11日

「今日はコンパクト3プレイ日記の実情なんかを」
 やらなきゃ良かったとか思ってるだろ。
「アレさ、長いシナリオだと6時間位かかるんよね、1話に」
 転記が一番時間かかってる?
「どこに時間費やしてるかはよくわかんないけど…多分」

「て、感じ」
 プレイが2って事は2周してる事自体はあんまし時間に関係ないんだ?
「どーだろなー。それでも1話クリアするのに、1時間ぐらいかかってたりする事あるし」
 …2周目っていうか2隊目はこだわりとか捨ててプレイすればいーじゃん。胡蝶鬼と鉄甲鬼がもしかしたら台詞あるかもしれないとかそれだけでしょ、2隊目プレイしてるのって?
「そっすね。1隊目も2隊目ももう仲間同じだから。後は台詞の転記ミスチェック。2隊目でもメッセージを読み比べしてるから、やっぱり時間かかる」
 にしても、6時間は異常だよね。
「敵命中率30%。喰らう喰らう喰らう喰らう…やってられるかーって感じで」
 にゃー♪コンパクト3ってホント昔のSRWだよね。命中率とか回避率が当てになんなくて。プレイヤー側が命中率70%切ったら、まず当たらないと思えみたいな。
「そーかー?」
 そーだよー。
「いつになったら終わるんだよ、コンパクト3。数日に1話ってペースだし」
 楽しめてOK。元とれていいことだ、うん!
「Jやりかけだし、64始めたいし。っつうかDなんか手も付けてないし」
 Dはネゴシエイター見てからじゃないのか。
「ビッグオーかー」
 あと、六神合体。
「厳しいねぇ。つうかエスカ見るか」
 六神合体また流れた。多分、エスカも流れるんだろーなー。

2005年11月13日

「今日も雑記サボろーかと思ったけど」
 ボクが暇だから却下ね。
「却下されるまでもなく。X−BOX360がアメリカでは大人気だそーで、所詮アメリカは…とか」
 日本市場諦めればいーのに。日本にアニメとかゲームで勝とうってのが無理なんだよ。
「なんなんだ、この国」
 だってさ、スクウェアエニックスとかも日本市場諦めちゃってるし。
「謎だな、その現象は」
 今更、ゲームなんて…なんだよね、きっと。
「ひっさびさにゲーセン行ったけど、SNKは廃れてるとか言われるのわかった気がした。確かにギルティ・ギアは普通に客がついてるし対戦もされてる。でも…」
 KOF悲惨だった?
「NBC誰もプレイせず。侍…ほとんどプレイされず。KOF…1人プレイ専用ですか?」
 対戦台?
「対戦台。対戦が盛り上がる時間帯ってのがあるってのわかってる。ただ、GGとかメルティブラッドに客がついてるのを見るとな」
 オールドユーザー切り捨てた結果がこれか。何か哀れだね、プレイモアは。
「今回のKOFは客呼べそうに見えたんだけどなー。もう、イメージ悪すぎんのかな」
 手遅れか。でも、完全な新作で客呼べるとも思えないし。
「そこで期待するのが、PS2移植なんすよ、昔の作品の」
 94の感想見ると…旧ファンが「懐かしい」言って終わる気がするんだけど…。買わないじゃん、結局、今のファン。
「94は高すぎた」
 それもあるけど、どーだろねー?ヴァンパイア見てもわかると思うぞ。旧ファンしか買わないってのは。JAMって土台あったのに、それでも新規ファン獲得ほとんど出来てないってのが実情で。
「意味わかんねーな、プレイモアのゲームは。受け入れてるのは新ファン。でも、実際に家庭用ソフト買うのは旧ファンか?」
 旧ファンはあんましゲーセンでプレイしないからかも。対戦やり込む気はないけど、馴染みあるからついつい家庭用は買っちゃうみたいな。
「色々とテキストは用意してんだけどね。打鍵すんのが面倒。ロックはギースの息子なのか?とか斬紅郎無双剣擁護とか、2003とXIのアテナの服装はセンス悪すぎとか、風雲黙示録紹介とか、色々あるんよ」
 ネスツ編考察の転記はどーなったってのが最初に。
「読めない字を解読するのがイヤになった。いや、やる…いつか。でも、今はロックについて。MOWを餓狼の続編と認めた上での論になるけど」
 じゃないと、ギースの息子も何も「あれ、餓狼と話つながってないから」の一言で終わっちゃうし。
「それはそれでやってみたいけどなー。散々真面目な考察を何個も出しておいて、今回もまたアレな事言ってんのか?とクリックしたら「アレ、餓狼と話つながってないから」の一行だけ。文字色変えて隠してあるわけでもない。色々見てみたけど、やっぱり1行しかない。何だ、これは?っつう」
 ……実際にやるしなー、祐里は。そーいう事何度かしてきてるんだもんなー。っていうかさ、真面目な考察がアレな内容じゃダメだと思うけど?
「最近、仕事無くて暇なんで、考え事してたんよね。前に雑記でやったロックってギースの血引いてないよなっつうのを。で、考えれば考えるほど、やっぱりギースの息子じゃないなって」
 神々の指紋とか、そーいうのと同じ。怪しげな論ってのは自分に有利な材料だけ提示して、不利な材料を黙殺する。結果として残るのは「つまり、この考えは正しい」って結論。
「でも、色々と納得いくんだけど、血を引いてないとすると」
 ハワードコネクションが動いてない事とか、龍虎2当時使ってた必殺技使えない事とか?
「うい!…よく」
 ……ボクも考えてたからね、それ。
「………アンタ」
 だって、だってさ…何かふと考え出したら。血を引いてるからって同じ技使える?って思って、よく考えてみたら、ロックもテリーも見た事が無い「飛翔日輪斬」と「エクスプロージョンボール」は使ってない。邪影拳でさえ使ってのに。名前違うけど。
「おう。つまりは血を引いてるからじゃなくて、テリーが教えたか、ロックが見よう見まねで覚えたか。SNK公式回答なんざ当てにならん。公式設定無視するから、SNKのQ&Aは」
 どんな公式QAだ。で、それで何で「名前」な話なのか、実際に展開してるのが。
「簡単だったからかな?」
 金糸雀か、君は!何ですか、その喋りは。
「単なる疑問系だろーが」
 やっぱり、翠なんだよ、翠。翠星石の可愛さは反則です。
「アニメだと微妙」
 微妙言うな。
「世間一般では評価低そうなアニメ版蒼!でもな、アニメ版蒼星石は普通に可愛いと思うんだわ。唯一まともな子だし」
 何か一番人気無さそーだよね、蒼。
「だからこそ」

2005年11月14日

「今日も具合悪いままで、とてもじゃないけど、ネオジオなんか触れてられる状態じゃなかったんで、寝ながらでも出来るコンパクト3だった」
 寝ながらって言ってもさ、…PCと画面っていうか文字見比べながらっていうのがさ。
「気をつけて転記してるつもりなのに毎回2つぐらいは出てくるんだよなぁ」
 まだまだ続くよー。まだ20話も到達してないんだから。
「で、そんななんで、今びみょーな話題になってるのが、らいぶらりぃのとこのネオジオキャラ名」
 ネーミングルールよくわかんないからね、他の国の事なんて。
「個人的に一番凄まじいと思うのはジンボロフ カルノフスキーだけどな。いくら何でも無茶苦茶すぎだッっつう」
 メイ・リーは面白いよね。何か中国のサイトでも微妙な扱いで。「美鈴」とか書いてみたり。
「メイリンかよッ」
 メイ・リーが名前だって勘違いから脱却しないと解決しません。
「朝鮮のキャラの漢字表記はやっぱり中国のサイト見てもあんまし役に立たないってのが実情」
 メイリンだし。最初見た時ウケた、美鈴は。キムは金家藩じゃなくて金甲煥だ、ボケ!みたいなのとか。
「あー、金家藩は結構見かける。中国だとそー表記されてんすかね。で、どっかで本来の表記知って、違うわーー!ってツッコミを」
 どこの国でもファン同士の下らない知識のぶつけあいはあるって事です。美鈴が一番いいネタだったけど。
「じゃあ、今日のネタは何にするか…。ガッシュは原作から随分とアレンジされたな」
 あーーー、でも名前は変わってなかったし。ちなみに看板娘だからあの人の名前を口に出したりしません。
「汚れてるクセに」
 汚れてないよっ!
「V様が若本さん、ベルギム閣下が千葉さん、キースが賢雄さん、で…」
 高木さんだね。わかってるっていうか…。
「千葉さんは語るまでもないとして、賢雄さんはホント上手い、ああいうキャラが…サンライズ英雄譚3でも」
 そのシリーズ1回も手ぇ出してないじゃん。話題にした事はあったけどさ。
「3って発表されてる登場作品が凄まじく少なくてさ。それで新旧全年齢をカバーするとかほざいてるから」
 一番新しくて、ガオガイガーだよね、確か?全然、カバーしてない。
「つうか微妙なんだよなー、劇場公開されてるから、Zってのはわからないでもない。でも、TV版と敢えて表記」
 声優さんが違うとか言わせない為かな?
「劇場公開に合わせるなら、劇場版のキャストで行くべきだと思うがなぁ。SRWはTV版でやって欲しいけど」
 英雄譚3は売れるのか。っていうか何で今更、続編が出るのか。
「ザブングルとか、トライダーとかダイオージャとか、需要あんのかよって感じで」
 トライダーとダイオージャはDVD発売に合わせてかな。
「少し遅い気がする。ロボット作品ばっかりってのがまず問題で、その中から選ばれた作品がまた微妙。ドラグナーもDVD化に合わせてってとこか」
 SRWに被らない方がむしろ売れる気がするけど、実際はやっぱりメジャーな作品の方が売れるですか?
「そりゃそーだ。知ってる作品がいないのに買う奴はあんましいない。ファンが多い作品の方が売れる、数学として当たり前だと思う」
 んーー、でも、トルーパーとかワタルとかでユーザ稼いでた気するんだよなー。
「つうか、それはどっちも大量にファン抱えてる作品だから……特に30代女性辺り」

2005年11月15日

「久々のTRICK。今回は自力気絶無し!成長したな、上田」
 実は2人とも、今までの中で一番危険だった。軽いノリだったけど。
「ってわけで今週のジャンプ。注目は相変わらず手抜きな、FFIV」
 単体でこの値段は高いね。スクウェアは相変わらず…スクウェアエニックスだけど。
「でも、買うかもしれん。カインだのエッジだのいらんのじゃ。ギルバートとポロムで」
 可能性として…ゴルベーザを仲間に。
「クリア後に?」
 クリア後に!
「フースーヤとテラがどうなるかっすね、後は」
 テラはさすがに無理だと思います!
「あーーー、でもギルバートだなー」
 何装備すんだろ。特に武器。
「バードに武器はいらない」
 コンピュータRPGで無茶言うなー。
「いや、ギルバートはカエルの歌さえあればいいから」
 それは愛が無さ過ぎです。
「ドラクエもFFもIVまでだなー。VIがどっちも微妙なとこにいるけど」
 大学生の頃から携帯が変わってないらしい、清楚高田。
「…いきなりデスノートかい!」
 キラを支持する人は表だって動かない。動くのはバカのする事です。

2005年11月19日

「ここ数日、落ちてました」
 電源が。
「何の?」
 祐里の。
「ふむ…。いつも2:00過ぎに寝てたのに、ここ数日、21:00頃には寝てる」
 充電。
「原因はよくわかんないけど、非常に調子が悪い。病院行っても何だかよくわからない。高熱ってわけでもない」
 高熱じゃないけど、平熱でもない。壊れたかな?
「病気ってわけじゃあ無さそうだけど、ノドが痛くて平熱でもないのは事実。ぼーっとしつつ…今日は調子が良かったんで」
 寝てました。
「まず、話題その1。THE GREAT GRAPPLE FIGHTER'S HISTORY DYNAMITE
 今更、評価されてるFHD…ね。
「発売時期が悪かったね。当時はSNK全盛だったから」
 だからこそ、便乗しようとしてネオジオで出したんじゃない?
「結果…ネオジオだったらSNK作品の方がいいしって事で、ほんとど触れられなかったFHD。私も同じだしな、らいぶらりぃのアレの作業用にプレイして、かなり面白いって事に気付かされたから」
 触れて貰えなかった名作…か。イメージ悪いんだよね、カプコンのせいで。
「んで、今回の雑記のネタのDVDは。去年の大会の全試合を収録してて、サントラがついてて、たったの¥4000!」
 FHD知らない人にこそ見て貰いたい!でも、知らない人が見るわけがない!どれだけ需要があるんだ、このDVD!
「大会自体は正直……大したレベルじゃないんですがね」
 大会参加者より遙かにレベル低い人が言うか、それを。
「それは関係無いでしょ。ただ、ロンダートとかループハリケーンを普通に実戦で使ってるのが凄いって思った。で、逆に言うと、そーいう技に対応出来てないのが…」
 敢えて…かな?本気で反撃するとかどーかなっていう。
「どーだろ?ガードすれば反撃出来るって場面でも反撃無かったり」
 確定反撃でちょっとのダメージより、みたいな感じ。
「反撃しないで相手のラッシュそのまま受けるのが正解とは思えない。ただね、攻撃の組み立てとかは」
 要は刹那の見切りとか、反撃とかは大した事無くて、ラッシュ合戦。
「そんな感じ。フェイリンが1人もいなかったのが泣ける。地球氏のクラウンは感動的な強さだったけど」
 相手が冷静だと、クラウンじゃ勝てない…よね、多分。
「さあ?飛鈴の次に弱いのがクラウンで無いかい?」
 それは勝てないって事です、つまり。
「とりあえず、カルノフとザジィの強さは思い知った」
 祐里が使えないって書いちゃったバルカンフックとか…。
「アレは遙か昔に間違いに気付いてたがね。面倒で直してなかった。4ボタン同時押し。バルーンの方は間違ってるとは思わない。扱いが困難なのは事実」
 結局、最強はカルノフ?ラスボスしてるだけはあるって感じで。
「使い手次第だろ。優勝したカルノフが異常に強かったっていうだけって気もするし」
 攻めてる間は強いけど、ってとこかな。
「無敵技で切り返せる李とザジィの方が一般的には強いんじゃないかなって。ただ、李は……誰が使っても大差無いっっていうか、面白いキャラじゃないよなっつう。連続技ミスってる李も結構いたよーな。李とレイは素人でも強い。ザジィとカルノフはある程度プレイした人間でないと…下手すると弱い」
 いや、弱くはないだろー。普通に強いぞ、あの2人。使いこなせなくても。
「そのレベルの強いなら、他のキャラも同じな気がする。全体的に強いキャラばっかりだから。クラウンと飛鈴を例外として」
 マットロックは?
「んー?まあ、お買い得だから買えって事だ!!¥4000で約4時間という安さ。しかもパーフェクトなサントラ付き。闘劇のDVD買うぐらいならFHDだ」
 …2時間も過ぎた辺りで飽きてきたぞ、ボクは。
「甘い!」
 いや、甘いとか辛いとかじゃなくてさ、同じキャラばっかりだったし。
「英美1回しか見なかったしな」
 英美ってクラウン以下だったりする?
「オーラスマッシュの隙の無さは卑怯すぎだと思うがね。問題は超低空で出せるかどーかで。しゃがんでる相手に当たる打点で出せないなら意味が無い」
 こーいうゲームを闘劇で扱わないから、盛り上がらないんだ、あの大会は。新作じゃレベル低い戦いにしかなんないのに。
「世間一般では充分に盛り上がってるってレベルだがな」
 まだまだ足りない。ネタで初代餓狼とかストリートファイターでも用意するです。
「餓狼は同キャラ出来ません。アンディ取ったもん勝ちになります」
 3本勝負!3キャラ全部使う。使う順番自由。もし、キャラが被ったらじゃんけん。
「面白くないよなー、本気でネタだし、そんなの。餓狼2ならともかく」
 盛り上がるのはやっぱり旧タイトル。
「こーいう昔のタイトルの大規模な大会とそのビデオの販売。これがもう少し行われて欲しい。つうわけで次はやーっとプレイしたKOFXI」
 ん?
「サイコソルジャーチーム使ったんですがね。ラスボスらしき、マガキなるキャラに負けて終わった…オロチもどきな辺り、NBCと被ってて痛いっていうか、NBCチームと相談しなかったのかよっつうか。CPU戦の難易度は凄まじく低い…」
 いいんじゃない、それで?CPU戦なんて対戦待ち&連続技とかの練習用なんだから。
「全くコマンドわかんないで適当にやっても、やっぱり面白くなかったんで、桃子。ほとんど、ケンスウだけで勝ち進んでたから」
 昔の感覚で使えるキャラはその意味で重要だねー。全入れ替えとかはダメか、やっぱり。
「何か超投げの投げ間合いが凄まじかった。ただ、結局コマンドわからない事には話にならんから、しょーがないんで、結局アルカディア買って…」
 公式サイトに技表無いのが問題あるかな。
「そして気付いた事。あのKOF完全読本?ドラマCDがついてるって事」
 普通気付くとか気付かないってレベルの話じゃないと思うです。
「また、AASNK対戦格闘と同レベルの手抜き本だよーって。それで終わったから」
 今更だけどさ…ちづるさんいないんだね。
「前作で死んだから」
 死んでない。
「いや、死んだんすよ」
 死んでない。
「全チームの公式ストーリー読んだんすけど、今回のケンスウの公式キャラ名は「天才サイコソルジャー椎拳崇」ですか?長くてイヤなんですけど」
 そんなわけないからだいじょーぶです。
「タクマ襲ったのは牙刀の親父…まあ、誰もがそうじゃないかなと思っていた事が、どうやら真実っぽいという事になって…」
 ますます、MOWと統合されていってます。誰もMOWの続編は期待してない、既に。
「誰もって事ぁ無い。まず、思った事…メイ・リーは存在そのものを抹消されてる気がする」
 それは無いでしょー、いくら何でも。
「餓狼チームの公式ストーリー読む限り…どう考えてもメイ・リーは最初からいなかった事にされてる」
 無いでしょーーー。
「テリーだったら、ボブでもベアでもどんだけでも友達いるだろうに」
 ボブもベアもあの世界にはいない!
「背景にいただろッ」
 ボブは桃子に抹殺されました。
「勝手に桃子を暗黒キャラにしないで下さい」
 ベアはグリフォンに消された。
「消されてねぇ」
 舞はまりん。
「それは正解。ムエタイの大会があるからKOF不参加つうのはジョー的に有り得んが、ホアが必死に説得したんだろって事で納得しとく」
 包OKで、桃子NGのケンスウは女性差別してます!
「エンディング知らない身としては、麟はどこ行ったんよ?っていうのと」
 潜ってる。
「以上!よーやくガイキング見たけど、つまらなかったです!以上」
 ガイキングはアレは無いよねー。三条陸センセーでもあんなつまんないのかくんだって感じで。
「アルカディアにするかな。…拳獣ってどーなったん?」
 何それ?
「あー、もーそういう扱いか」
 って何?いや、何、ホントに?そーいう扱いも何も知らないから、それ。
「いや、忘れてるだけだ」
 ……いや、多分知らない。
「ロリ双子に期待してたのにー」
 …もしかしたら知ってるかもしれません。何か色んなゲームのシステムかき集めただけの志が低すぎる…。
「そうっす」
 そーいえばさ、カプコンVSサミーみたいなのも無かったっけ?
「ギャグだったんじゃないか」
 本気だったんだと思うんだけどなー。
「気付いたんだろ。VSモノは受けないって。そもそもサミーにキャラいねーし」
 いないけどさ…。
「神竜戦記も期待してたんよ。まったく…」
 そんな古いタイトル持ち出したって意味わかんないです、ほとんどの人が。ちなみに拳獣知らないのに、こっち知ってんのかよってのは無しです。獣はそもそもがタイトル知らなかったから。
「ビスコも今何やってんのかよくわかんないし」
 倒産したんじゃなかったっけ?
「倒産しても無くなったわけでもない。これ見る限りはまだ何か活動してるはず」
 んー?おぉ、TVゲームソフトの開発が主業務だ。外部機関のリストにあるなら信用出来る。で…?
「サイト持ってんのに、リンク張られてないし、どうなってるやら。実際公式サイト見ても最後に更新したのいつだよって状態だし」
 がんばれー。

2005年11月20日

「んでは、本日の収穫」
 本日じゃなくて昨日かな。
「みなみけの2巻とかキン肉マンタッグ編の1巻とか」
 キン肉マンはまだ続いてたのか。1巻とか言ってるし。
「あとは、城とからぶげとか」
 んー、城ってのはハウルだよね?
「おう。まあ、一応買わないとって感じで」
 らぶげ?
「あかほりさんだし、ボク娘がいる確率が凄まじく高いから、これも一応買ってみた」
 凄い理由で買ってる。
「つうか、こんなもんより、私立大江戸学園をどうにかしろっつうの」
 開発中止。
「開発も何も無ぇ」
 やる気が無い。発表の場が無いっていうか、やる気無いんだと思います。
「あの人はさ…まともに作品完結させる気あんのか?どんだけ未完抱えてんだ?」
 セイバーJは完結したよね。
「で?」
 RANTOも確か完結してる。
「黒岩よしひろ先生だったかな?彼も未完作品ばっかりだったけど」
 今更、完結編とか書かれても覚えてないし、買う人もいなさそーだし。
「…うぬぅ、公式サイト見ると割と完結してるな。アーバックスか、確かに完結してた」
 はい!RANTOの小説版が普通に存在抹消されてます!
「無かった事にされてんのか?…あ、詳細の方には存在してる」
 メイズも完結してるね。
「あー、そーいや完結してたね」
 どっから、未完作家ってイメージが出てきたのか。
「シュラトと爆れつハンター。で、源平伝NEOで追い打ち」
 シュラトって角川?
「今、売ってないからだと思います」
 言い切ってないのに答えがきた。でも、それ言うと、ほとんど売ってないと思います
「おう、サクラ大戦ぐらいしか見かけんぞ」
 ちなみに、修羅王は天空界にいるとかっていうC3コンテンツのって。
「誰がどう見てもシュラトネタだろ」
 ブライトさんがインドラだしね。
「アポロンだしな」
 悪役ばっかりか、艦長。
「実はシーラ出てきたとこで「歌え、歌えレスフィーナ」とかってネタもやろうとしてやめた」
 ダンバインって実はアリオンとレスフィーナが普通に主人公とヒロインだったのか。あー、C3、この後「…殺す」とかガイみたいな子出てくるから。
「ふむ、子安さんの出番ですな。でもさ、シュラトって誤解受けてるっていうか。ヤシガニレベルじゃ無ぇっての」
 それはヤシガニが誤解を受けてるんです。
「ヤシガニはアニメじゃない。シュラトはアニメだ」
 見た事の無いボクにはよくわかりません。
「ビースト三獣士も完結か。小説版はテンシコ出てくるやつだよな、持ってないなー、ビースト三獣士は」
 ヴィルガストも無いよね?
「あかほりさんの作品は好きです。でもね、ヴィルガストが好きだった人間にアレは耐えられなかった。原作付き作品はやっちゃいけない人だと思った、うん」
 そもそも、どこに接点あったのかな?最初からシナリオ担当とかで参加してた?
「知らん。ビースト三獣士はDVD見かけて思わず買いそうになった。で、LD持ってるの思い出して…」
 そんなのあったのか。見たこと無い。
「あんまし面白くなくて封印した気もする」
 なら、DVD買おうとするな。
「V・ダーン外伝のコミックもあったはずだけど、既にどこにあるかわからん。あの伊東岳彦センセーの」
 リューナイトは?
「それは捨てた気がする。つうか、今はリューナイトは関係無ぇ」
 とりあえず城かなー。
「あんまし見る気起きないけどな。らぶげの公式サイトでも見てみるか、いつやってたんだよ、これ」
 深夜かな?
「……OK。気付かなくて当然。何故にアニメに力入れてるちばテレビがこれをやらん」
 力入れてるわけじゃなくて、お手軽に…。
「あしながおじさんが何気に面白いんすよ」
 中学生くらいの女の子を援助して、結婚しちゃう危ないおじさんの話。
「トム・ソーヤーの方は普通に…ぼくなつ感覚で、あしながおじさんは恋愛SLG?」
 シチュエーションが異常すぎるってば。どんなゲームだ。中学生を援助って。
「で、時々、様子を探りにいく。なんかジュディ大人気ですね」
 何でだー。彼女そんなに魅力的かな?差別意識の塊だよ?
「んーー、もうすぐ人権週間なんよ。で、何か歴代の標語一覧みたいなのがあって、「過去の入選作品と被ってるのは却下、過去10年の作品とのチェックをします」みたいな応募要項あったんよ」
 標語の?
「で、過去の一覧見たら、吐き気したわ。クソどもがって感じで。偽善の嵐。お前等絶対にそんな事思ってないだろっていうか。心から思って書いてる、言ってるなーって思えるのは佳作とか下の方にあって、クソなのが上にいるんよ、あー、賞とりにいったなっつうのが」
 それは…ね、お約束。
「しかも、過去のと被りまくり、ほんの少しだけ変えた、ちょっと文字を入れ替えた。…過去の大賞作品と全く同じ!漢字をひらがなに変えた。オリジナリティのあるものだの何だの応募要項にあったけど、オリジナリティ無いものばっかりが上にいるんよね。全然チェックしてねぇよっつう。人の悪意見るには最高の資料だった」
 悪意は無いです、きっと。善意無かったとしても。
「見ればわかる。人間の汚さが一目瞭然。そもそも人権の事を言ってるんであって、全然違うだろっての多かったし。そもそもがだ、差別だの人種だの言うなら、東京都知事を始末しろよ」
 いや、過激発言はどうなのかな、と。
「アレを支持して都知事に据えてるような輩が何を言うかって事で。時代が見えてない太古人類だろーが、あの都知事は。意味のない人種差別だとか、有害極まりない」
 小泉さんよりヒドい言われよーだ。前から時々攻撃はしてたけど。
「表向きの美しさに騙されてるから、吐き気さえする「人権の為の標語」じゃなくて「標語の為の標語」…「綺麗事」しか選べない。日本人に何言ったって無駄だろ。2ちゃんねるなんてゴミメディアを崇拝する輩に何言ったって」
 んー、反勢力もいるぞ、アレは。…結局、同じ事してるような気はするけど。
「悪人に人権は無い。これが世界の常識」
 そんな世界はイヤです。
「標語作っててきとうに活動して何が変わるかね?本当に何かやりたいと思うなら、石原を都知事の座から引きずりおろして…どうせ謝罪しないんで公開処刑?」
 野蛮です、それは日本がますます疑われます。
「いや、命を奪うんじゃなくて」
 命どーこーじゃなくて公開○○ってのが野蛮なんです!
「つうわけでだ、人権週間には都知事に中国1周旅行をプレゼントしてみてはどうかと」
 いや、それは…日本の恥に。…ん、他意は無いよ。
「人権語るなら、まずは石原都知事を抹殺せよ。それが結論。二度と彼が表で発言出来ないように」
 発言出来よーが出来まいが、その人の差別意識が変わらないなら意味なくない?
「うい。その人にとっては意味が無い。ただ、都知事という立場の人間が差別意識がやけに強いサル大将じゃ、その下にいる立場の人間に悪影響及ぼす可能性あるだろ。都知事がああならみたいな」
 そこまで日本人はバカですか?
「バカとかそうではなく、免罪符的役割。私ぁ、都知事を差別してるかもしれない。サル呼ばわりしてるし。でも、これが…都知事のしてる事だろ?」
 免罪符的役割の意味はわかった。わかってるならやるな、祐里も。
「だから、抹殺するしか無いんよ。自分の考え変えないでしょ、彼?自分以外は全て下等生物とか考えてるとしか思えないし。あとね、バカだろ…一部日本人。都知事崇拝してるアホがいっぱいいるだろ?どれだけ教育に悪いかって事っす。差別意識を生むっていうだけで充分迷惑」

2005年11月20日その2

「ちょいとFHD」
 んにゃ?
「で、だ…メスト増刊で初代FHで3強って言われてたのが李と亮子とマーストリウス」
 投げキャラ強いよね。
「だがね、FHDの亮子は強いのかという話で。超山嵐は減る。減るけど決める機会がほとんど無い」
 弱点攻撃にもなんないね。縦四方使えばいーじゃん。
「……おぉぉぉ、そんな技忘れてた。まあ、つまりね前転がイマイチ役に立たない。投げキャラなのにメインの投げ技の威力が低い。無敵技も飛び道具も無い。リーチも無い。…フェイリンより弱くないか?と」
 今更言い出されてもなー。弱いとこだけあげると極端に弱く見えるけど、実際、背が低いとかスピードがあるとか。っていうかさ、前転って無敵無い?
「どーだろ?よくわからん、FHDはほとんど何も調べてないし」
 まあ、それはあのいい加減な必殺技解説見ればわかるけど。
「おう。フェイリンは攻撃力が低すぎて話にならんわけで、それを思えば亮子はまだ恵まれてる。ただ、基本的にフェイリンと同程度の攻撃力だよな、と」
 何でいきなり、亮子の話なのかがそもそも謎です。
「んー、クラウンは弱キャラだと思ってたんよ。でも、あのDVD見ると、使い手の実力があるにしても、飛び道具あるし、奇襲出来るし…悪くても亮子よりは強いんじゃないかなーって」
 そーだろーか。
「つまり、3弱はフェイリン、クラウン、リョーコと」
 何かどーでもいー上にFHDファンに笑われるだけだから、これ以上へんな事言わない方がいいと思います。
「あと、ジャンが強いなって思った、DVD見てて」
 使い手の実力かな?
「バッゴーン、バッゴーンって近づけずに死んでったキャラ見てると何か異様に強いキャラに見えたっす」
 それだったらレイの方が上だしねー。バッゴーン言ってないし。

2005年11月21日

「まだ少し早いけど21日の雑記を」
 でも、ネタが無いです。
「今日も調子が悪かった。以上」
 久々にダイバスターでもいくかー。
「相変わらずいいセンスですねー、ダイバスターは。わざわざイギリス行ったのか?って感じで」
 行ったんだろーか。
「ユリッペのシャワーシーンという視聴者サービス付き!」
 びみょーにサービスになってない気がする。
「17歳の女子高生ですよー」
 そんな設定だったんだ…。
「彼女の『ハッ』は萌えの王道」
 あの無意味にキツいわがままな主張が多分ウケてるとは思います。でも、萌えじゃない。
「『ハッ』と『それじゃ困るんです』」
 DYBASTERとか微妙に綴り間違えさせておいて、修正中って貼ってるのが素敵だった。
「あれは天然に本気で間違ってたんではないかと。アニメでもあったんよ、そーいうの。トルーパーだったかな?」
 どこまでも伝説作るな、サムライトルーパー。
「なにげに直されてるみたいな。つうか具合悪いのに、何でダイバスターの話せにゃならんのだ」
 アルガノスを埋もれさせない為です。
「アンタ埋める人じゃん」
 しかもアルガノス関係無いし。
「手が冷たいし、今日はここまで。寝る」
 水曜日休みだしね、今週は。

2005年11月22日

「今日は3話まで見た…らぶげ」
 ホントにボク娘いるんだもんなー。祐里、何者?
「カンじゃない。あかほりセンセだからと言ったはずだ」
 そー言ったって100%いるわけでもないし。
「たかーい確率でいるのだよ、彼の作品には」
 らぶげ。何の略だ、らぶげ。
「ラブ毛」
 …毛?
「アクマコ2ってのは何なのか。何で2なのか」
 ビースト三獣士のが1なんじゃない?
「あっちの方が未来の話だろ…」
 そもそも、つながってるわけないし、世界観。単純に、アクマコが好きだから久々に出してみました。ってとこじゃない?世界観つながってないのに、メタルギアMkIIなんてのがスナッチャーにいたのと同じで。
「むぅぅ。今更、アクマコなんてどれだけの人が知ってるのか」
 テンシコよりはメジャーでしょ、きっと。
「アクマコつうより、ヘビメタコなんだよなー、イメージが」
 全然違うと思うぞ。
「いやぁ、でも、妖精系はいいですな。アクマコ2は却下だけど」
 妖精じゃないしね。
「妖精かどうかじゃないんよ。大事なのはラブなんすよ。モチなんすよ」
 焼いたやつ?
「ランドストーカーのフライデーからかなー?プチラブみたいな。ラブラブでなくて」
 言いたいことはわからないでもないけど、祐里は「ボク娘」だよね。それか妹かロリ。
「属性はどんだけあってもいいんすよ」
 まー、初代からしてティピがどーとか、そーだったけど。虹色町の妖精さんとか。…………あーーーーーー。
「深夜っすよ」
 ボクの一人称がボクなのは…祐里の趣味でした。
「そうかな?」
 そして一時期…妖精さんになってました、ボク。ちっちゃくなってた。
「あー、そーいう時期もあったね。でもあれはバカ兄ちゃんの方だ」
 関係ないです。そーいうカラクリですか。じゃあ、次は何だ…どんな目に遭うんだ。
「ロボット?」
 初代ってティンク?
「さあ?妖精は起源古いだろーし」
 そーじゃなくて、ちっちゃくてぷちらぶな妖精さん。
「でも、チャムとリリスは割とどーでもいいんだよなー。らぶげの話全然してないなー」
 アクマコから話がそれた気がするぞ。
「関さんが変身ヒーローやるわ、萌着の解説するわ。いや、あなたは…あなたはダンザイバーじゃないですか!解説してる場合じゃないですよ」
 零ッ着!はぁぁあぁぁぁぁぁ、覇王の力が罪を断つ!…でも、元ネタ知らないんだよねー、実は。
「ギャバンだろ?」
 それはー知ってるけど、見た事ない。蒸着だっけ?
「つうか、外道なイメージで捕らえられてるのか、あかほりセンセに?たーしか、男メイズだよな、関さん」
 んー。
「んー、翼役の音宮つばささん。聞いた事無いんで調べてみたら、戦記の方のらいむ隊メンバーだった」
 何か、らいむな人いっぱいだな、らぶげ。
「らいむ隊の名前眺めてると、速攻生徒会思い出すのな。島だの加藤だの井伊だの本多だの真田だの」
 初代のらいむ隊は全員、速攻生徒会にいるねー。速攻生徒会所属じゃないけど。
「つうか、らいむ隊計10人。速攻と被ってないのは鍋島と直江の2人だけだと思うが」
 速攻も風林もどう見ても未完なままなのはどうなんですか。
「速攻は作者が悪いのか?」
 掲載紙が無事だったとしても、何か途中でやめてた気がするんですが。
「…結局、らぶげの話してないね」

2005年11月23日

「最近雑記サボりすぎだから、少しでもいいから毎日やろーと思った」
 時々ボツにしてるから、ますます更新されなくなるです。今週の三つ目行く?
「その前に卒業でも」
 それこそボツネタじゃん、それ。
「ネクストジェネレーションどーしよっかなーって話で、結局…移植待ちって事で」
 で、セカンドジェネレーション
「母親と恋愛可能。……卒業してすぐ結婚したとしてだ。娘を産んだのが19歳と仮定しよう」
 33歳だね。
「どんな恋愛SLGだよ。つうか卒業はそーいうゲームじゃ…元祖ギャルゲーとか言われつつも、そーいうゲームじゃないんだが。生徒の性別はしょーじき関係ないし、恋愛要素も無いに等しいし」
 目指せ、五重婚。
「あのボツ雑記の後、卒業復刻版…」
 買っちゃったんだよねー。
「折角だから、テレカ付きので。って、今時テレカはないだろって思ったけど」
 限定1000セットの、ね。
「もう笑ったっていうか、多分メールにあった「1000 0118」が注文数。つまりだ…まだまだ有り余ってる」
 そりゃ、テレカじゃねー。しかも高いし。
「高いね。昔からの卒業ファンでもないと買わんね、あれは」
 で、復刻版とか買っちゃって…プレイするわけ?
「しないだろーなー。いや、でも今回の話題はそこじゃなくて、あのサイト、あと2日で役目終えるんよ。セカンドジェネレーション出るから」
 うあー、売れ残りすぎのまま…。
「テレカじゃなー。んで、気づいた事。小説とかアニメとか卒業関連ほとんど全部持ってるっていう事実」
 Mも?
「Mも。結婚もお嬢様捜査網もしっかりとOVA買ったし」
 結婚がアニメ化されてたって事実の方が怖い。
「あー、セカンドジェネレーションの公式サイトにまで、元祖ギャルゲー書かれてるわ」
 自分から名乗るか、それを。
「でも、加藤以外人気が無かったのは秘密なんですね」
 加藤人気はPCエンジン版以降だと把握してます。元々は中本と志村だったとか何とか。
「SDキャラの新井が犬塚に見えるんですが…つうか、キャラデザ…ここまひさんなんですね」
 SDバージョンはそーみたいだね。
「あー、でも「卒業」名乗るなら…卒業をメインにして欲しかったなー」
 そんなのは3の時点で無くなってます。
「だから駄作だったんだろうに、わかってないなぁ。卒業の良さは高校生活&卒業なんよ。いわゆる、萌えキャラいないっしょー」
 今の時代ウケないからでしょ、それじゃ。
「ぼくのなつやすみのヒットを見れーーーー。まあ、折角なんで加藤(親)を狙ってプレイするです」
 萌えキャラいないんじゃなかったのか。
「加藤美夏のみ例外。結局、初代5人ばっかり優遇されてんだよなー。2年B組と3年A組にも、も少し愛を」
 元々、2年B組なんて存在しないけどね。
「クロスワールド設定ですな。でも、クロスワールドは偉大ですよー。アレは卒業IIの5人の魅力を見事に引き出した。…っていうか原作と別人な気はする」
 その時点で本来は批判対象になるはずです。
「でも、小説版でかなりキャラ出来上がってたから。加藤美夏と谷由利佳と伊東由紀恵…この3人がやはり推し」
 それと中本翔♪
「クロスワールドの復活を是非。新世代は新世代で勝手にやってていいから」
 好きだったキャラが30代で子持ちになるとかってのは抵抗ないんですか。
「無いです」
 無いのか。
「原作のキャラデザも設定も完全に無視して名前だけ受け継いだだけの結婚というクソゲーを体験してますから」
 それこそ、アレは名前借りただけで、世界が違うんだろねー。
「デザインする上でよくもまあ、元のキャラデザを完璧に無視出来たもんだ」
 ネクストジェネレーションも無視してるじゃん。いちおー、少しは参考にしたのかな?って程度で。
「その「少しは」さえ感じさせなかったから凄いんじゃ。あー、しっかし、卒業が恋愛SLGだのギャルゲーだの思われてるのは納得いかんなー。プリンセスメーカーならOKだけど」
 あれは元祖育成SLGでしょ。
「あれこそギャルゲーってやつだろ。最終目的は父親…プレイヤーと結婚」
 プリンセスになる事じゃないんだろーか。
「何であんなに大事に大事に育てた娘を王子なんぞにやらにゃならんのだ」
 王様にとられるよりは…。っていうか娘の幸せ考えろー。星野明日香ってA組?
「C組じゃなかったか?つうかそもそもが初代5人と同期がどうかわからんし。あー、お嬢様捜査網をもう1度ってのもアリかな。色々とキャラ設定作り込んで、肝心のゲームがお嬢様は単なる記号、性格どころか名前もいらないって扱いのアレじゃ」
 マルチメディア用でゲームメインじゃないんでしょ、そもそもが。
「だーからー、ゲームをもう1度作るんよ。お嬢様の方をプレイヤー側にして」
 需要が無い。
「PCエンジンとFXのゲームを見直そうじゃーないですか。誰もが望まない形で発売されたニセ天外魔境3も出た事ですし」
 そーーーいう言い方するか。アレだったら出ないで「幻のゲーム」になってた方がマシとか、そーいう事を。
「アレ、売れたんすか?プレイした人いるの?」
 少しはいるでしょ。いちおー、天外魔境の名前使ってるんだし。
「つうわけでだ、版権とか謎だけど、今更コズミックファンタジーとか」
 第2部ですか。
「第2部です。ヴァリスもちょい前に復活してたから、可能なんじゃないかなーって」
 今時、ヴァリスってのも…昔のファンしか買わないよね。難易度高いし。
「高いのは3だけです」
 そーだろーか。
「コンプリートって結局、何が収録されてたん?」
 1から4じゃない?PCエンジンの。
「SDヴァリスとスーパーヴァリス無視か。まあ、スーパーはいいけど」
 無視してるかどーかはしんないし。
「元祖のとFC版の初代はMapがわけわからんそーだが、PCエンジン版なら、ただ単にヌルいACTだから良いですな」
 スカートひらひらしてるしね。
「セーラー服はステージ1だけだがな」
 何でそーいう下らない事覚えてるのか謎。
「難易度は低いけど、1はかなり好きだった。絵が綺麗だったし。一番好きなのは4だけど」
 主人公違うし。
「PCの使い分けって要素と、いらいらしない程度の難易度。SDヴァリスも難易度って点だと面白いけど、絵が…」
 スーパーは?
「問題外。3は難しすぎるから好きじゃない。キャラ換えに時間かかるし」
 検索してみよっかー、じゃあ。
「うい」
 はい!SDとスーパーは入ってないみたいです。
「スーパーどうでもいいけど、SDは。あー、3の裏ストーリーとかあるんすかね?」
 さあ?
「4の極悪難易度の追加ステージとか」
 それはあると思うぞ。
「日本テレネットはいいゲームをいっぱい出してくれた、うん。ウルフチームのゲームは1本も持ってないが」
 ……いや、意味わかんなかった。
「コズミックは冗談として、天使の詩は復刻して欲しい。SFC版も含めて3本1セットで」
 BGMがいいよね、特に初代。
「天使の詩は下手にスーパーCD−ROMの初代ソフトになっちゃったばっかりに微妙な評価受けちゃったけど、同日発売だった英雄伝説より遙かに良作だった、うん」
 英雄伝説って…ドラスレ?
「アレは単なるキャラ萌えRPGだよな…うん。日本ファルコムはソーサリアンで終わったのかもしれん」
 ちなみに最萌えキャラは?
「…………ロー?」
 聞いておいてアレですが、わかりません。
「田中亮一さんが演じてた…」
 デスマスクみたいな人ですか。
「いや、それは何か違う気がするけど。えと、本日の結論…天使の詩は本気で復刻して欲しい!」
 確かぽっぷるメイルのキャラいるんだよね。
「いねぇよ。何で日本ファルコムのキャラが出てくんだよ。タットかメイルか?誰が出てくんだ、おい!」
 メイル。
「ぽっぷ’nまじっくの間違いだ!メイルとか答えんな!」
 ぽっぷるメイルは続編無いのか。
「無いんです。メイルの一人称をボクにしておけば現代でも通用する萌えゲームだったのに」
 それは無い、絶対。
「ちなみにメガCD版が一番良い。オリジナルと全く違うとか言うな。オリジナルが面白くないならアレンジしてとーぜん」
 何でメガドラ移植版はオリジナルと違うもの多いんですか。
「さあ?とりあえずメイルが林原さんで、タットが石田彰さんだった…だから買ったんすよー、私ぁ」
 あの時代で石田さんって…どれだけの人が知ってたんだ。
「ボイスドラマ版でメイルは林原さんなのに、タットが結城さんでちょっと泣けました」
 別にメガCD版に従ったわけじゃないから。PCエンジン版は?
「メイルは國府田マリ子さんで、ブラッキィが神谷さんだった。後は覚えてない」
 國府田マリ子…何かかなり懐かしい名前聞いた気がする。ツインビーとか。
「CDドラマ版にも出てたぞ、確か」
 そーいうのどーいう気分なんだろね。前に自分でやった事もあるキャラがいる作品に別のキャラでって。
「んーー、メイルも惜しいから新作希望って事で。メディア何でもいいから、ゲームでもアニメでも」

2005年11月24日

 ゴッドマーズを第4話まで見たので端的に。
 ゴッドマーズは第2話から登場。強すぎ。第2話、パンチ1発で敵を撃破。第3話、剣一振りで敵を撃破。第4話、よくわかんないけど敵を握って撃破。合体して10秒と経たず1撃で終わる…ほとんどギャグです。ここまで活躍しない主人公ロボも珍しい。いや、ホントに活躍しないんですって、軽く牽制攻撃みたいな事するとそれで勝っちゃうから。
 設定がいまいちわからない。超能力合戦。毛針?
 ガイヤーは格好悪い。ゴッドマーズも格好悪い。六神いる意味がわからない。合体が前提にあって単体で戦う事が無いならロボット形態をしてる意味がどこにあるのだろうか?…玩具展開の為?設定的には本気で意味無し?
 地球を破壊する為に赤ん坊のマーズと、その守護ロボであるガイヤーを送り込んだズール。成長したマーズに地球破壊を命じるも、マーズは地球人として育った為、拒否。当たり前だと思う。ギシン星人としての記憶なんか無いんだから、赤ん坊だったわけで。
 そして裏切り者であるマーズ抹殺の為に次々と送り込まれるギシン星人とロボット。…そんな事が出来るならマーズを赤ん坊のうちに送り込む意味がどこに…(マーズが邪魔だからだったのかとは思いますが)
 語られる恐るべき設定。ガイヤーはマーズの脳波で動く。マーズが命令すればいつでも地球を破壊出来る。
 マーズが死ぬと、脳波同調が途切れて自動的に爆発…地球を破壊する。
 ただ単に地球を破壊したいだけならガイヤーだけを地球に送り込んで、マーズを殺せば事は済んだ気がする。というか何だって「制圧」でなく「破壊」したいのか。地球がそんなに憎いんですか、ズール皇帝?設定がわからないので4話見た程度では何とも。
 いつかマーズ…明神タケルだって死ぬわけでガイヤーの反陽子爆弾を取り除くか、ガイヤーを宇宙に放り出しておくかしないと、いつか地球が爆発四散しちゃいます。世の中には「脳波ピッタシ」な人がもしかしたら5人ぐらいはいるかもしれないので大丈夫か。まあ、普通いないわな。

以上です。

「というわけで、結論はやはりカーヤは可愛い」
 ……学校の怪談?
「うい」
 何で?
「何で今更って事なら、何か黒猫だったから。ふと思って、「そうま竜也」と「どーぶつ」で検索したんよ」
 意味のわからない組み合わせで。
「結果、どうぶつ機動体と判明した。ハンター×ハンター並のすごいものを月刊誌でやるか、おい!って漫画だったんだけどな」
 はい?
「単行本化はされてないようで実に残念。ただ、何か「ネコたーぼ16V」つうのが、キャラとか設定が同じっぽい」
 相変わらず何言ってるかよくわかりません。
「C−CATで検索すれば良かったのか。あーーーー、なるほど、キャラとか設定が同じなんじゃなくて、タイトル変えて別の雑誌で連載してやがったんだ」
 …えと、つまりです。
「そうま先生の、どうぶつ…好きだったんすよ。でも、いつの間にか連載終わってたんすよ。久々に思い出して検索したら…雑誌が変わってたという。今更、売ってねぇっすよ、単行本も」
 死華護がブレイカーズになったよーなもんか。
「ちっがーう。連載誌が変わった挙げ句にタイトルまで変わってたんだ!!」
 ハンター×ハンター並のが収録されてたら笑うね。
「さすがに手直ししてあると思うが」
 欲しいならアマゾンでもブックオフでもどーとでもなると思うぞ。
「思うんよ。ブレイカーズは名作だって言ってる人の何割が本当にプレイした事のある人なのか」
 また、そーやって人を疑うし。
「某サイト管理人とか、明らかにほとんどプレイしてないっしょ」
 どこの管理人なのか聞いていいですか?
「………駄作、名作…どっちも「触れた事の無い人」「ほとんど触れてない人」によって決められていってる気がする。どこらへんが名作だと思うのか聞いてみたいもんだ。色々聞けばどんどんぼろが出る。実際に試した事あるし」
 試すなよ。
「ブレイカーズじゃないけどな。どう読んでみても、これは……他の人…つうか私が書いたもんコピーしやがったなって思って。色々と聞き込んだ、結局最後まで認めなかったけど。どこからコピーしたかはともかくプレイしてないのは確かだったのに。自分のプライドの為なら訪問者を騙す程度どーって事ない…素敵だ」
 そーいう人もいるんだって事で、どーでもいーじゃん、そんなの。
「真伝も凄いサイトあるけどな。やっぱり巨大サイトな。まったく、でかいサイトの管理人ってのはプライドばっかり高くて…でも、薄っぺらい表向きのプライドだから、他人が書いたものをコピーして自分で書いたと言い張る事が出来る。どんなプライドだよ」
 真伝もコピーされたか。いいじゃん、別に。
「いや、コピーされてたのはメストムック。でも、書いてある事、理解出来てないらしくて、意味がわからない文章になってたね。スコアアタック用に書かれてるものもあるのに、それ理解してないから…。綱手が金剛を使ってくれるかどうか…いや、普通に倒すだけなら金剛使われると迷惑だぜ。防御力あげる術なんだから」
 うぅぅ、それはそもそもがプレイさえしてない人か。金剛の効果さえ知らないって。
「知らないなら知らないって言えよなー。迷惑だから。それか参考にした書籍を示して、自分が書いたものじゃないって明記しておくか。何でも知ってるつもりか?プライド無いじゃん、そんなの」
 んー、今週の三つ目でも。
「そろそろ、三つ目の意味言わないと通じなくなってる頃か」
 サンデーとジャンプを一緒に扱う。サンジャン、三只眼、だから三つ目。みっつめじゃないです。
「OK。まずは卍解大安売りのブリーチ」
 ますますドラゴンボール化。伝説の超サイヤ人大安売りと同じ。
「卍解って全然凄くないじゃん。誰でも出来るんじゃん」
 誰でもじゃあないんだろーけど、副官クラスは全員出来ると考えちゃおう、もう。やちるちゃんもきっと、実は使えるとか言い出すんです。
「結局、自己中心的なアホ兄さんのエリート意識故の思い違いだったと」
 誰が強いのかわかんないんだけど。
「アマゾンでタカヤ、チェックしてみたら凄まじい事になってた。やっぱりね、私は一般人なんですよ」
 安心するな、そんな事で。
「いや、タカヤ大人気だったらどーしよーかと思った」
 安心するな、だから。
「切法師の方がマシだったって声もあるし」
 安心するなー。
「つうか、何でホントに未だに連載してんだ?作者の為にも打ち切るべきでしょ。勘違いするぜ、あれでOKなんだって」
 …うあー、凄いけなされっぷりだ。そこまで言わなくてもって気はする。もっとヒドいのあったし、今まで。
「風天組とかな。私の中だと、アレがジャンプでは歴代最悪。サンデーだとけんどー君」
 旋風の橘ね。
「タカヤは既に読んでないからもういいとして、始まった頃のリボーンとネウロ、それからべしゃり、この辺りも最低クラス。ワンピースとこち亀もいい加減にしとけって感じだし。週刊追い出されたのか、出てったのか知らんが、SBRもクソだっただろ」
 ジョジョファンには人気あるみたいだよ?
「とりあえず、ジャンプに求める事は面白くなくていいから、不快なのはやめろって事で」
 出来れば面白いのをお願いします。
「サンデーは、こわしや終わって、クロザクロも終わりそうな今、求められているのは獣医とパン屋を打ち切る事」
 獣医はともかく、パン屋はどこまで続ける気なのか、だね。まだ9回戦だし。
「アニメ版にも言いたいがな。いつまでやるつもりなのか。しかもパネルの意味無いし、あのルールじゃ」
 25から9に減っちゃうと、意味わかんないし。
「スティールボールランが未だに絶賛されてるのは謎」
 週刊にいないんだから、どーでもいーじゃん、そんなの。
「どんどんジョジョの名が堕ちてってるから」
 ハッって感じで、気づきました。多分、陰謀です。不快な作品に限ってアニメ化されるというこの現象。これは…アニメに色々と責任なすりつける為に。
「いや、普通にアニメの視聴率下がっていい事だろ。責任なすりつけられないだろ。なにげに、アニメうえき面白いし。アニメMARは耐えられなくなって見るのやめたけど」
 うえきは原作も読んでたわけだし。
「MAR、本気で面白くないな。アニメで見ればとか思ったけど、遂に限界迎えた。でも、頑張った方だと思うんだよ。割とつい最近まで見てたし」
 でも不快じゃーないよね?
「あー、不快じゃあなかったな。面白くなかっただけで。うえきは原作の頃に散々、叩いたから…アニメで見てる分には普通の面白い。よっちゃんのキャラ性とか」
 突っ込みどころは多いんだけどね、やっぱり。
「そーいうもんだとわかった上で見ると…バトルの出来悪いなー。アイデア貧困だなーとか思うけど、時々楽しかったりする。福地先生は作品を面白くしようと頑張ってたのが何となくわかる」
 ネットで色々言われちゃってる作家さんって、とーぜんそれ目にするわけだよね?よく連載続けられるよね。
「気にしてたらやってけないだろ。福地センセ寝込んじゃったし」
 うえき+はもうダメですか。
「週刊連載無理なんですね、もう。アイデア貧困とかワンパターンとか言われないようにしても、能力の限界が」
 大事なのは面白いかどーかだ、福地センセーに凄いバトルとか、意外な展開なんて期待してる人いないだろーし。ネウロに本格的な推理モノ期待する人いないのと同じで。
「ちなみに私はネウロは評価しとらんよ、全然。うえきは本気でダメだったけど、逃げなかったっしょ。で、明らかに成長したでしょ、プラスで。ネウロ逃げたじゃん、明らかに推理モノとして書いてたのに、単なるネタ漫画ですって。最低な漫画家だろ、そんなの」
 面白ければいーんです、多分。方針変更して成功してるならOK。
絶望先生の感想とかも何だかなーって感じで。久米田先生帰ってきてください、今、サンデーはボロボロです。何か無法な作家に蹂躙されてます」
 無法って言葉使うか、そこで。久米田先生の無法っぷり無視してそれ言うか。
「スティールボールランは第1部っつうか第1チェックポイントまでは面白かった。つうことで、スタンドバトルやめるべきなんですね」
 何でわざわざ人気堕ちる事しないといけないのか。
「面白くないから。で、現在どうなってるかしらないけど、まあ多分そんな事になってないと思うんで、言うけど、アヴドゥルを復活させる。お馴染みのキャラだからっていうんじゃなくて」
 ラクダだからだよね。前に聞いた。
「ムカつくキャラとして、ポコロコを上手く使って…レースに参加してない部外者の乱入とかしてもなぁ。全然レースになってないし」
 ジョジョだからね。
「だったら素直にジョジョにすりゃいいのに、スティールボールランか?というわけで結論、同じ打ち切りでも、散々批判されて終わるのと、惜しまれつつ終わるのとあるんで、最後まで気を抜くなと」
 批判浴びた末の打ち切りは最後にどう頑張っても意味無いです。クロザクロは?
「あれは打ち切りなのか?」
 実際、高く評価されてるはずなのに打ち切られたトガリとか。
「クロザクロはそもそも人気あるのかどうかさえしらん。批判されるような漫画でもないけど、絶賛されるような内容でもないし」
 テーマ自体はトガリと同じだよね。人間には希望があるみたいな。人間は汚いけど、そんなのばっかりじゃないっていう。
「サンデーは一般人気高い作品を打ち切るという習性がある気がする。365歩のユウキとか」
 それは人気無かったからだと思います。
「いや、絶対に人気あったはずです。あの将棋を侮辱してるのか!という熱い展開と、お約束のゴリラ」
 いや、将棋漫画に普通ゴリラはいないだろ。クロマティ高校並だぞ、それじゃ。
「みもりの萌えっぷりとか。で、結局何でダメだったんすか?」
 ゴリラじゃない?
「おかしいな」
 真面目に言うなら、祐里が最初に言った…将棋を侮辱してるのか、ってのが。主人公がゴリラに負けるんだよ?
「んー、でも大棟梁もそうだし、普通に面白いと思うんだけどねぇ」
 アレを面白いと思う読者層が違うんだね、うん。
「侮辱してるっていうなら、獣医とパン屋の方がヒデぇ。不快な分、罪もあるし」

2005年11月25日

 はお!
「ネタが無いー。久々にOKWEBネタいくかなー。いつの間にかOKWAVEとか意味わかんない名前になってるけど」
 おぉぉぉ、何か1年ぶりぐらい?
オタクを名乗る為に必要な作品みたいな」
 そんなもんない。それを聞く時点で既にオタクじゃない。安心しろ、君は立派な一般人だ。今なら間に合う、引き返せ。
「必要な作品なんか無いし。そもそもが何のオタクかつう。現代におけるオタクとは…」
 語らなくていいから、手短に、ね。まー、ゲームとアニメかな。技術系オタクなんてのは死んでる。いるだろーけど言葉として死んでる。
「つまりはマニアと呼ばれる類。漫画もオタクとは違う分野な気がする。ゲームとアニメだけかなー」
 そこから広がって、ファンタジーの世界に手を出したり、色々と…ね。
「ガンダムがどうとか言ってる奴はオタクじゃないから安心しろ」
 オタクは何でそんなに自信たっぷりに自慢げに自分がオタクだって語るんですか。
「結局、自分を貫く奴は現代においてはオタクじゃない。本来はそーいうタイプがそうだったはずだけど」
 世間の評判関係無く、好きなものは好きと言える。それは一般人ですか?
「変人だろ。ガンダム?はっ、くだらんねと言える…これが理想。いや、本気でガンダムがくだらないと思うならね。好きなら別にいいし。ガンダムは必須だからガンダムを見る?あぁん、くだらんねぇ」
 うん、くだらない。ガンダムよりはマクロス見ろ、マクロス。本数少ないからコンプリートは楽だ。入手困難なマクロスIIという難関あるけど、その程度は乗り越えろ。
「意味わからんし。ちなみに私はオタクは嫌いだ。消えて欲しい」
 オタクのほとんどはそーいうタイプなのかもしれない。
「オタクウケする作品ばっかり作っておいて、本気で「オタクは嫌いだ」とか言うクリエイターもかなりいるし。なんなんだ、奴らは」
 ファンが嫌いなんだ、きっと、それは。なら、公開するな。
「たとえばだ、ロンド=ベルは連邦軍なのかつう。これに下らない知識まで色々つけて喋りたがるのはオタクだわな。的確に答えだけ言うのは知識のある一般人だわ」
 おぉぉぉ。連邦軍だよね。
「んで、エゥーゴも連邦軍だわな。反地球連邦ではあるけど」
 連邦から分離した勢力でしょ。
「連邦軍ですな。まあいいけど。グリプス動乱でティターンズが沈んで、エゥーゴは地球連邦軍と共闘というか、連邦軍に戻って…ニューディサイズだのヌーベルエゥーゴだの、勝手にティターンズとエゥーゴの後継名乗ってるヘンな組織とか出てきたりもしたけど、答えだけ言うなら、エゥーゴは連邦軍に組み入れられて消滅…ってとこか」
 それは一般人の答えですか?
「ですな。オタクは怖いよー、聞いてないっつうのって事がどんどん。まあ、ナンバー7さんの回答がほぼ正解でしょ」
 んー、エゥーゴは連邦軍だって言ってるね、確かに。
「こんなの一枚の資料見ればすぐに答え出るわけで、これもまだ一般人すな」
 どんだけ濃いんだ、一般人。
「まあ、この回答見てわかったのは、「全然、ガンダムの歴史わかってない人ばっかりじゃん」って。ガンダムセンチネル読め。小説オンリーのでなくて。センチネル自体、クソなマニアが作ったもんだから、色々とわかる」
 そーいう言い方するか。誉め言葉かな?
「誉めてない。そっか、アナハイムさえわかんないんじゃ、F91の世界観理解出来ない人が多くても仕方ないか。サナリィの設定全く知らんのだろな。サナリィとアナハイムと連邦の…裏の戦争を」
 その辺りはだって裏の話だし、ホントに。
「まあ、SEEDに「アニメだけ見てたって設定全然わかんねーよ」とか言ってる人間が言う事じゃないんだけどな、本来。アニメ見てたってわかんない事ばっかりだから、F91。どれだけ予備知識必要なのか、あれは」
 小説版読むだけで割と事足りると思う。後は知ってればまあ面白いかなって程度で。
「次は、ちょい前に話題にした、フォウの声について。つうか、フォウだけじゃないだろーに」
 フォウだけが騒がれてるから、彼女だけ変更されたかのように勘違いされちゃってるかな。
「実際、言いたい事あるけど、まあいいや。結果として騒がれてメジャーになって…何かプレイモアみたいなやり方だなって思った」
 それを狙った訳じゃあないと思うんだけどなー。
「結果としてだな…島津冴子さんは……一部のファンはともかくとして、一般的なモノの見方をする人にはかなりの悪印象を与える結果にしかなってない。まあ、自分で勝手にやった事だし、んな事どうでもいいんだけど…」
 作品にプラスになったとはとーてい思えない。
「ほとんどマイナスにもなっとらんでしょ」
 結論として、別に「なのは」を見てるとかがオタクって判断じゃない。
「まあ、でも、一般人が見るかっつうと「?」だがな」
 萌えの定義とかもばからしいし。定義なんかあるわけない。何かバカみたいな条件つけて、これが萌えだみたいな。あるか、そんなの!
「ストーリーがどうとか色々条件並べた奴な」
 結構、あっちこっちで見かけるよね、新聞とか、雑誌とか。
「その定義で、烈海王萌えとか理解出来るか、貴様ら」
 それは萌えの使い方を間違ってるから理解出来なくていいんです、彼はただ可愛いだけだから。
「今日の感想としては久々に見てみて、いい人いっぱいいるなーって。一部ヤな人もいるっていうか」
 いい人ばっかりっての無理だからね、どーしたって。
「管理態勢がどうなったのかよくわかんないけど、まあ「何だ、お前?」って回答者と質問は限りなく少なくなってるようには見えた」
 色々あって、管理しっかりやり始めたのかもしれないです。誰もが居心地のいいサイトでないと、成り立たないから、こんなの。善意で成り立ってるわけだから。

2005年11月26日

 はおっ!
「えと、今日は…まずは小泉暗殺
 はおって言ったら、はおって返す!
「んー」
 んー、じゃない。
「はおっ」
 OK。答えは無理。
「でも、不可能だとはわかっていても、暗殺だの殺害だのの予告されるのは気分良くないだろな」
 暗殺しなくていいから、退陣させてください。
「今なら都知事のオマケつき」
 彼には恨み無いんじゃない?
「実際、平和の敵ではあるんだがな、首相。日本人も迷惑してるわけで、彼には。でも、日本国にとって全く益が無いわけでもない」
 今更だけど、郵政民営化がどーとかの話する?
「しねぇ。…いや、少しだけ。そもそもが、解散前に郵政民営化なんてテーマに興味を持ってた国民がどれだけいたか」
 少なかったみたいだね、読売新聞だったかな?何かで見たよ、データ。少ないってのがそもそも問題なんだよね、多分。
「まあ、問題は問題なんだろーが、つまり、本来…国民は興味が無かった。ところが、首相が騒いで「国民に判断を仰ぐ」と…でも、もうこの時点で国民は騙されてんすよね。国会ってのが「郵政民営化」だけをテーマに延々と語り合うものならそれでいいんだがね、そうじゃない。「国会議員」を選出するのが選挙であって「郵政民営化」に賛成するか反対するかを決めるものでない。民営化に賛成だから「自民党」か?それは違うだろ、そんなたかが1つのテーマで選ぶもんじゃないだろ、国会議員は。だってのに、首相は国民にそれを求めた。そして多くの国民がそれに応えた」
 騙されたとは言い難いけどねー。別に害があったわけでもないし。
「ただ、考え方がもう根本から間違ってて、それを指摘したメディアが少なかったっていうのと」
 結論言っていい?…別にどーでもいーし。
「何をぉ?20歳になったんすよ」
 でも、日本国籍無いから選挙権ありません!
「無いんだ」
 日本どころか、あらゆる国の。
「むぅ、夢の世界の住人ですからな」
 ちょっと違う気がする。
「次は、じゃあ、割とどうでもいい女系天皇について」
 もめる理由がわかんない。伝統は大事なんだろーけど…伝統でもなんでもないじゃん、天皇家の歴史なんて。単なる結果で。
「天皇制廃止すれば解決なんだがな。一般国民は…これも「どーでもいー」って思ってる話題じゃないかなってとこで、女系天皇なんざ認めんとか思ってる人はごくごく少数だと思うんですな」
 どーでもいーって思ってる人が多いからそーだろね。
「実際どーでもいーしな。次はKOFアニメ…は、どーでもいーか」
 アニメ化自体が間違ってるとわからせないといけない。
「やるならやるで…………無理だからいいや」
 言いかけてやめた。
「現実として…KOFXIは悲惨なまでに人気が無いわけですよ、何故か。えぇ、見る目の無いKOFファンがプレイしない。SNKファンは既にプレイモアを見放してるという状況だから」
 何故かとか言いつつ、答え出しちゃったよ、勝手に。
「だからこそ、小学生が書いたのか?とか、頭おかしいとか色々言われたマキシマムインパクトなんざ放置すべきなんですね。ノイズが作りたいっていうなら勝手に作らせておけばいいけど。アニメはさ…」
 マキシマムインパクト絡みにするのはマイナスですか、やっぱり。マイナスですか。
「で、もし盛り上げたいなら、ゲスト的な扱いでいいから、本編に出す。MIのキャラを。ストーリーに絡ませると…もしかしたらいるかもしれないMIのファンが喜ぶ…かもしれない」
 MIに興味無いとか嫌いな人は批判するかもしれない。
「ももこんぼは来月なー、とかアルカディアからして、もうやる気無いわけです、XI。っつうか舐めてる」
 桃子のコマンドわかんない>しょうがないからアルカディア買った>桃子はスルーされてた。凄いね。
「新キャラ無視すんなよ。他の必殺技とかは予想つくんよ、コマンドなんて。アンチェインをスルーするな」
 もここんぼです。
「思うに…NBCが何もかもマイナスに働いた気が。アレが無ければKOFにもも少しプレイヤーいたと思うんよ」
 お互いにキャラ食い合って、NBCに出てるからKOFには出さないとか、ね。
「NBCはほとんど誰もプレイしない、KOFは対戦が行われない。でも、これがもしNBCが無かったら状況違ったと思うんすよ。もっと丁寧に作るか」
 丁寧に作ったと思うよ、SVCと比べても。
「ゲーム本体でなくて、設定とかな。まあ、ゲーム本体もマニアックつうか…色々と……」
 御意見無用でわかってるのに、ね。一般人とマニアどっちをとるべきかなんて。
「マニアの作ったゲームはつまらない。そして、だ…ロケテに集まるのはマニアだ。ロケテ繰り返して繰り返して、その度に変化したシステム。どう考えても「どんどんつまらない方向に改悪していった」だけ。最初に発表されたシステムと比べても……」
 ロケテは発表しちゃダメだよね。現代だと発表しなくてもすぐバレちゃうけど、どーせ。
「ゲームバランス調整をロケテに求めるのが間違い。それでシステムを大きく変えるのは問題外。自分達が創ったものにそんなに自信が無いか」
 NBCは失敗に終わったって結論していいかな?
「PS2移植がかなり早いから、その後でないかい?評価するのは。家庭用で練習出来るってのは大きいから」
 あんまし状況変わんないと思うけどなー。SVCも家庭用出たからって何か変わったわけでもないし。
「SVCのシステムは好きなんで、あんまし言いたくはないんだけどね…多くの人が駄作だのバランス悪いだの言った、GC移動をな…無敵をカットしました♪って程度で採用しても…気軽にプレイするには辛いんよ、つまりは、あのシステム。上手い人はGCステップからどんどん反撃してくるわけで」
 下手な人の…上達する気が無い人の言い分聞いててもしょうがないような気はする。長生きさせたいなら、気軽にプレイ出来るっていうよりは…。
「何を目指してたのかかなー。グルーヴだとかISMみたいなのがやっぱり必要だったんじゃないかなー」
 NBCも捨ててKOF一本ですか、じゃあ。
「それも未来無いよな。だからってNBCってのも大差無いけど。KOFとNBCの2本で!ってのも、どう違うんだよって感じで」
 お祭りはNBCに譲って、KOFが餓狼とか龍虎解放すればよかったわけだ、XIで。
「正直な感想として、XIの方が豪華に感じます、メンバー」
 …風雲キャラがいるだけでそこまでいうか。他、ダックだけだよ?龍虎から何人か復活はしてるけど。
「ジェニーを普通に無視する辺り、好きです」
 …わざとじゃない。無視したんじゃない。
「普通に忘れてた。素敵です、さすが田村悠」
 とーーーぜん、祐里のベストパートナーだから!
「開き直った。NBCはGCステップは捨てられないんだろーから、タッグシステムを見直さないとな」
 ありきたりなんだよね、元祖に近いSTBを超えてないし。
「交代自体は容易に出来る。けど、交代自体が危険。こんなのはありふれてるっつうか、タッグ系、チーム系はそんなんばっかし。でもさ…実際に面白いのはSTBの交代動作自体は隙が無い、けど交代出来るエリアが限られてる…つう、この方がゲームとしては面白いっすよ」
 どっちか1人、KOされたら負けってルールだからこそってのもあるけどね。
「NBCの場合、その辺りは上手いかもしんない、1人になると途端に辛くなるから。即負けじゃないけど、限りなく辛くなる。それはOKなんで、やっぱり交代かねぇ?」
 GC交代無くしたらどうでしょーか。
「交代出来ないで終わる事多そうすね」
 それでいいんじゃない?

2005年11月27日

 はおー。
「お」
 今だからKOF2003。
「やーっと作業開始したって事で報告は以上。今日のネタは」
 無いよ?
「ここ最近ずーーっと、何か中国から何度も何度も掲示板にヘンなものコピーしてた人いたんすよ。誰も見てないだろうに」
 毎回毎回削除してたのに、何回やったんだろね。
「追跡する気も起きなかったんで、ホントに中国の人だったのかどうかわからない…つうか、宣伝してたわけでもなさそうだし、中国のサーバを介して…日本人なんだろな。トラップ仕掛けたら大人しくなった」
 解除するのもびみょーっていうか、掲示板自体削除した方が早い気もするんだけど?
「んー、毎日雑記ってのも今となっては難しいもんだ。空しい毎日だ…」

2005年11月28日

 はおー。今回のIQは119だったー。…1足りない、1。
「120以上だもんな、特別扱いは」
 前回、127ぐらいあった気がするんだけどなー。
「家でごろごろしてるから
 でも、職業はあってたよ、左・左・物で、うん。
「あーー、何だっけ?何目指してるだっけか?」
 ヒドい。泣くぞ。妹の進路忘れてどーしますか。
「いや、妹じゃないし…あー、土木製造業か。肉体労働向きだもんな」
 おう。もちろん違うけど。
「まあ、実際そうなんだろな。物事を冷静に見たり、客観的な判断力があったり」
 祐里みたいなの相手にしてると自然とそーなる。
「んじゃ、そろそろ今日の話題を」
 祐里はもう少し妹を大事にするべきだっていう。
「いないんすよ」
 いないのか。……ボクは?
「使用人じゃなかったっけか?」
 おぉぉぉ、そーだ、そーいえば。家でごろごろしてばっかりだからすっかり忘れてた、うん。
「何故にわざわざそーやって自分を貶める」
 仕事してますとか言っても意味無いし。

2005年11月29日

 挨拶は…はおっ。
「好」
 じょし?
「今日はKUSANAGIと動画で終わった、以上。明日は今週のジャンプでも」
 餓狼2の動画だね。
「餓狼2はキャンセルかからんな、ホント」
 厳しいね、かなり。キャンセルかける意味があるかどうかはともかく。
「ガードされた時は必要っすよ」
 んー、大した差じゃないと思うんだよねー。餓狼2の場合、投げと避け攻撃をどう使うかで。
「ジャンプ攻撃をガードさせてから投げ。飛び道具をガードさせてから投げ、ライン移動攻撃をガードさせてから投げ」
 まー、基本だよね。今更、ハメがどーこーって話でも無いし。
「問題はジャンプ攻撃は簡単に撃墜される事で。キム辛いな、やっぱり」
 餓狼2の頃から強かったみたいに書いてるサイトが最近かなり多いです。ウソつきばっかりです。
「鳳凰脚がガード不能と勘違いしてるんでないか?ゼロ距離鳳凰脚のせいで」
 一応、投げ間合いではガード不能だ、うん。
「弱くはないけど、強くはないよなー、餓狼2のキムは。飛び道具無いのは辛い」
 ベアよりマシと思え。
「アレはお笑い担当」

2005年11月30日

 今日も元気に…はおっ。
「…今更なんだけどさ」
 20歳にもなって、それ恥ずかしくないのか?…恥ずかしくないよ?
「ーーー」
 今週のジャンプいこっかー。
「ナルトは既にカカシ班である意味がない」
 っていうかさ、中忍に承認した時点でチームって変わるんじゃないの?ガイ班とかバランス悪いっていうか人材無駄遣い?
「微妙にモア殿しゃべり」
 4文字熟語使ってないもん。
「次はー、一応、べしゃり。文句だけ言ってやる」
 無視じゃなかったっけー?
「まずね、校長がどんなに問題あろうと、失礼なんよ。他人のコンプレックスを笑いものにするってのは。日本人は好きみたいだけど、他人の欠点あげつらう笑いが」
 性格悪い絶望的な種族なんだね、日本人。
「そこまでは言わんが」
 笑ってるのは幸せ。だから自分が笑いを提供する。そーでないといけないと思うんだよねー。
「性格に問題ある主人公の代表としては、MAJORのノゴロー君。でも、彼は読者を不快にさせない…滅多に」
 時々は不快なのか…やっぱり。
「時々な」
 時々、ね。いくら何でも…キミは何様なの?ってね。
「何故、不快にさせないか、彼はヒーローだから。主人公的行動が出来てるから。べしゃりはただ単にどこまでも不快な主人公が不快な行為を延々と続ける。ところが、作中のキャラはその主人公に不快を感じてない。不快に思ってる人は悪役として描かれる。読者と作者の間にかなり深い溝がある。森田センセーはギャグのセンスあると思うんですよ、ぶるーちゅとか面白かったし」
 ぶるーちゅ…ブリーチの親戚。かつては…んー、割とデタラメ言うのって難しいな。なんなんだ、デタラメ次々と繰り出してた初代は。
「でもね、ギャグ漫画とお笑いは違うんすよ。誰か…今回は校長ですね。誰かを不快にさせて他の対象を笑わせるなんてのは問題外だし、一方通行…自分は天才なんだから客は笑わないといけないみたいなヤツは見てて不快なんよ」
 OK!じゃあ、次いこっかー。悪口ばっかり言っててもしょーがないし。ブリーチね、ブリーチ。
「ぶるーちゅの親戚か?」
 龍紋限りなく役に立たないと思うんだけど。破壊力だけ?そんなの卍解するまでもなく、普通に一撃必殺でしょ、普通。
「固い敵専用」
 使えないです。汎用性無さ過ぎです。一護と戦った時、卍解しなったのは、あの時点ではまだその域に達してなかったからじゃなくて、使っても意味無かったからだね、これ。
「久米田先生式に言うと強い敵ってのは確か「何か速い」とか、そーいう。破壊力があるヤツが強いっていう作品はそうそう無い」
 あっても面白くないからね、そんな展開。人間同士の場合、破壊力なんてどーだっていーし、大抵。
「ブリーチが全然ダメな分…ちょい前に全然評価してない言っちゃったネウロがかなり…確かに逃げたけど…ストーリーだの展開だの無視して、変態さん大集合でつなぐのやめたみたいで」
 ネタ漫画から脱出しよーとしてる…かな?
「まあ、この先も変態さんはどんだけでも出てくるだろうし、それがネウロの売りでもあるんだろーけど、それに展開がついていくなら………ジャンプの顔にもなれる。デスノートがもうどうしようもないぐらいに「とっとと終われよ」って状態になってる事思えば」
 デスノートはネタ漫画です。でも、最近、ネタ漫画としても全然面白くないから、新しい死神を出すべきだと思います!
「こち亀は…もう、どうしようもない位に不快だな」
 実は派手に無駄遣いしてる祐里の雑記も問題ある気がするんです。お土産無いし、たいてー。
「えー、読者さん向けに。誕生日何もしなかったかのようですが、これで一応、DS買ってます」
 どーせ、SRW対策です。
「アンタのだろーが。いまどき、1人1台だろ、携帯ゲーム機」
 それは、こち亀便乗?
「いや、割と常識だろ?でも、現実…自分の分買うほどに金は余ってなかった。SRWが出たらその時に」
 貸さないよ?
「問題無い。プレイしたいゲーム無いし。勝手に頭柔らかくしててくれ」
 なら何でそれをプレゼントにするか。
「約束したから」
 ………したっけ?
「おう、9月3日の雑記読みやがれ」
 …………ん、嬉しくない言ってるじゃないかー。
「いや、でも」
 PSPでなくて敢えてDSってのが何か抵抗?いや、素直に遊んでるよ、時々。コンパクト3も終わっちゃったし
「あー、そんなのあったな。どうしたもんか」
 やめるな、途中で。
「ゲーム自体が面白くなくてさ、ストーリーも無いに等しいし、もうやる気全然無いんすよ、主人公に全然共感出来ないし」
 ベターマンを楽しむ!凄いから、色々と。意味わかんなくて。
「意味わかんないなら見たくない、そんなの」
 グリアノイドも出てくるよ、ちゃんと?
「もう飽きた」
 雑記が途中で切れるのはどーかと思います。
「そう言われても本気で飽きました。何てつまんないんだ、コンパクト3」
 ハズレなのは認めるけど、せめて1周しなよー。
「2隊同時にやってるんで、せめて1周っての無いんすよ。プレイするなら2つほぼ同時にクリアだから」
 C3世界のベターマン考察とか。フォルテとオルトスの謎辺り。
「考察は面倒だから却下。ヒマが出来たら再開する」