2005年7月 2005年8月 2005年9月 2005年10月 2005年11月 2005年12月 2006年1月 2006年2月 2006年3月 2006年4月 2006年5月 2006年6月

2006年 7月 1日

 暑い日は…。
「雑記。餓狼3の技表をちまちまとやりつつ、対戦格闘の「初めて要素」書いてるとこあったんで見てみたら間違いだらけだった」
 どんだけ昔の対戦格闘知ってるかだよね、結局。
「おそらくはかなりメジャーかと思われるサイトさんのとこじゃあないってのは言っておく、雑記読者さん向けに」
 ん?
「中段がスパIIXだとか、アルティメットKO系が龍虎外伝だけとか…いや、全然違うからって感じだった」
 実際、家庭用も含めて考えないと意味無いよね、こーいうのって。
「ほとんどはSFC格闘が最初に採用してんだよな、実は。ただ、アイデア先行のロクでもないのが多いから基本無視ってだけで。ただ、完成度の高いらんま格闘は無視出来ない」
 バトルマスターがほとんど最初にやっちゃってるのはゆーめーだと思います。
「アレは出来良くないから。主人公が神谷さんでヒロインが椎名へきるさんっていう」
 それだったら少しは売れたんだろね。
「ドラマCDでそれが出来るならゲームでそーすりゃ良かっただろ!つう」
 ザマスとかバトルマスターとか何で…ドラマCD発売出来るんだろーか。
「とりあえず、らんま格闘…真豪鬼がどうとかっていうポリゴンのは無視するとして…初めてかどーかも知らんが、特徴的なもの羅列してみるか」

らんま1/2 町内激闘篇

発売日92年 3月27日
ボタンガード文字通り、ボタンでガードだった
ボタンジャンプ文字通り、ボタンでジャンプだった
中段技中段技が豊富だった。初代ストリートファイターよりは遅いけどWH2よりは早い
削り無し必殺技でも削られなかった
隠しキャラ隠しPCが2人存在してました。最低でも龍虎の拳よりは早い
同キャラ対戦可能でした。最低でもストII´、SFC版ストIIよりは早い
同一人物男と女といるんで、乱馬が2タイプ存在してました
通常投げ無し通常投げの無いキャラが存在してました。最低でも龍虎の拳よりは早い
バックステップ九能帯刀だけ可能だったよーな。バルログ、ギースなんかが既に使ってますが、PCでは無かったって事で
対人戦専用キャラ龍虎の拳よりは早いけど、他にいっぱいある気が

らんま1/2 打倒、元祖無差別格闘流!

発売日92年10月 2日
空中ガード普通にまともな空中ガードが備わってました
変身CPU戦のみですが、変身可能でした。豪血寺より早いけど…何か違うとは思う。らんまの場合は実質、ひな子先生が最初なんで豪血寺より後ですね。
CPUキャラとは明らかに違うPC龍虎が少し先だった
バク転バックステップとは少し違う

らんま1/2 爆烈乱闘篇

発売日92年12月25日
投げ受け身投げられて地面に落ちる瞬間にボタンで投げ受け身でダメージ軽減。龍虎2よりは早い
通常技削りっていうか、打撃技は全部削れる。WH2JETよりは早い
中下段概念無しいやまあ…最近は結構あるよな?時代先取りしすぎたのか?

らんま1/2 超技乱舞篇

発売日94年 4月28日
通常技>特殊技>必殺技通常技をキャンセルして特殊技を出せる。特殊技をキャンセルして必殺技を出せる。KOF97より明らかに早い
密着で投げ不可あかね以外のキャラは近すぎると通常投げが成立しない。厳しいルールだ…。
中下段概念無しいやまあ…最近は結構あるよな?時代先取りしすぎたのか?

「思いつく限りだとこんなもんか。実際もっとあるはずだけど」
 変身システムが全然実装されてないんだよね、らんまなのに。
「邪悪なポリゴン格闘でようやくだから。超技乱舞篇のひな子先生も間違ってるし。何で挑発すると変身しちゃうんだか」
 何個かは偉大かな、投げ受け身とか。
「ADKなんかと同じで真面目に対戦格闘に取り組んでたんすよ、らんま格闘…開発がどこであろーと」
 特殊技が通常技でキャンセル出来て、そっから必殺技って流れも結構おっきーよね。連続技が発展したし。
「普通の対戦格闘になっちまってる割には結構工夫してるんすよねー、超必の条件が腐ってるけど」
 打倒以下略の昇天破ってのは超必かな?CPU戦の。
「超必つうか、ガンガン必殺技。当たれば絶対に死ぬけど、相手の体力が減って無いと使えない」
 超必じゃん。
「つうかイベントみたいなもんだし。対人戦だと論外だし」
 だからCPU戦の話してんだってば。
「昇天破使わないとクリア出来ない時点で、イベントっす、超必つうか、やっぱり」
 打撃で普通に闘えるなら、そもそも昇天破いらないよね…。
「そこはゲームだから、そーいう事言っちゃダメなんすよ。体力ゲージみたいに見えるけど、アレは闘気ゲージなんすよ」
 攻撃当てる度に闘気が減ってく。ダメじゃん、それ。
「いや、ゲージが減るとその分、闘気が放出されていってるんす、その分」
 まあ、そーだとして、攻撃当たっても吹き飛ばないよね、多分。
「そこはゲームだから」
 原作の話しらない人には意味わかんない話じゃないんだろーか、これは。
「勝手にネットでも検索すりゃいいんすよ。多分どっかで解説されてるから、何で昇天破を身に着けたのか、どーいう理屈の技なのか」

2006年 7月 2日

「XIの話でもするか」
 凍結したらSNK系格闘の雑記が増えたってのは皮肉な。
「NBCの時点でこれが出来てれば良かったのにねって」
 買ってから1週間も放置するのはどうなんだろねって。
「新豪血寺で忙しかったんだよ。ちなみに、「んだよ」は気をつけないと「だにょ」となる」
 打鍵の話をいきなりするか、そこで。
「やっと新豪血寺もある程度片がついたから…チャレンジモードの無意味さは煩悩解放と一緒だったけど、まあムカつくMI2よりはいいだろ」
 200問もあったからねー、アレは。力入れるとこが間違ってるっていうか。
「200問あってもいいんだが、全部クリアしないと、全要素解放する事が出来ない。他に手段が無いってのがね」
 いちおー、そのゲームのシステムに慣れる為にこそチャレンジモードってのはあるといいわけで、そーいう意味でいうと…。
「煩悩解放のは本気で意味が無い。XIのはそれなりに意味がある。さーて、じゃあどこからいこーか?」
 カラーエディットかな?色々いじれるよーになったし。
「京の炎の色を蒼くしよーとして間違って翠色にしちゃって…キレイだったっていうあの」
 あー、それでアッシュが翠の炎使うって聞いて期待してたら全然キレイじゃなくてガッカリだったっていうあの。

 翠の炎は…デバッグネオジオのカラーエディットで間違って創ってしまった事があって、その時にキレイだったんで、緑炎の使い手いいかもなーって思ってたらホントに出てきて驚きました。…キレイじゃなかった&全然炎に見えなくてがっかりでしたが。草薙と八神と違って半透明(高速点滅)で表現されているんですが、それが逆に炎っぽく見えなくさせてます。わざと炎に見えないようにしてるなら別にいいけどさ…。

「よーーやく家庭用作品でそれが出来るって事で早速……」
 ユリちゃんを。
「ユリは最初からいるから、今回やった人ほとんどいないと思うぞ」
 最初からそのカラーがあるのも壊れてるよね、仕様が。
「何でも色を変えられる&その場で即確認出来るデバッグネオジオには及ばないんだがね。それでもカラーエディットの新しい世界っすよ、これは」
 確か、オレンジの氷とかも作ったよね、クーラで。
「アレは勝手にその色になっちまったんだ。髪の色とかいじってたら」
 翠の炎使う京クンならXI公式サイトにあった。
「改めてみると特別キレイってわけでもないなー。初めて見た時は結構「おぉぉぉ」って思ったんだけど」
 んー、アッシュのよりはキレイだよね。
「プレイモアに翠の炎の草薙盗まれた」
 盗むか。
「読まれたんすよ、きっと」
 草薙って書いてないよね?八神クンかもしんない。
これっすねー。このネタで蒼い炎の草薙京作ろうとしてて、翠色の炎が出てきて」
 普通、試す前に気付くよね。あの仕様なんだから。
「いやー、どこいじると何の色が変わるかわかんなかったし、あっちこっちテキトーにいじって、変わったら「それが正解」って感じでだったと思う、多分」
 絶望した。
「しねぇよ」
 このクーラ、あやしーよね。
「あー、意図したわけじゃないんだが、生尻クーラになっちまって笑えた。色変えるだけでそーなるんだって」
 やっぱり日本人なら黒髪っすよ、黒髪。
「そうっすよね。とりあえずズィルバーとか名乗ってる銀髪のおっさんを黒髪にしてやりましたぜ」
 …ズィルバーじゃない、そんなの。
「シュバルツとでも呼んでやってくれ」
 綴りが微妙に間違ってるのが可愛いんです、アレ。VとB間違ってるってのはどーなんだろ。
「いいんすよ、別に」
 黒髪のマリー…本気で誰かわかんないな、これ。一瞬、誰これ?って思ったし。
「服の色がいつもと同じなら黒髪でもわかるんだろーがね。五郎とおそろいだから」
 結局、これはXIの話じゃない。どーでもいーけど。
「うい、カラーエディットの話しかしとらんな。今までの作品だとかNBCでプレイモアを見放した人はとりあえず今回の触れてそれで判断してみる事を薦めてみる」
 本来NBCの役目なのになー、それは。
「で、そこで登場するのがNBC2なのだよ」
 で、NBCと同じ事をする。
「そしてまた沈むプレイモア。ステキだ。いや、NBC2あるとしたら多分かなり良くなると思う。…作ってないだろーけど」
 さーて、次はどいつを黒髪にしてやろーか。
「アッシュ」
 銀髪狙われてる狙われてる。
「敢えて難点を言わせてもらうとだね…煩悩解放の良さをどんなにアピールしても直後にこんなもん出されたら……プレイモアはもう少し、パートナー企業の作品を考えるべきです!」
 パートナーなのか、ノイズ。パートナーだったらPS2版も出すでしょー。
「何かMI2でも弾かれてるっぽいし、喧嘩別れでもしたんすかね?」
 何でノイズの開発実績のほとんどがタイトル未公開なのか。関わってるのバレると何かまずい?
「2006年にPS2の対戦格闘に関わってる…けど、MI2じゃあないよなー。それだったらタイトル出せるだろーし」
 出せないぐらいに何かプレイモアと関係が悪くなってるとか。っていうかさ、煩悩解放はXIと比べられると擁護出来ないみたいな、そーいう意味の発言は…。
「誰がどう見ても負けてるだろ…。でも、だからって出来が悪いってわけでなくて、煩悩解放は煩悩解放でお勧めなんだがね。色々いじってみると、クララはやっぱり弱体化させられてたし」
 スターダストレボリューションの使い勝手が悪くなってるとか、ミラクルデスキッス当てると不利になるとか。
「当てると気絶だから使えたのに、変身するんだもんなー。スーパークララいらんよなー。魔法の国に帰れよ」
 同一人物です。
「そもそもが豪2の時点でいらないって言われてたんだから。変身したらクララの価値が下がると。…いや、格闘ゲーム云々でなくて、キャラとしてな」
 キャラとして、ね。
「ちなみにリアルクララは豪2のエンディングにいる」
 リアルクララもいらないよね?
「いらないっすね」
 結局XIの話じゃないよね。
「あー、じゃあ…プレイ感。ネオジオスティック2だとEボタン押しにくくて、ふっとばしとリーダー超必が実に使いにくい。どーにかしろ、どーにか」
 8ボタンスティック使えよ!!持ってるんだから。
「ネオジオスティック2の使い勝手の良さを思うと他のには乗換えが…一応、感想で送っておいた」
 Eボタン押しにくいですって?それはXIの問題か。
「マニュアルにネオジオスティック2でのプレイの事書いてある以上、「プレイしにくいです」ってのは感想として正しくねっすか?」
 何だこれ?で終わるだろーな。見た側も。
「挑発もしにくいけど、まあそれはどーでもいい」
 ホント、ネオジオ格闘以外に使えないスティックだな!
「ネオジオスティックだからな。いやーいいなー、サイト凍結してると好き勝手言えて」
 普段のアレは好き勝手言ってるわけじゃないとでもいうのか。
「アレが素だったら、その人は頭がおかしい」
 一時期の朝陽とかね。
「アレは素だったんだよな」
 怖い怖い。
「まあ、餓狼オンラインコレクションはどーせまた「いつもの感想」が乱舞するんだろーが、どーでもいー事だ。見ないから」
 技表が無いです。ボスぐらい使えるように。画面汚いです。発売した意図がわかりません。
「まだまだあるけどな」
 でも、これだけ言われてきても、全く手を加える気が無いプレイモアも凄いけどね。紙でもいいから技表添付ぐらいすればいーのに。それぐらいなら出来るだろーし。それだけでも批判が結構減るんだから。
「ボス使用可能にするのは実際簡単だよな。デバッグDIPいじるだけだから。ただ、それをすると…フリーズする危険あるから出来ないだけで」
 フリーズは最悪な事態だけど、それ以外にも、ね。
「ハイパーストIIでも初代の四天王使えなかったしな」
 ダークストーカーズコレクションだと初代のボス2人使えるけど。
「つうか、アレはさ…開発時は使用可能にする意図あったと思うんだが」
 強すぎてバランス壊すから凍結させた?
「と思う。アホみたいに強いしあの2体。で、エンディングはハンターの時に作ってあるんで使用可能にしても何の不具合も無い」
 有り得ないだろーけど、マーヴルコレクションってのでたら、X−MENでマグニートー様は使えるのか。
「そのままだと使えないわな。ヘンなバグ技実装されてるし、同キャラ戦で固まるし。まあ、ちょっといじるだけだし可能だろーな。強すぎて面白くはないだろーが」
 無敵だしね。
「マグネティックフォースフィールドを超必…じゃなくてハイパーXか、変更しないと無理。変更しても無理だけど、あの性能」
 ゲージなんてどんだけでもすぐに増やせる。無敵だし。
「ここまで色々やってきて、何故か初代ストリートファイターには手を出さないカプコン」
 呪われてる。移植すると良くない事が起きるっていう伝説が。
「ストリートファイターコレクションの時に入ってるかと思ったら、秘密のタイトルはZERO2´だったし」
 ZEROコレクションのオマケはポケットファイターだったし。
「カプコンクラシックコレクションはファイナルファイトとストIIあるのに…初代は無視」
 移植するなら、やっぱり圧力センサーですよ、社長!って言い張ってる人がいる。
「何で社長!?」
 PCエンジンの失敗を、ね。
「失敗してねぇよ、別に」
 あれで?
「元のゲームが悪いんだと思う」
 じゃあそんなゲーム移植しても「ストリートファイターのブランドイメージ悪くする」って企業戦略で。
「…昔のゲームの出来が悪いからって、そんなの当たり前だと思うんだが。餓狼伝説だって無茶苦茶だろーが」
 敢えて単体で移植。しかも¥7800ぐらいで。
「カプコンにそんな余力はない」
 いや、普通に移植するだけ。オマケとか無しで。それでも売れるかなーって、マニアに。
「企業イメージ悪くしてどーするよ」
 じゃあ、何か特典かな?スーパーCD−ROM版のZIRIAみたいな。
「DSのゲーム&ウォッチコレクションみたいな?」
 そんなのもあるのか。2画面で?
「2画面で。ミッキー&ドナルドは著作権の問題でもはや移植不能なんだろーか。ミッキーマウスもだけど」
 キャラを差し替えて。問題ある、ゲーム的に?
「無い。ミッキーマウスはひたすら卵を受け取るだけのゲームだから。ミニーがボーナスキャラだったかな?ミッキー&ドナルドはただ火を消すだけのゲームだったかな?2画面な、ミッキー&ドナルドは」
 火を消す…。火を消す!?
「ドナルドがひたすら火を消して、ミッキーが給水ポンプを修復だったかな?」
 何でそんな内容のゲームに無駄にディズニーキャラ使いますか、任天堂は。そのキャラ使う事で売り上げ伸びるとも思えないし。
「そもそも著作権っていう概念あったんだろーか?勝手に使ってたんじゃないだろーか?」
 検索してみるとか、そーいう時は。

「エッグってのがキャラを差し替えたミッキーマウスらしい。しかもゲームボーイギャラリー3に収録されてる…」
 2まで買って何で3買ってないのか。
「買おう!新品は無理だろーが、中古なら売ってるだろーし。唯一持ってたのがミッキーマウスなんよ、実は」
 おぉぉ、思い出のタイトル。で、実物は?
「さあ?壊れてゴミ箱行きだったんじゃないか?どーなったんだろーなー。当時は999点超え当たり前だったけど、今やると」
 どーだろね?ゲームボーイギャラリーで何か難しいって思った、昔の?
「プレイした事あるのは昔の感覚そのままだったかなー?マンホールは操作性の違いで最初は戸惑ったけど」

2006年 7月 3日

「さて、XIの話でも…しない」
 しない。
「ゲームボーイソフト自体が入手困難な事を思い知らされたんでしょーがないんで、対戦してきたって話を」
 対戦してみた。負けっぱなしだった。
「セイヴァーで1回勝ってるだろーが。つうか3回しか対戦してねぇ」
 負けっぱなしだった。
「Heyさー、何回行っても「セレクト」と「スタート」押し間違えるんだけど…書いといてくれよ。筐体ごとに違うから混乱するっつうの」
 やりたくもないのに、MOW開始。やりたくもないのに2幕開始。
「2幕はともかくMOWは勘弁してくれって。乱入されたらどーすんのよ」
 負けるって結果同じならよくない?RB2でも負けるならおんなじじゃん。
「同じじゃねぇよ!後、何が入ってるかも正確に」
 アレだけあって、サムライシリーズは1つも入ってなくない?
「餓狼は充実してんのにな、SPとRBSとRB2とMOWと。サムライは人気無いんだ、きっと」
 天下一にとられてる?
「どっかにあるんだろ、きっと。サムライ。KOFが隔離されてるのと同じで」
 わくわく7とギャラクシーファイトとファイターズヒストリーダイナマイトも入れておくといいと思います!
「被ってるMOWと2幕をそれぞれ1個づつ削除すりゃ出来るな。ダブドラがあってダイナマイトが無い」
 リベンジがあってわくわく7がない。
「わくわく7は1人プレイ用ならあったかな?神凰拳ともども。パーフェクトと真伝が同じとこに入ってるんで、毎回どっちをプレイするか迷う」
 迷う以前に2幕だったし。やる気無いなら捨てるとか、何ラスボスまで…
「プレイする以上、やらなきゃ!」
 そこでクリア出来てないのが情けないです。
「黄龍ってあんな強かったっけー?」
 ん。
「せっかくだし、RBSも練習しよっかな?昔はプレイしてたわけだし」
 ボブで?
「ローレンスとボブで。最近RB2ばっかしだし」
 RBSはRB2と並行してプレイ出来るんだろーか。RB2のクセがついたままだとヘンになりそーだけど。
「ヤダモンのBOX2はいつの間にか発売延期されてるし、異様に涼宮ハルヒ人気だし」
 ハルヒ何?
「さあ?アホみたいに売れてるな。悔しいから、まじぽかCD買っちまったよ」
 何がどー悔しくて、何でそーいう行動になるのか。
「とらのあなは1つしか無くなっちまったから異様に混んでるしさ。書泉じゃポイントつかないだろーが」
 ポイント溜めてどーするんだか。
「またCDドラマが出るのを待つ」
 ならもうこれ以上ポイントつけてもしょーがない。3500以上無かったっけ、もう?
「あるね。サダ吉はさ「貿易なんてしない」とか「虫なんて殺さない」って聴こえるし、もうダメっすよ」
 絶望した?
これには絶望した。考え方がどうであろうとそんなのはいいとして…どこまでツッコミどころ満載なんだか」
 ツッコめばいーじゃん。
「無駄だから。直接言ったとしても無駄だし、多分、この手のタイプ。次は…んー、ロッテはセ・リーグには勝てる」
 何が次?
「楽天もいつも通りに戻って安心だし」
 安心安心。…ヤダモンDVD化いーとしてさ、YATってDVD化されてる?
「されててもいらんし。イサミがなー、DVD化されてたって手に入らないんじゃ意味が無ぇ」
 スパオダーライダーズはYATとMARを意識してのキャスティング。
「んなわけないっす」
 赤ずきんはスパイダーライダーズを意識してのキャスティング。
「いつの間にかエースをねらえ!が始まってたんだなー」
 見たじゃん。
「いや、始まってたんだなってだけで。原作と違いすぎて面白かったよなー。ギャグアニメとしてはかなり」
 昔のスポ根は基本ギャグアニメだから。
「相変わらずちばテレビはアニメが豊富だ。実に豊富だ」
 スパイらーライダーズはビーストウォーズを意識してのキャスティング。
「まだ言うのか」
 赤ずきんってのは「赤=ずきん」って感じ?ズキンちゃん?
「さあ?でも、名前っぽくないぞ、かなり」
 あんなワルキューレは赤ずきんじゃない。ヘルメットだし、どー見ても。カープか、広島か?
「アレが中学生だって設定には絶望した」
 ちゅーがくせーだったか。そーじゃないかなーとは思ってたけど。そっかー、5歳ぐらいにしか見えないけど、中学生だったかー。
「子供向けにしてはどーなんだろーか、赤ずきん。とりあえず、もうちょっとツッコミどころが無いと見てて辛いから」
 貧乏姉妹は?アイキャッチが良かったって程度だけど今んとこ。
「10話か。一瞬で終わるな」
 そんなもんでしょ。3ヶ月で終わり。
「最近13話さえいかないアニメ結構あるなー。つうか何でこれがテレ朝なんだろーか?」
 拾ったのがテレ朝だから。
「何か系統違うよなー」

2006年 7月 4日

「たいぞーがかなり良かった、うん。パロディネタで本気で面白いって思えちゃうとは」
 ジョジョ?
「朋子さんネター?ジョジョ使えばいいってもんじゃないだろーって…その直後に…いや、パロディ云々つうか、承太郎ってそんな特技あったんだよなって思ったら」
 アレはねー、あのネタの為だけに出てきて、それっきりだからね。普段から承太郎はそんな事ばっかりしてんのかって。
「ポルナレフならわかるんだが…まあ、ちゃんと「らしくない」ってツッコミ入れてるのがさすがだが」
 誰もが多分思ったから、それ。承太郎…母親の命助ける為の旅で何を!とか、っていうか、何、それ?練習とかしてたの?とか。
「承太郎は面白いっすね。阿久津君がオインゴの名前覚えてない辺りも「ジョジョ好き」とそうでない人間の差をちゃんと描いてるかなって」
 でも、彼は海外…台湾版だっけ?一目で見抜くほどの隠れマニア!!
「ジョジョ好きばっかりだ、あの漫画のキャラ。たいぞー君もしっかり全巻読破したよーだし、いつの間にか」
 多分、読んでみたら面白かった。
「アレを見て初めてオインゴの気持ちわかった。ホント「何、その下らない芸?何てもん持ってんだよ!」つう。出来るか、そんなもん!!」
 ジョセフおじーちゃんもあの時、普通にノってたから、多分…承太郎は描かれてないトコで下らないことばっかりやてる。ポルナレフとジョセフは言うまでもない。
「花京院も意外とヘンな奴だしな。そりゃ、楽しい旅だったろーよ。死人出まくったし、便器なめたりしたけど」
 あの「楽しい旅の感覚」が第3部の面白さの1つだろーねー。第5部とか6部とかよゆー無いじゃん。常に敵に襲われてるみたいな。
「あー、6部の時に、「こーいうインターミッションみたいなのがいい」って言った覚えあるな、ウェザーが死んだ直後だっけ?」
 んーー、確かそーだけど……どーだったっけ?

「いわば自然の一部。ジョジョはインターミッションっていうか、緊迫した状態の中でも、ほんの少しの時間だけある安らぎの時間みたいな、こーいうの好きなんですよね」
 敢えて日常的な部分を描いてみるんだよね、荒木先生。第3部にしても劇中で描かれなかった部分であの一行は相当にバカげた事してたんだろーなって思えるオインゴ襲撃の時のエピソードとか。
「承太郎は下らない特技を持っていて、それを披露していたっていう事実。つまり襲われてない時はのんびりと、悪友同士で旅に出てるみたいなそんな雰囲気だったんでしょうね」
 だからこそ、あんなに仲が良くて、全てが終わった時に、この旅は楽しかったって言えるんだろうし。
「今回のはウェザー死んだ直後とは思えないバカっぷりですけどね」

「あー、下らない特技言ってるし、この時も」
 ジョジョファンの脳裏に刻まれてるんだろーなー、承太郎の特技。1回も描かれてさえないのに。
「そしてジョジョファンは実践あるのみ!」
 …レロレロ程度で勘弁してもらうってのは無しでしょーか?
「やっぱりジョセフは最高だって事で」
 ん、じゃー、ツギハギ?
「面白くないねぇ。失速してるよ、ツギハギ。読者が求めてるのはそんなもんじゃないんすよ。ツッコミはいれねぇ」
 今回のもかなりツッコミどころ多いのに。
「いれても面白くない。アイシールドは結構良かった。天才に勝利する方法みたいな」
 根性だよね。
「結局、サルが勝ったのは理屈が無い。ジャンプとしてはそれでOKなんだろーが。それに対して今回のは理屈がある」
 根性だよ?結局のとこ。
「とらぶるは一応読んでみたけど、ホント…プロの仕事とは思えない「内容の無さ」で、タカヤの遥か上を行く「作品とさえ呼べない」出来。でも、どーせ支持されてるんだろーなーって思うと…ムカつく。原作担当の無能さに。お前が支持されてるんじゃない、支持されてるのは「作画担当に恵まれただけだ、クソ作家が」と。ストーリーあるけど、無いんよ」
 まあ、そーいうのも必要って事で。
「仕事させるな、この無能作家に。どんな脚本書いてんだ、普段?…誰だ?……「長谷見沙貴」か、その名前しっかり覚えた」
 多分明日には忘れてるな、今覚えてなかった以上は。
「とりあえず、シュガシュガルーンの担当話は調べてみた結果。ああ、なるほどって思えたのは「知った」後だからなのか。まあ、でも36話のクソっぷりは知らない時から思ってたしな」
 36話って?……にゃ、…あー…まあ、でも他の話がどうなのかとかってのもあるし。
「覚えてねーなー。見ても「こんな話あったっけ?」なんだが。どーやら見始めたのは第6話からってのわかった」
 じゃあ、第5話はそもそもが知らない、っと。で、次が…12話?…んーーーー?
「11話と13話は覚えてるんだがなー。これだと、わざとみたいだな。ちょうど覚えてないって」
 わざととしか思えないです。覚えてるのに覚えてないって言ってるとしか。
「でも、ホントに覚えてないんだよなー。で、次…21話…覚えてない」
 で、20話と22話は?
「22話は覚えてない。20話も微妙」
 その辺りのはバニラの黒い言動が無かったとか。
「どーだろーな?19話と23話は覚えてるぜ、でも?」
 んー、あーーーーーー、これかーーー。23話って初めて雑記で話題にした時のだ!
「まあそーだが、それよりかなり前に「バニラさんは黒い」発言だけは出てるんだがね」
 それは話題にしたって言わないし。
「とりあえず、じゃあシュガルンの感想とか。女王が最後まで役に立たなかった。不戦訴えるのは簡単だけどさ…民に被害が出るんだが?応戦さえしないのはどうよ?」
 でも、自分では何もしない。ただ「応戦しちゃダメだよ」って言うだけで。言うなら、自分で解決の努力しろ、努力を。
「あんな使えない人材だから、娘に人の心無くて黒いんだ」
 そのとーりだー。娘の事愛して無いです、あの女王。あんなのに治められてたって…。
「自衛の権利さえ放棄する。凄いよ、女王。ホンモノっすよ、貴方は。その態度は間違ってない…でも、多くの人の意見を無視してそれを決めるのはただの独裁だ」
 結局、ピエールがグラースに似てた理由は語られてない。
「成長するとそっくりになりそーなお子様を誘拐したんす」
 何も似て無くてもいーだろーに。
「ハーデス様も全然似てないボディ選んだしな」
 むしろ、似てるボディはムカつく。人間ごときがみたいな。
「美の神じゃあるまいし」
 でも、自分の体大好きだよね、ハーデス様。
「リンかけで河井が阿修羅だっけ?そこのボスになってたりしたのと似た感じで…結局、美形の役目は同じ」
 とりあえず敵にしてみる。
「んー、つうわけで今週のジャンプで一番良かったのは」
 ツギハギで。

2006年 7月 5日

「特に言いたい事も無いし、やりたい事も無いし、下らないね」
 下らないかー。じゃーしょーがないなー。
「特にネタも無いし、相変わらずテキトー言う人が多い、OKWAVEのウィルス対策」
 誰が迷惑するでもないし。質問者が迷惑するかもしんないけど、まーその程度だ。
「喧嘩もしてるしね。今までの人の回答は違います。…でも、そう言ってる貴方の回答も違います」
 OKだっけ?他人の回答が「違う」って。
「NGっす。何が正しいかは質問者が判断する事で。質問者が間違ったものを正しいと判断しちゃっても、それはしょうがない」
 見ててちょっと気になったのがこれかな?だいじょぶなのかな?
「何が?」
 ウィルスバスターって。結果自体は信頼できそーだし。
「信頼していいんじゃねっすか?ただ、現実レベルの話じゃないがな」
 …出回らないウィルスを検出出来たって意味がないって話だよね?んー?
「ウィルスバスターのウィルス定義ファイルのサイズって時々小さくなるんよ。大きくなり続けてるんじゃなくて」
 効率良くしてる?検出出来るウィルス削るってのはないよね、まさか?
「検出出来るウィルスの数を自慢にしてる以上は削らんだろ?ただ、その効率化によって検出率が下がる可能性はあるわな。でも、下がったからって…だ。ウィルスバスター利用してるにウィルスに感染しましたなんて質問してくる人いるか?」
 おぉぉぉぉぉ。あんまし気にしなくていいって事か、検出率。
「まあ、とりあえずいわゆる3大ソフトの中だと最終的に一番安価だろ」
 ウィルスバスター?あんまし値段は考えてなかった。
「そりゃ、アンタは払ってないしな。まあ、あんまし気にしてないけどさ、確かに」
 払ってもいーけど…。
「いいです、むしろ面倒だし」
 ずーいぶん前から推奨されまくってる、NOD32ってのがやっぱり一番?
「しらん、触った事ないし。職場で見ないソフトの事なんざ知らん」
 比率とかわかる?今までの。
「ほとんどウィルスバスターっすね。マカフィーが1回あって、ノートンが何回か。偶然なのか、全般的にあの世界がそーなのか知らんが」
 使い方わかんないもの入れてもしょーがないから、誰でも使えるのいれてるとか。
「つうか、使ってる分には大差ねぇぜ、使い勝手っていうか、簡単かどーかって。どうやって選んだのかは昔のセキュリティ担当に聞かなきゃわからん。あー、3番さんのリンク先見ると、皆さん一押しのNOD32が結構…ダメっぽいぞ?」
 ダメって言われてるウィルスバスターに負けてどーする。
「現実に出回ってるウィルスでテストするとこーなるって事か。つうか100%ってのはすごいな。完璧じゃねっすか」
 ウィルスセキュリティってのは一体…?…安いけど、性能は十分って言ってる人いっぱいいたけど、さすがにここまで圧倒的に検出率低いと…十分とは。 「最近はウィルス流行しないしな」
 常に出回ってるから。
「そーでなくてニュースになるほどの」
 いちいちニュースにするほどの事じゃなくなった。
「そうじゃないと思うがなー。高校生の頃なんか被害受ける前だってのに新聞にウィルスのニュース出たりしてたよなー」
 どーーゆー時代だ。珍しいから?珍しいからニュースか?
「日本上陸!みたいな」
 上陸って、ネットに陸も何も。
「時代が違うから。FD感染が主流だから」
 FDなんて最近、全く見ない。売ってる?
「売ってるとは思うが、見ない、確かに。スパイウェア対策はそもそもがウィルス対策ソフトに期待してない。つうか最低でもウィルスバスターには全く期待してないからどーでもいーな」
 とりあえず安心しました。
「つうか当たり前だと思うんだが、そんな信頼出来ないソフトが「使いやすい」ってだけで初心者にお勧めされちゃダメだろ、だって」
 でも、初心者にとっては結局全然使いやすくないっていうか、何の為に入れてるのか理解出来てないから…敢えてウィルスバスターを推奨する意味無い。
「正解っす。ちなみに前に言ったかと思うが、ウィルスバスターを選んだのは…どれ使っても大差ないんでどれでも良かった…んだけど、その場で店員さんにお勧めされたから」
 薦められるだけで買っちゃうんだからいいお客さんだ。
「いや、商売間違ってるぜ、アレ。一応、どれにしよっかなーって色々見てたんすよ、そしたらさ、「安いから」って「優待版」勧めてくるんすよ。中身同じだからって」
 あー、さっき見たぞ、優待版って単語。よくわかんなかったけど。
「他のウィルル対策ソフトから乗り換える時とか、で条件満たして無くてダメだって言ってんのに「優待版って書いてあるだけで中身同じだから」って」
 にゃーー、間違ってる、間違ってる確かに。その店員さんは商売する気が無いです。
「その売り方じゃ、正規版売れないだろ」
 で、しつこく勧められて…ウィルスバスター買っちゃったのか。
「親切な店員さんのおかげで売れ残る高価な正規版」
 ダメですーーー、それはダメです、かなり。利益だそーよ!
「売れたからって給料上がるわけでもないしな。正社員かバイトか知らんが」
 ……いい街だね……秋葉原?
「秋葉原っす。店名は…出さないでおこう」
 ゆーりの行動箇所からすると、火事になったとことかが怪しい。
「買った当時とは随分街並み変わってるしな。行ってたとこ結構無くなってる」
 変わってないよーに見えて。
「どんどん変わるぜ。ゲーム館だけ見ても……」
 高いの無理に売りつけるのは間違ってるけどさ、でもなー。
「ま、つまり今回の話はね」
 秋葉原は初心者にも優しい街でした。
「おう、それは確かだぞ。マニアの為の街ってわけでもない。店にもよるが。まあ、それはそれとして、ウィルス対策ソフトなんざ、割と何でもOKって事なんよ」
 簡単なのがいー。あと、アレはやだ。
「アレ?」

2006年 7月 6日

 はおっ!元気ない人は頑張れー。
「無いけど頑張らない。つうかまたそーゆー…思い出したかのような」
 じゃあ、今週のサンデーでも。
「せっかくだし、世間に便乗しよう。サンデーはいつでも出来るし」
 ミッソーですか?
「うい」  こんなのならあった。質問者さんが何もとめてるのかよくわかんないアンケート。
「何か怖いんだけど、私だけかな?ってとこじゃねっすか?」
 危機感も何も…一般人がどうこう出来る事でもないしね。
「頭おかしいとかってのは間違っちゃいないが、匿名でうだうだ言ってるアホな日本人よりは多分、見えてるぞ。学ばないなー、日本人も。狂人は何もかもが狂ってるわけじゃないのだよ。サダムだってとことん冷静だったつうか…アメリカ…ブッシュに精神的には勝ってただろうに」
 おぉ、何かコーイチ君みたいだな。言いがかりつけられて潰されたけど。
「何をすると、その結果どうなるのかぐらいはわかるっつうの。それがわからないようなら、とっくになくなってるわ、国自体」
 危機感なんてもの持つ意味自体が無いかな、やっぱり?本気だったとしても何も出来ないなら。
「そこはだいじょーぶっすよ、魔法使いさん」
 えーーー?
「いやいやいやいや、えーーーー?じゃないだろ。しかし、ホントわからんな、何を言いたいんだろーか、質問者さんは?何をしたいんだろーか?結局、自分と違う意見の人はかなりムカついてるみたいだし」
 なんだろねー?
「って事で魔法発動っすよ」
 いやいやいやいや、ありもしない脅威に魔法ダメっすよ、ししょー。
「やっぱり使えないんだろーか。使えるか使えないかはっきりしないよな」
 使えるですよ?実際。
「あーーー、某カテゴリんとこで大将気取りで他の人の回答に×つけてる人が…アンタの知識もかなり古いっていうか間違ってるがなっつう、あの人が」
 言うなーーーー。
「自信あり多いなー。アンケートの回答に自信とかってあるんだろーか?」
 アンケートの回答として自分は立派に答えたと思えば自信あり。むしろ自信ないアンケートの回答の方が謎?
「多くの日本人にとっては「ネタ」でしかないんよ。まあ、そういう態度が多分、質問者さんにはイラつくんだろ。アホだしな、実際」
 おう、雑記で話題にしよーとしてるボク達もな!まー、ボクはアホじゃなくてバカなんだけど。
「最近、バカでキャラを通す事にしたらしい」
 最近、やけにデスノート多いよね、OKWAVE。また事件に発展してるし。
「ん?」
 多分また消えるなー、これは。雑記で取り上げたアンケートは高い率で消える。
「そういう問題ありそうなのばっかり拾ってるからだけどな。なるほど、大体わかった。どちらかっつうと、このアンケートの質問者が悪い。他の回答者の方々はこの質問者様が、他のとこで何をしたかを調べてない」
 そういう結論か。OK。他人の回答にケチつけるのは規約違反だしね、やっぱり。
「この質問者の相手も結構凄いけど、人として当然の反応じゃないかね?ムカつくだろ、普通に「デスノート好きじゃない」って答えただけでバカみたいに噛み付いてきたあげくに、質問したのを見たのか、わざわざ追ってきてわざわざ回答して「罵倒する」。かなり悪質だぜ、こいつ?回答者さん達に「肯定」されて気分いいんだろーがな、きっと」
 そもそもデスノートの解釈なんてその人次第じゃん。答えない描写多いんだし。
「好きか嫌いかって質問だったしな、最初のは。で、次のが、問題になってるやりとり。流れ追ってみるか」
 この始まりの質問の質問者さんも関係してるんだよね。嫌いだって答えた事に対する報復? 「この時の質問者もデスノートを少しでも批判するといちいち噛み付く「だったら好きか嫌いか質問すんな、ボケ」ってタイプだがな。アンケートのとこで好きなもん同士語ってろっていう」

11:14A氏:「デスノートが好きか嫌いか」質問
12:52B氏:他者の回答にケチをつけつつ「好き」と回答:規約違反
13:28C氏:「後味が悪い」と回答
13:52C氏:何を思ったのか「デスノート」の質問(回答してから興味を持った?)
14:27A氏:C氏の質問を「バカにする」:規約違反
15:02B氏:C氏の質問に「真面目に回答」するが、罵倒を浴びせる
15:08C氏:B氏の少し前の質問を発見?B氏を間接的に批判する:規約違反?
15:13B氏:C氏の回答を徹底的に否定:二重の規約違反
??:??C氏:回答のお礼欄でA氏とB氏を批判
15:32B氏:「C氏に批判」され、「不快です」アンケート:規約違反
15:53C氏:B氏のアンケートに「無視すればいい」と回答:規約違反?
??:??B氏:C氏の回答にキレる

 ……どっちも執拗だよね、どーやって見つけてるんだろ?
「BさんがCさんのデスノートの質問を見つけるのは簡単だろーな。怖いのはCさんだね。15:08の回答で質問者いじめどうこう言ってるって事は、15:02になされた回答を見て…最大でも6分で見つけた。実際にはもっと早いはず」
 凄いねー。まー、それよりは問題になってるCさんの質問?どこに問題あるのかだよね?全部読まなきゃ質問しちゃいけないって事ないだろーし。
「こんな質問しょっちゅうだろ?この号を読んでないんですが、何でこんな事になってるのかとか。これだから信者は…まずは日本語を理解しろってのもあるが「又は」つってんだろーが、両方書いたとは言ってねぇ」
 まあ、松田さんを操る事が出来たとして、松田さんは「殺してない」んだから、「書いてない」けどね。
「でも、デスノートの質問なんざこんな「まずは読み直せよ」ってのばっかりだがな。後は日本の捜査チームすか?…実際、何もやってなかったと思うんだが、私も」
 ヒドいです。結構頑張ってたです。ただ単に役に立ってなくてニアにまで邪魔扱いされちゃったってだけで。
「実際、全部ライトが指揮してたんだろーなー。第1部から第2部の空白の時間」
 連載中、無能だの小学生だのそんな単語が雑記で何度も出たもんなー。
「命がけだったのは認めるが、それとライトに任せっきりで自分達の判断で何もしてなかったのは事実。ニアに「オタクんとこの大将はどう考えてもキラだぜ?」って言われてようやく少し動いただけで。…ムカつくぐらいに何もしてないんだが」
 そうじゃないと話が成り立たなかったのかもしんないけどね。ニアの出番なくなっちゃうし。
「描かれたとこしか見ないからなー、信者。まあ、それはそれとして、悪いのはBさん。でも、「明らかにBさんの回答を見てから、Bさんの質問を探してふざけた回答をしておいて「せっかく回答してあげたのに」とか言い出すCさんも悪質」
 いたなー、そーいう人。いたよね、ウチにも。掲示板には「書いた時刻」が記録されてることさえ目に入らなかったのかなっていう、成り立たないアリバイ工作っていうか。
「アリバイじゃないわな。どっちが先に書いたか一目瞭然だよな?つう「誰も見てない掲示板」利用するのは良かったが、時刻が記録されるっていうあまりにも基本的なとこを見逃してたのはステキだった」
 さーて、明日にはどんだけ残ってるか。
「最初の好きか嫌いかってのは消えないと思うけどな。まー、1人で規約違反重ねてる人いるんで微妙だけど」
 Cさんがお礼で言ってる「体質改善」ってのは「その質問者いじめの体質やめろ」じゃなくて、その前に答えた質問の事かな?
「二重にだろ?つうかBさんはホント…読み直せだな。日本の捜査チームが最終的にライトに対して何を行ったかとか。ニアに従って「何もしないかった=泳がせておいた」だろーに」
 そーいうのは「泳がせた」っていうんだろーか。結局一番の謎はミサなんだよね。
「もうあの辺り結構テキトーに読んでたからさ、ミサは「所有権放棄」してないと思ってた、ライト騙して。ライトへの思いが残ったってまた記憶失ったらどうなるかっていう」
 でも、ライト君には絶対服従でしょ、彼女。
「ヨツバ編の時にもライト騙してたぜ、彼女は。結果的にライトの為になるって「自分で思えば」やっちゃう」
 もう覚えてないから何とも言えないなー。
「読み返せって事だよな。所有権放棄してるのが確実な描写がどっかに。いちいちツッコミ入れてた頃は細かく見てたけど」
 まあ、ミサの態度見る限りは「デスノートの記憶」は無いよーに見えた。女優だから謎だけど、演技なのかどーか。
「キラの正体を突き止める事が出来ればそれでいい。後はどうなろうとってのがLだったのに対して、ニアは口ではそんな事言ってたけど…実際はどうなのか」
 松田さんの推理通りで、魅上さんを殺してたって思う?そーだとすると、ミサも殺しちゃってるよね。
「何でだ?まあ、そうだとしてミサが死んでたなら、あの話をしてる時に松田さんはその名前も出してるはず。つまりミサがあの時点で死んでたとしてデスノートで操れる期間外。最低でもニアは関わってない」
 んーーー?ライト君を捕まえれば…魅上なんて小者はどうでもいい。正義の為に動いてたわけでもないし、裁く権利も無いし、魅上さんを殺す意味は無い…?
「殺す意味は無くても操る意味はある…まあ、でも使ってないと思うがね。操る意味はあっても、実際ほとんど意味が無い。結局よくわからんのだよ。多分回答無いし。だからそこからミサがどうなったか探る事も出来ない」
 デスノートの記憶無いのは何か確実っぽいけど、ライト君が心臓麻痺で死んだ事実をどう捉えるのか?
「さあ?どう伝えたのかもわからんし、ライトが何で死んだか。キラを崇拝するのを止めさせる為にキラに殺されたって事にしてもいいし」
 無いでしょ、それは。彼女を救う理由無いし…松田さんならわかんないけど。ライト君の悪事はどー説明する?キラに殺されるって事はそれなりに何かしてたって事じゃないとダメだぞ?
「いや、ライト=Lだから。キラに殺されるのって当たり前じゃないっすか?」
 あっ、そっか。そこはOKなんだ。
「で、ミサにはライトとキラが相打ちになったとか伝えればライトが死んだ途端にキラの裁きが止まった事にも彼女は納得しねっすか?」
 復讐すべき相手になるキラもいないなら、それで前を向いて生きてく…のかなー?
「もうその辺りはどーでもいーと思うが。つうかニアがデスノート処分したって方が多くの読者にとって驚きだったんじゃないか?こいつの場合、キラにはならなくてもデスノートをこの先使うだろって思ってた人多いだろうし」
 それも実際どーだろねー?読み切り版の結末とか考えると…処分したフリしてる可能性って残ってるから。
「何もかも可能性だな。デスノートは語られてない部分があるから面白いのかね、やっぱり?」

「あーーーー。ダメじゃん!」
 …深夜に大声…。
「処分したフリ難しいっすよ、かなり。あのノートってリュークっていうオマケ付き」
 むぅ、そっか、不可能じゃあないだろーけど、ホントに処分したって考えた方がいいのか。

2006年 7月 7日

 七夕っ…祭れーーーー。
「ことしもまたななたさいの」
 七夕の願いって誰がかなえてくれんのかな?
「七夕様」
 誰だ、それは。さーて、何願うかなー?りる見習って肉っていうのも。
「で、朝起きたら額に肉の文字が」
 わぁー、七夕様が願いかなえてくれたんだね♪
「ちなみに、七夕様言い出したのはアンタだ」
 …そー言うなら多分そーなんだろーけど、覚えてないし。

 以前から思っていたんだが…短冊の願いというのは誰がかなえてくれるんだ?七夕って愛し合う2人を祝福してんだろ?何でそれで自分達の願いなんか…まぁいいか。
「そうそう、どうせ叶うわけじゃないし」
 夢のない事ぬかすなぁ!
「サンタへの願いは叶える親が多いのに、何で七夕の願いはかなえてくれないわけ!」
 規模が違うだろーがっ!無理な願いは無理なんだ!!
「七夕様はお怒りよ」
 誰だ、それは!

「さっきの問いそっくり返す。誰だ、七夕様って」
 遠くから見ると「七夕」ってセタって読めるよね。何か漢字みたいだったり顔に見えたり。いつだー、これ?
「まだ、あんたが中学生の頃」
 我ながら夢の無い中学生だにゃ。祭れーーー、せっかくの七夕なんだから祭れーーー。
「まあ、こーいうのはむしろ20過ぎてからって気もしないでもない」
 朝起きたら額に肉はやだから…。
「パキラさんを見習って…」
 あー、それはいーや。ここはやっぱりアレですかね、アレ。世界が平和でありますよーにとか書いておくとか、どーですか、ししょー。
「書きたければ書け。ちなみに書いても吊るすとこも飾るとこもない」
 天井にでもぺたぺたってはりつけとこっか。
「魔よけな感じでぺたぺたと」
 毎日毎日、どこ見ても「世界が平和でありますよーに」…ちょっとキツいです、それ。高校生の頃の見つけた。
「何が高校生?」

 んーーー……光ってるよ、ピカピカ。短冊ぶらさげて、3回祈ると思いが通じるんだよね。
「あぁ、そーいえば、もうすぐ七夕ですね、そっちの話しでもいいです」
 七夕はどーでもいーの!!短歌にきょーみないし、ボク。
「というか、普通、笹は光りません。光っていたのはかぐや姫の竹」
 ……かぐや姫ってヘンな趣味。何かいい事あるかな、竹の中?
「健康には良さそーです」

「何か中学生の時より幼くなってないか?つうか自分でさらすようになったか、遂に」
 過ちの時代。とりあえず笹が光ってないと願いが叶わないっていうなら、今こそ魔法の時。
「だから笹無いつうの」
 この頃のボクは何ていうか……バカですか?趣味とか本気で言ってるのか?
「んー、本気で言ってる気もする」
 うあーー。趣味なわけないだろーーーー。…で、何で入ってたのかな?
「趣味じゃないか?」
 竹取物語意外と知らないな。どーやって竹に入ったかより何で竹に入ってたのか。
「竹が好きなんだろ」
 んーー。世の中まだまだ謎がいっぱいある。2025年だいじょーぶなのか、こんなんで。
「後20年もあるし、だいじょーぶだろ。つうか何しに来るんだろね?予告までしてるんだろ?」
 生きるに値する生命体かどうかを調査。答えられないと危険。
「しっかしダイバスターにまで話がずれてるぜ、既に」
 2025年大丈夫なのか?だけで何の話してるのかわかるのもどーなのか。
「ダイバスターBBSでは時々何を勘違いしてるのか調査依頼してる人いるんだよなー」
 それで調査してくれるわけ無いのに。募集してないんだから。
「つうか、そーいう番組でもない。募集するようになったら終わりだ。番組の雰囲気が変わる」
 祭れー。とりあえず、せめてボクの周りだけでも平和であれっと。
「すっごく自己中心的な平和思考だ」
 大事だよ、すっごく?
「あー、PCが…危険。再起動しても再起動しても」
 願い変更。PC直れ。
「今日の雑記に内容が無いと思った人がいたなら、PCが危険でそれどころじゃなかったと察すべし」
 いつも通りだと思うなー。まともにやろーと思えば出来るはず…なのに。
「基本的にやる気無いんすよ」
 ちなみに雑記読者さん用に説明すると、PCは2台あるです。今ダメなのはゆーり用。

2006年 7月 8日

 ういっ!じゃー、まつったことだし、雑記ー。
「PC回復したしな。辞書が壊れてたりして、変換出来ないもんが大量に出てきてるって弊害はあるが」
 魔法使いの力見たか。
「限定的な魔法だな、随分と」
 ゆうまさんみたいな視聴者サービスはありません。
「スカートじゃないしな」
 魔法の力で七夕の願いを確実に叶える!…短慮な人だと「魔法で最初から叶えろ」とか言い出すんだろーけど、そこが素人だね、うん。魔法は何でも出来るわけじゃない!世界の法則ねじ曲げる危険なモノだし。
「つうか魔法使ってねぇよ」
 神様に頼んでも無理だけど、神様が作ったドラゴンボール…神龍に頼めばかなえてくれるみたいな感じかな?
「いや。使ってねぇだろ」
 実は願い変更しました。ゆーりさんと仲良くなれますよーにって。
「あっ!?」
 ダァメだよー、そこは、ときめきイベント発動させないと。
「今日も無意味にハイだな。ならばだ…今日のお隣さんの話を」
 はい!特に誰もいません。離れだから。
「お前バカだなぁ。って感じの言われ方なら全然OK」
 うっ。愚痴来る?
「だから今日のお隣さんなんよ。本気でバカバカ言うのはどうよ?やめちまえ!だの、もうやらなくていい。勝手にやって下さい。俺がやった方が早い。言い訳するな。揚げ足をとるな。やるべき事をまずやれ。アホか、貴様は?」
 揚げ足ってのがびみょーだね。
「何で報告をしない?うるさい!……お前がうるさいわ。机も叩くな」
 そんだけ怒られる人ってのも何だろね?
「相手が無能だって信じてるから、やる事すべてにケチつけるんすよ。まあ、「それがホントなら怒られて当然だわな」ってのもあるんだけど…」
 ん、新人ってのはさ怒られるのも仕事なんだよね?
「その意識持ってるなら、だいじょーぶだろな、多分」
 怒られるのはやだけどね、そりゃ。
「怒られてるんが新人かどうかは知らんが、8誉めたら、2は怒れ。そうでないと間違った社会人になる。40ぐらい怒ってるアレは社会のゴミ」
 ゴミとまで!!
「周りで聞いてる人間にはどっちの人間が有能かなんてのはわかるんすよ、会話で。無能さらけだしてんじゃねぇよ、ゴミ」
 ゴミだったら無能も何も…そもそも生物じゃないですよ?
「命令がいい加減だから、それに対して行われる仕事があやふやになる。出来上がってから文句言われても困るのは命令された方だ」
 ん、それはよーくわかる。何をするべきか、何の為にする事なのかそれがしっかりしてないと、まともな事なんかできるわけがない。
「さて、理不尽な上司は何が理不尽なのか?」
 揚げ足どーこーってのがさっき気になってた。
「OK。それもある。要するに命令がいい加減だった。言われた通りにやった>いつそんな命令をした>解説>揚げ足をとるな。となる」
 だめな上司は絶対に間違いを認めないってやつだね。
「おう。私の場合だと」

>それだと間違っている、今回やるべき事はそんな事じゃない>言われた通りにやれ
 どれだけ説明しても貴方は理解出来ないようなので今回は言われた通りにやった>お前は命令されれば自分で何も調べないでその通りにやるのか?

「と、まあこういう事が普通にあった。アンタの解釈は間違ってる、正しくはこうするべきだ!と主張したのは「私」のはずなのに、何週間か過ぎて、その仕事が間違ってたってなると…」
 記憶のすり替えが起きてますか?
「起きてますね。自分が絶対に有能で相手が「正しい事を言うことは絶対にない」っていう思考が成り立ってるんで、過去の発言の記憶なんかねぇんすよ、奴らには」
 …ってなるとさ…政治家様達の「記憶に無い」って…ホントの事言ってるだけか、まさか?
「……それは怖いな。結局、ゴミの言うことを聞いても聞かなくてもどっちにしても怒られるんすよ、かわいそうに。今日のだけでも」

 わからないならなんで聞かないんだ(わからないから今聞いてるんじゃないですか)
 うるさい!(わからないから聞いてるんじゃないですか!!うるさいは無いだろ)
 お前の意見は聞いてない。言われた事をやれ(貴方の命令通りにやったはずですが?)

「む、うまく説明出来ないな。自分の事でないんで」
 何と無くはわかるよ。
「要するに、わからない事があって聞くと「バカにする」「うるさい」「勝手にやれ」「勝手にやれって言ってる」「もうやらなくていい」「やめちまえ」と延々と罵声が続く。聞かないで自分なりの解釈でやると「バカにする」……以下略」
 勝手にやれって言うなら責任取らないとね。
「すぐ隣っていうか真後ろでやってるんで、もういい加減にしてくれって感じっす」
 うるさいがちょっとヒドいかな?
「「わけのわからない事を」「言い訳ばっかり」「自己満足」「趣味」…うるさいわ、わけわかんないのはアンタだろーが。仕事して趣味言われたくねーよ。効率良く仕事しようとしようとすると「余計な事をしないで言われた事をやれ」だしな」
 言われた事すればいーじゃん、でも、それは。
「言われた事しても怒られるんだがな。仕事が遅いって文句も言うんで、効率良く「後の事も考えて」仕事しようとしてるらしいんすよ、どうやら。すると「そんな先の詳細の事を考えてどうする」とか。……目先しか見てないのか?」
 そこはでも、当事者にしかわかんない辺りだから、どっちが正しいかなんてわかんないよね。
「まあな。でもなぁ?普通、効率化ってのは行うもんだぜ。後になればなるほど、作業が早くなる。「何の目的で行う」かも言わないのに「正しく取得できないっていう結果がほしかったんだ。誰が正しく情報を取得しろなんて言った」とかわけのわからない事言われたらさ。普通、「データを取得しろ」って言われたら、「取得出来るまでやる」だろ?」
 まずは「出来ませんでした」じゃない?
「それが通じる上司ならな」
 ……うぅ。
「このままだと「情報が正しく取得出来ないんで」何か情報ほしかったらしいんすよ。…つうか最初から言えよ、ホント。わざと「失敗」するように誘導してるとしか思えねぇ。毎日毎日よくもまあいびる事があるもんだ」
 そーいうのは犯罪行為に出来ないのかな?
「事件が起きれば」
 それじゃ遅いんだってば。
「実際ムカつくのは同じシマの同僚達っすね。可哀想だろ?」
 裏でその上司の悪口言ってんじゃない?その場でどうこうしても無駄だってわかってるから。
「周りに迷惑なんだがね。うるさいから。机叩けばそれでいいと思ってるそのバカっぷりとか無能は有害なんで始末してくんないかな、責任持って」
 で、自分でやるって言ったのはやってるのかな?
「やらんな。結局、その人がやるか、本気で仕事取り上げて他の人にやらせるか」
 めーわくだからやめて下さい。仕事が増えるとかじゃなくて気まずくなるから、そんなの。
「派遣は見下される事多いんで、それがやなら派遣はやらない方がいい」
 見下されるどーこー以前にいつでも切られる立場ってのが怖いかな。
「謝罪しなくていい。反省もしなくていい。質問に答えろ!…いや、反省はしないといけないんじゃないか、失敗したら?」
 失敗してないんだね、多分。謝罪しなくていーって事は「失敗したのは自分です」って事で。
「まあ、謝罪は無いわな、そりゃ。罪なんか犯してないんだから」
 会社気に入って就職しても、そこにどんな人いるかはわかんないから…クジみたいなもんだよね、運っていうか。
「私の時で厄介だったのは、まず本社があって、そこから別の会社を通じて派遣されてて…」
 問題起こすと、その中間の会社にも迷惑かかるね。
「うい。で、もう…「この2人では仕事が成り立たない。お互いに嫌ってる」状態だって認識してるのに、私を「やめさせない」んですよね、これが」
 パワハラっていうと、ストレスとかで退職に追い込まれたりするっての結構聞くけど…逆ですか?
「逆じゃないんだが。「無能扱い」する割に、彼は「必要」だって思っていてくれたらしくてね、実に迷惑な事に」
 おぉぉぉ、ツンデレ!
「どこがだぁぁぁぁ」
 いや、何と無くそんな感じ。
「何度も何度も交渉して、じゃあ、ここまでって事になって。裏切られて、じゃあここまでって事になって、それでも裏切られて…「やめる」事があんなに困難だった職場ってのも実に珍しい」
 っていうか必要だって思うならパワハラやめればいーのに。
「んー、何か「自分が育てないとこの先困る」だろーから、みたいな。貴様なんぞに育てて貰わなくていーわ!って思ったが」
 いろんな職場があるって事か。
「その職場の総責任者はかなり早い時期に私を切る気でいたらしいんよ…」
 総責任者よりも権限が強いって一体…。
「現場の人間の言葉が強いんだろね。実際、言動だけでなくて仕事の割り振りも無茶苦茶だったっす。これは本社に報告した時の記録がある」
 見たくないよーな…見たくないよーな。
「そーか、そーかならば」
 見せてくれなくていーから。
「まあいいや、リンクでも張っとこーかな。意味わからないと思うが、見ても」
 するなするな、見ても意味わかんないなら更に。
「じゃあ、やめとくか」

2006年 7月 9日

 PSPゲットです。
「何かDSライトもかなり入手が楽になってきたな」
 それはもういいから、ぼくなつの話なんかを。
「プレイしてないんすよ」
 じゃあ、勝手にやるから。
「まあ、待て」
 ん。
「今週のサンデーやってない」
 いまさらやる?
「っていうか雑記自体やる気無い。…昔のゲームの移植作品の評価なんかの話にするかな」
 オンラインコレクション?
ラスブロのアマゾンでの評価は無茶苦茶高い。じゃあ、出来がいいのかっつうとだ…」
 っていうか¥2500は高くない?
「そうかねぇ?何で高いって言われるんだろな?」
 崩壊してるかな?
「グラフィックはともかくとして…SS版に大きく劣る内容なのにもかかわらずこの高い評価。でも、それは異常なのか?つうと、そうじゃないと思うんすよ」
 好きだったゲームが今プレイ出来る。SS版の出来がよかったとしても今更SSじゃ、ね。
「うい。何でそれがプレイモアファンには対応しないんだろーね?オンラインコレクションと構成はほぼ同じだぜ、これ?価格だけで言えばオンラインコレクションより上だし」
 だよね!高いよね?
「高くはない。ラスブロは人気あるなー、やっぱし。セガ対戦格闘で唯一好きなゲームだし、買うかな?」
 続編は出ない、でも。VFの続編は出るけど、FVも出ない。
「バイパーズは2ではずしたから」
 1回の失敗で何を。っていうかさ、やっぱり高くない?新作じゃないんだよ?
「わからんなー。セガと同じ事をプレイモアがやると酷評される。どうなってんだかなー?」
 同じじゃないのかな?
「あー、餓狼伝説は期待されてるな、安いって言ってるし」
 いつからファンになったかの違い?ネオジオほしいけど高くて買えなかった人とかは安く感じるとか。
「まあ、今回の4本だったら…中古にはなるけど、家庭用ネオジオで同じぐらいの価格で買えるけどな」
 場所取るし、おっきいから。いちいち差し替えないといけないし。リョウ最初から使えないし。
「何で餓狼3のボスには触れないんだろーか、記事で?あの3人も多分最初から使用可能になってると思うんだがね、今までの傾向からして」
 実はコマンドが必要。
「無いと思うがなー。でも、リョウはCPU戦じゃ使えないと思うんだがなー?どこの雑誌だろーか?」
 使えるとしたらプレイモアはかなりがんばったって事になる。かなりね。
「あーーー、かなりだな。でも、それだったら餓狼2のボス4人をステージ限定してでもいいから対戦で使用可能に…」
 餓狼2はそもそもが望まれてないよね、多分?どうやって使わせるのかって問題あるし。
「つうかさ、対戦終わるごとにゲームオーバーになる2P戦モードが最初から使えるってだけなんだろ、餓狼SP」
 アレも当時のネオジオの常識からすれば、がんばったつくりだったはずです、多分、良く知らないけど。
「あー、全般的にアマゾンだと評判いいのか。これが一般的な意見なんかな?」
 どこまでが一般的なのかっていうのがわかんない。龍虎はやっぱしあんまし良くないね。
「オリジナルのゲームが面白いかどうかってのがあるから。あー、発売延期もいい方に捉えてるな。発売延期をうだうだ言うってのはプレイモア以降から起きた事かな?」
 っていうかSNK時代には発売延期って概念自体があんまし無かったんじゃ…。
「無くはない。NBCみたいにあまりにも発表が早すぎる作品はともかくとして、発売延期自体は批判の対象には本来ならん」
 理由書いてるしね、オロチ編の時もネスツ編の時も。オロチ編の方のは、そんなんで延期するなーって思ったけど。
「何だっけ?」
 ネオジオスティック3の数が揃わなかった。
「……あー、それは…」
 限定版の発売延期するとかさ。
「多分、売れなくなる…先に通常版買っちゃう。むしろ汚く商売するなら限定版を先に」
 批判産むような事しなくても、そんなハピネットみたいな商売の仕方はだめです。
「ネスツ編3つって時点で明らかに今までのよりも容量が膨大。なのに、DC版&NG版?そーいう事するとさ、過去に遡って…」
 何で98が無いのか、とか何でPS版月華入れてくれなかったんだ。何で2幕Final入れてくれなかったんだ…以下略。
「つうか98が無い理由はわからんね。もう入れるとこないじゃん」
 ドリームパック。94、98、02、NW。
「それはまた…お得だな。NWがあるだけでも」
 ね。
「あったとして、NWは無いな」
 94、驚きの2回目の移植!
「いらんなー。RE−BOUTは収支でマイナスだったんじゃないだろーか」
 お金かかってそーだよねー、アレはかなり。売れる自信もあったんだろーし、多分。
「もしアレが売れてれば、オンラインコレクションに文句つけてる連中が言うようなものも出てたかもしれんが、商売にならんもんは作らんわな、そりゃ。つうかいらんし、ハイレゾ化したようなの。値段変わらないならいいけど」
 無茶言うな。
「とりあえず少しでも叩かれないようにするには「PS2版追加要素としてリョウ サカザキが」とか誇大広告をやめるとか」
 追加要素って言葉使うのはまずいねー。全然追加じゃないし。っていうか、3のボスは普通に「コマンド」、まさか?
「龍虎もKOFもコマンド不要にしてたし、無いと思うがなー?」
 オンライン対戦では使えないようにしてるとかかな?
「テリーが使えるなら、ボス3人OKだと思うぞ。特に崇秀は大した事無いし」
 テリーが使えなかったら、問題ありすぎだから、そんなの。

2006年 7月10日

「そろそろ雑記いいすか?」
 んーーー、あとちょっとだけ。日記つけるまで。
「雑記だっつってんのに」

 夏休み楽しんでる?
「夏休み自体無ぇよ」
 そんな人の為に「ぼくなつ」!もう半分ほど終わった。
「短い夏休みだ」
 初回プレイだと、どーしてもプレイし始めた頃の方が手間取るから、時間が長く感じちゃって、この辺りが上手いよね。夏休み後半は何か時間が短く感じるってのが再現されてて。
「別に再現したつもりは無いと思うが」
 んー、何かあっさり1日終わるんだけど、最近。
「そして来年はぼくなつ3か。牧場なのか?」
 牧場はどーだろね?それっぽいのあるし。
「じゃあ、島で」
 ぽやっちお?
「主人公は性別選べるように、是非」
 最上莉奈さんがヒロインなんだろーか?遂に…ヒロイン?
「誰だよ、それは」
 ふっ。ちなみにです、今回のって1のリメイクなんだけど…その当時のボクくんがリアルタイムに成長した年齢で新キャラとして登場してる。
「意味わかんねぇ」
 要するに多次元っていうか…プレイヤーの感覚かな?昔、1をリアルタイムにプレイした人の「ボク」って15歳でしょ、今?その15歳のボクらしきキャラが謎のお兄さんとして、ね。声優さんが当時のボクだから多分、そーいう事かなって。
「あー、それは彼にとっても感慨深かろうな。昔の自分と会話する事になるわけだろ、ゲーム中とはいえ?」
 そー、そーいう事!!
「それ、2でもやって欲しいなー」
 他のキャラには絡めないんだけどね。
「初代ボクの声優って、アレだろ、2で洋兄ちゃんやってた…実年齢いくつなんだ?」
 18歳じゃなかったかな?
「3歳のズレ?」
 ぼくなつの発売は2000年でも収録はその前だし。収録時点で「ボクくん」より年齢上だったみたいだし。
「そっすか、3にも出てくるんだろーか」
 初代ボクと2代目ボクと。何か洋兄ちゃんとも演技違ったけど、今回。洋兄ちゃんの何か投げやりな生き方っていうか、人生に絶望してるかのよーなあのしゃべりが好きだったのにー。
「洋兄ちゃんはそんな人ではない」
 とりあえず…する事があんまし無い。時間は有り余ってる、夏休み。さあ、何しよう?
「つうか、富海で何かしたか?やろうと思って何かしたっけか?王冠とか集めようと思って集めてたわけでもないし。ふと気づくと全部揃ってたっていう」
 冒険してるといつの間にか。でも、もう行ける限り行きつくした。マップ見るとまだ行ってないとこはあるけど。問題はさ、虫図鑑が、虫を標本にしないと埋まんない事かな?やだってのに、殺すのは。
「2はその点が改良されてたな。でも、小学生は気にしないぞ、ホントに。命の概念希薄だから」
 そこまでボクくんになりきるつもりは無い。おばさんが捕まえてくれたホタル…それを標本にするなんて事出来る?
「まあ、ホタルは寿命短いしな。ホタルに限んないけど」
 ぼくなつの昆虫は立派だー。エサもやらないのにどんだけでも生きてるし。何で人いないんだろ、あの街?
「その疑問を持たせない為に富海はけったいな設定があったわけか」
 ぼくなつは2で完成されたっぽいし、3でどこまで出来るかかな?
「PSの新型が出る度に出るんだろーか?」
 PS4が出たら、ぼくなつ4が出る。PSP2が出たら、ぼくなつ2がリメイクされる。
「まあ、楽しんでくれ、夏休みを。で、ネタバレな話はするな!8月になったらプレイするから」
 してないじゃん。謎のおにーさんはマニュアルにも書いてある事だし。
「ならいーです」
 じゃー、また夏休みに…。
「寝ろよ!おかしーよ、その夏休みのすごし方絶対。徹夜する夏休みおかしーって」
 徹夜したってバレてる!?

2006年 7月11日

「まだっすか?」
 んー、まあいっか。
「おぉ、クイックセーブ」
 そんな機能は無い。虫相撲に時間取られるよーになって1日が長くなった。
「あの恐怖のゴキブリ対戦」
 特にカブトのメス…。
「ゴキブリ参戦」
 不可とします。
「実際、リアルな虫相撲なんてのは残酷だから見たくないがな」
 秘密兵器やっと倒したし、虫相撲は終わり。後は残り10日ぐらいしかない夏休みを。
「短い休みだなー」
 2と違ってもう1周しよっかなって思えたからね。入り込めるけど、どっかでゲーム感覚あるし、2と違って。
「最初に触れたのが2だからだろ、多分」
 昆虫は全部揃うか!もう割り切って次々と標本に…。
「冷たい女」
 何とでも言えー。絶滅寸前の虫も容赦なく標本に。
「そんなものがいるってのが凄い」
 なのにツクツクが何故か未だに…うるさいぐらい鳴いてるのに。
「ちっちゃいからな、ツクツク」
 ゲーム的には小さいも大きいも無い。もっと小さいのも平気で。
「テントウムシを補虫網で捕まえる世界だからなー」
 それは2。真夏の昼にヒグラシ捕まるのに何でツクツクいない!
「相変わらず辺りかまわず虫が散乱してるっすか」
 どこだよ、ここってぐらいにいっぱいいるね。容赦ないぐらいに。マツムシとスズムシが同じ虫だってのが意味わかんなかった。
「何を意味のわからん事を」
 山登るから、そろそろいい?
「ジャンプの…ツギハギ終わったし」
 うい。まあ、妥当。もういい?
「…いいっす、やる気無いし」
 山登るから。

2006年 7月12日

 ボクの夏は終わりました。
「高校野球で負けたみたいな」
 なんかもー、秋。
「7月なのに」
 しょーーーーじき、エンディングは微妙だった。謎のお兄さんの正体も、多分こーなんだろーなーって思うけど、正解は無い。
「ロケット飛ばしたんすよ」
 それは富海での夏の思い出。過去の話として捉えたくないんだけどなー。夏が終わってすぐにってのは。
「今の夏休みはゲームにしてもな」
 そーじゃなくてさ。3は親戚の家って展開無しにして欲しいかな。別れのエンディングばっかりってのもどーかって。
「ただ、それだとボクくんとプレイヤーの間に情報格差が生まれるんすよ。ボクくんにとっては知ってる街、知ってる人…でもプレイヤーは知らない。これだと、ぼくなつ足りえないんすよ。一般的なゲームならそれでもOKだろーが」
 そっかー。家族で旅行とかって展開だと、親戚の家と変わんないしなー。…結局、あの街は何で人がいないんだろーか。登山口の開け閉めしてる人とか、子供達の親がどっかに…どっかにいるはずなのにぃ。
「多分普通に存在してる。ただ、ボクくんにとっては何の関係も無い人物。そんなのをいちいち描く必要も無いし、そんな人をいちいち覚えてるわけがない。昔の回想だから、一応、ぼくなつは」
 なーんか、2の宣伝する先生がいたり…それはダメだよねって。ん、ダメだと思う、やっぱり。
「1975年の世界にぼくなつ2が既に!驚きの新情報」
 そして、ボクくんは驚愕の事実に遭遇する。21世紀…ぼくなつ2発売。先生が言ってた事は正しかったと!!
「予言家か」
 海で泳ぐにはどうすればいいのか?…そんな質問するボクもボクだけど。
「海に入って勝手に泳げ」
 はい!水着ありません!っていうか着替えすらありません。毎日同じ服でした!
「汚いだろ、それは」
 毎日走り回ってるから、かなり汗が。
「まあ、水着は無くても構わんだろーが、問題は海だ!」
 あるよ、いちおー。
「よし、ならば勝手に泳げ」
 ぼくなつってRPGだのか、シミュレーションなのか。
「RPGじゃないか?」
 勝手に大人のボクが昔の思い出語るのはRPGなのかどーか。
「RPGだと思う」
 結局、虫は後ちょっと届かなかった。タコは8種類全部あげた。
「じゃあ、終わったって事でだ、今週のジャンプいいな?」
 いいよー。何かまだ2周目する気しないし。
「んでは…特に無いなー」
 ツーギーハーギーアンブレラ。
「ツギハギは意外と良かったよーな気はする。終わってみると。ボッコリつう偉大な発明もしたし」
 アンブレラって偉大な発明もしたし。
「設定が無茶苦茶だったけど、後から後から…デスノートよりはマシな感じで」
 設定の付けたしがか?ツギハギ以下なのか、大場つぐみ。
「さて……………やっぱり無いなー。ツギハギ終わっちゃったらジャンプも無いじゃん。サンデーもネコ以外語るもんが無くなって困ってんのにさー」
 久々にネウロなんかは?
「たいぞーの大量コーヒー吹きは良かったな、うむ。あの不自然なまでに大量の」
 血。
「どっから吹き出たんだ、大量の血」
 血じゃなくてコーヒーだった。
「特に無いからもういいわ、夏休み再開してくれ、勝手に」
 ボクの夏はもう終わりました。暑かったけど、いい夏休みでした。
「もうちょっと長い夏を」
 大人のボクと萌おねーちゃんとで「恥ずかしい台詞禁止」言いたくなる事ばっかり言うのはどー思いますか。
「靖子おねーちゃんも恥ずかしい台詞を随分と言ってたと記憶している」
 小学生相手と思ってなめるなー。一生その恥ずかしい台詞がボクくんの心に残るのだ。
「普通は残らんわな」
 ボクくんは記憶力がいい。
「つうか捏造してるかもしれん」
 それは有り得る。どう考えたってあんな距離移動しただけであんなに時間とられるとは…。
「走るより泳いだ方が早かった富海の夏を私は多分一生忘れない」
 直線で移動出来るからって事で。
「それにしたって…」
 移動手段は主に海。アレは多分狙った結果。存分に泳ぎたまえっていう。
「存分に泳いだぞ。時間はいくらあっても足りなかったし」
 有り余ってましたー。
「多分その余ってるって方が正しい。ゲームとして正しいかどうかは知らんが」
 正しいも間違いも無くて、そーいう夏だったってだけ。

2006年 7月13日

 やっぱり夏はいいね、夏は。季節ん中で一番好きだ、夏。気温高いけど。
「フム…びみょーに狙ったか?」
 む。
「普通、気温高いじゃなくて、暑いって言うしな」
 いきなり、加山さんっぽくしてみたくなった。最後だけ。
「まー、夏はいいな、暑いし」
 そーなんだよ、そー。気温高いのはやだけど、暑いのはいいんだよ、暑いのは。暑くない夏なんか夏じゃなーい。ちなみに今回は教頭せんせがお気に入り。
「じゃあ、萌ねーちゃんに萌えるとしよーかな」
 ゆーりの趣味とは違うと思うなー。ゆーりの場合だと、今回は……前回はタケシにーちゃんだっけ、一番懐いてたのって。
「靖子ねーちゃんとサイモンとじいちゃと入院患者と洋兄ちゃんと女子大生と…割とほとんど全員好きだった」
 あ、あーーー。じゃあ、おおかみ娘かな?
「勝手に人が気に入るであろー人を予測するな」
 女子大生とほとんど同じだから、彼女。ボクくんとのやりとりとか。
「ほぉ?」
 でも、教頭せんせだよなー、今回はやっぱり。1回終わったんで、情報集めてみた結果として…教頭せんせは新キャラだった。
「新も旧も無いんだけどな、PS版触れてない以上は」
 ボクくんとの会話が基本的に成り立たないって違いがある。使えるのって相槌系とか、そんなのばっかしだから。
「まあ、プレイしてからにするわ。じゃあ、今週のサンデーな」
 終わりが見えてきた、犬夜叉とガッシュ辺りでどー?
「ネコで」
 …まだネコか!何か最近つまんないんだけど、本気で。
「何を言うかー。常に一番後ろにあるサンデーで最も安定した漫画だぞ、アレ」
 まー、探す必要無いし、一番後ろってのも高く評価されないと無理なのかもしんないけどさ、そりゃ。
「俺様の時はいっつもハンパな位置にいた事を思えば今回のペロ先生は期待されているのだよ!!」
 でも、つまんないし。
「そーかー?かなりいいと思うんだがなー」
 具体的にどこが?はっきりと具体的に納得のいく説明を求める!
「毎週何故か最低1コマはネコが登場するとこ」
 む、それは確かに。ドラゴンボールなんか、ドラゴンもボールも出ないしな!
「出ないしな!つうか、ドラゴンボールで1つの単語だ」
 ドラゴンボールも出ないしな!でも、何か「何故か」とか言わなかった?
「何であの漫画はネコが出るのか」
 ネコ漫画だから?
「その貴重なネコ…姫ちゃんを使って人気を稼ごうとしないその辺りとか、休まない事とか、他にもいい事は」
 サンデーは休載率がそもそも低い。
「もう1歳過ぎてるし、姫ちゃんもすっかり大人になってるはずなのに…「ホントに飼ってるのか?」ってぐらいに状況報告が無いのも良い」
 幻の猫。
「ネコなびはまだ単行本化されないんかね?1年経つんだが」
 担当が國友さんに変わってから面白くなくなったかな?
「キャラとしては近藤さんの方が好きだった。ただ、彼が担当してた頃の末期のネコなびは見るに耐えない内容に…」
 ネコ漫画である事だけは捨ててなかった頃だよね?
「その縛りがあったからダメな方にダメな方に。でも、近藤さんの方が良かった」
 帰ってきて下さい、久米田センセー。
「じゃあ、ネコはここまでにして…久々にガッシュ」
 ダメ?
「散々休載したあげくによくもここまで悲惨な展開をっていう。死にかけたっていうだけで、特に何の成長もしてないはずなのに、意味もなく急激にパワーアップ」
 今更、ピヨマロ君出てきても何にもなんないじゃん。このウサギザル恐怖で狂った?とかそーいう事を多分、言うと思ってました。
「…人になすりつけんな」
 いや、ボクは思ってないよ?全然。
「強力なザケルならアンタらの大将が使ってるわけで、今更驚く事ではない」
 それをガッシュが使うから驚いた。
「アニメ版とどっちがヒドいかってレベルになってきた。石版魔物編までは間違いなく名作だったのになー」
 長く続けるとどーしたって無理が出てくる。最後ってブラゴとの戦いなんだろーけど…盛り上がるのかな?
「描かれるのかな?」
 描かれるとしたらブラゴに勝って欲しーけど。ガッシュが王様じゃ困るし。
「つうか、王様って何すんの?」
 統治。次はサッカーなんかどー?地味ーに進行中な。ツリ目くんが萌え狙いなのかなーとか。
「魅力無いキャラばっかりの中、ツリ目くんは良いね、実に。キャラに魅力無いのに十分に読める内容だってのが謎だ、サッカー」
 ツリ目くんががんばってるから。名前覚えてないけど。
「何か今回、ツッコミ入れてなかったか、名前間違えられて?」
 それは覚えてるけど……あー、蓮場クンだ、確か。思い出したとこで、ツリ目くんだけどさ。
「次は柔道かなー?相変わらず主人公が無敵アドバイザーなのが、もう…万乗センセー、これだとゴルフから柔道に変わっただけじゃないすか!としか」
 アドバイザーとしても優秀で選手としても優秀。今回の場合、練習シーンも全然描かれてないから、最初から無敵。
「王者っつうのは強いから王者なんだと思うんだがねー?実戦経験がほとんど無い上にゴローくん以上に思い上がったお子様がアドバイスするだけで女の子でも2連勝出来て、自分より遥かに体重が重い相手にまで技ありをとれる。どんな王者だよ?…橘みたいにムカついたりはしないけど……ヒドい漫画だ」
 大会に入る前は結構期待してたし、今も期待してるよ。何か面白いことになるんじゃないかなーって。
「息子に甘すぎる上に頭がイカれてる親父とか。どういう態度で接して読めばいいんだろーか?ギャグ漫画じゃあないと思うんだが、柔道を描く気も無いと思うんよ」
 柔道じゃないだろね、描きたいのは。武道っていうか、武の心でしょ、タイトルからして。
「あいつはメンバーに選ばれたのが不思議なぐらいな以下略な台詞を一応はまともな漫画で聞く事になるとは思わなかった」
 その台詞が出た時点でまともじゃないって判断をしてみる。
「漫画で先鋒なんてやるもんじゃない」
 速攻生徒会でも先鋒は危険だって言われてたっけー?
「危険すよ。敵でも味方でも。でも、フェニックスチームは最初に出てきたマンモスマンが一番強かったかもなー」
 最初に出てきて負けるのがまずい、敵の場合は。
「最初のはやたらと強いけど、後になるとザコって展開もあるにはあるんだが…」
 ま、武心は結構期待して見てる。ダンドーみたいに打ち切られないといいなーって。
「アニメ化にあわせての復活は漫画家に負担だからやめようっていういい例だな。うえきもいっそ、打ち切り宣言した方が作者とファンの為って気がするし」

2006年 7月14日

 2回目の夏休みってのもいいもんだね。普通ありえないし。
「PSP買おっかな?」
 ん?8月にはさすがに終わってるし、使っていーよ?
「そうだとしても…1人1台じゃねっすか、やっぱり?」
 んーーーー、何かPSPでプレイしたいゲームってある?
「今んとこない。ぼくなつに興味あるだけ」
 なら、あせって買う必要無いし。
「そっかー。むしろそろそろDSライトか?」
 ブラックカラーもすこしすると出るから、それまで待つといいかな、それは。
「DSは結構あるんだよな。どーせプレイする時間も無いからってあきらめてるけど」
 でも、マリオは散々プレイする、っと。
「アレはかなり遊ばせてくれた。まあ、とりあえずは…」
 2回目の夏休み。1周目と合わせると虫もほぼコンプリート。後はツクツクが…。
「まだ、とれないんかい!!」
 セミ自体がレアなんだよー。レア扱いされてるトンボとか蝶より出現率低いし。逃げるし。捕まえよーとすると木ぃ蹴るし。
「……あー、木に密着するとそーいう事しちゃうんだ」
 蹴るっていうか、甲虫探しなんだけど。
「セミなんて夏になるとどんだけでも捕まえられたがなー?」
 それは2の時に聞いたぞ。素手でも捕まえられたって。
「おう。まあ、ほとんどアブラゼミなんだが…ミンミンとか、鳴き声だけ聞いてるとミンミンやかましいのに、何故か結構レアっつう」
 アブラゼミか…苦労した、かなり苦労した、2周目は。
「あんなに大量にいるセミが」
 都会のセミなんだ、きっと!
「んーーーー、まあネタも無いし夏休みの話でいーか」
 だいじょーぶ、ネタバレは…あんまししない。会話とイベントの順番がズレてて、意味わかんない会話で「???」な気分になるのは愛嬌って事で。
「それはイベント追加の弊害なのか、PS版からなのか」
 日にち固定のイベントとそうでないのと…イベントが起きる条件満たしてるけど、それより大きなイベントの条件も満たしててそっちが先に発動して、もう1つのは翌日以降になったりして、多分それで起きる。会話は固定されてるのがほとんどだから…。条件設定表か何か見逃したんじゃない?
「そうならないといいなー」
 ん、ホント、何言ってるのかわかんなかったから。アレ?会話聞き逃した?いつの間にそんな事になってたんだっけ?ってそーいう気分になれるから。あとは、2周目で思い出させられたのが「ボクくんは泳げない」って事実。
「あー、海があっても泳げない理由か」
 つまり!ボクくんが海で泳ぐにはどうすればいいかって聞いたのは「どうすれば泳げるようになるか」ってのを「かなづちだってのがバレない」ように聞いた。
「善意の解釈」
 2周目で危険だったのは虫の引継ぎかな?なーんか今回からの新要素らしーんだけど…バランス調整してないっていうか、テストプレイしたのかなっていうか。
「2周目だからいいんすよ、虫相撲で秘密兵器倒さないと行けないエリアあんだろ?でも、2周目以降そんなの…」
 にゅ、違うな、それは。注文が多い間違い。ちっちっち!って感じで違う。
「ほぉ?」
 虫相撲に使える甲虫を最大で3匹まで引き継げる。で、これって「秘密兵器」に勝てない人の為の救済要素なんだそーだ。
「おう」
 ところがなのだよ、ゆーりくん。虫相撲に勝てば勝っただけ、相手はどんどん強い虫を投入してくる。ボクくんは最初から3匹も強い虫持ってる…。どーなるかわかる?
「わかった。しっかり後の事考えろと」
 そーーーーーなのだ。強い3匹で戦ってると一瞬で相手が強くなっちゃって…他の虫育てるのがかなりキツくなる。まー、そんなのは普通にプレイしてれば気づく…んだけど、1周目で秘密兵器に勝てないよーなプレイヤーの場合は…。
「それに気づかないで…3匹で頑張ってプレイして…」
 秘密兵器に蹴散らされるんだろーなーって。3匹じゃ勝てないから、アレ。
「ザリガニか?」
 んー?へっへっへー、秘密兵器は秘密だから秘密兵器なのだよ、ゆーりクン。
「あー、ザリガニじゃないのはわかった」
 それはどーかなー?体力回復しないのは2と同じなんだけど、連戦しないと回復しちゃうらしい、攻略サイトによると。何日もかけて倒すのは…無理、つまり。
「…初心者つうか秘密兵器に勝てないレベルのプレイヤーの視点では多分テストしてなんだろーなー、だとすると」
 今回のは体力回復しない仕様になってるのかもしんないけどね。
「それならいつかは勝てるだろーな」
 なってないとすると、初心者殺しです、この仕様。後戻りきかないからねー、強くなっちゃった対戦相手。
「その分、強い虫を捕獲出来りゃいいんだろ?」
 秘密兵器倒さないと強い虫捕獲出来ないんだなー、これが。
「……ダメじゃん、むっちゃくちゃダメじゃん、その仕様」
 引き継ぐなら3匹じゃなくて全部引き継げるか、1匹だけか。どーせなら昆虫図鑑ごと引継ぎたかった。
「コンプリートしたかどうかわかりやすくか?」
 うい。
「そーいうのはアンケート葉書に書いて送るんすよ」
 あったかな?…サントラCDって無い?
「多分無い」
 そっちだな、ゲームシステムより。
「ゲームメーカーに送っても無駄だと思うが、そーいうのは」

2006年 7月15日

 2回目の夏休みももーすぐ終わりそーで、気分はまた秋な悠です。悠だよ。悠でした。
「1周目より早ぇっすよ。ゆっくりって言ってんのに」
 エンディングの条件とかネットで調べてみて…5種類もあるって事に…やる気なくした悠でした。
「5か…5は多いな」
 2と違って条件が不可解っていうかエンディングと直結してないのも納得いかないのです!イベント増えてるからちょっと変わってるかもしんないけど…特定のイベントを何個こなしたかで。
「まあ、1作目だからな」
 PS版と同じと考えると、15のイベントの中で14個体験してたから、1周目はエンディングパターン5。って事で今回はわざと体験させないで4を狙ってみてます。
「1個逃してるのが何かリアリティあるなー」
 まー、これはいいかな?言っても。朝顔を9日間咲かせ続けるっていうの逃してた。咲いてた日数分、写真あるんだけど…8枚しかなかった!!
「…飽きて水やり放棄したな、貴様」
 咲いちゃったらもうどうでもいいかーって途中でやめちゃいました。あと1日、あと1日やってればパーフェクトだったかもしんないのにって思ったら昔のボクにムカついた。
「まあ、何の情報無くても普通にそこまで行くなら…」
 夏休み楽しもうと思うとどれも自然と体験しちゃうから。朝顔は例外として。咲いた時点でもう思い出たっせー。後は他の…。
「花にも愛を」
 ごめんなさいです。
「新エンディングとして虫をコンプリートすると」
 限りなく無理です。後、何が残ってるか1周目とあわせて見てみて…それでもまだ数匹残ってた。
「具体的には?」
 名前?言っても意味無くない?
「いや、雑記読んでる人には通じるかもしれんぞ。「あー、それ取り逃がしてるのかー」って」
 でも、標本にして初めて名前埋まるから、それで正しいかどーかはわかんないぞ。逃してるのってレア虫ばっかりだから、間違ってないとは思うけど。
「そーいう時こそネットだろーに」
 PS版から2倍に増えてるから攻略サイト意味ないです。
「PSP版の探せよ!」
 答えみたいわけじゃないんだよ!!エンディング条件だけ見たかっただけで。とりあえず表作るから待ってろです。

名前捕獲
アゲハチョウ
キアゲハ
クロアゲハ
モンキアゲハ
オナガアゲハ
カラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ
ジャコウアゲハ
アオスジアゲハ
ミカドアゲハ×
ウスバシロチョウ
モンキチョウ♂
モンキチョウ♀
キチョウ
ヒメシロチョウ
モンシロチョウ
エゾシロチョウ
ツマグロキチョウ
スジボスヤマキチョウ
スジグロシロチョウ
ミヤマモンキチョウ
クモマツマキチョウ
ヒカゲチョウ
クロヒカゲ
サトキマダラヒカゲ
ベニヒカゲ
クモマベニヒカゲ
ジャノメチョウ
ヒメジャノメ
ミドリヒョウモン
ツマグロヒョウモン
メスグロヒョウモン♂
メスグロヒョウモン♀
アカタテハ
キベリタテハ
ヒメアカタテハ
キタテハ
ヒオドシチョウ
エルタテハ
シータテハ
ルリタテハ
クジャクチョウ
オオムラサキ
コムラサキ
スミナガシ
オオミスジ
コミスジ
イチモンジチョウ
オオイチモンジ
ゴマダラチョウ
サカハチョウ
テングチョウ
アサギマダラ
ウラギンシジミ
キマダラルリツバメ×
ウラクロシジミ
オオミドリシジミ
メスアカミドリシジミ♂
メスアカミドリシジミ♀×
キリシマミドリシジミ
ヒメシジミ
ゴイシシジミ
スモモシジミ
クロシジミ
シルビアシジミ
トラフシシジミ
ミズイロオナガシジミ
アカシジミ
ベニシジミ
ルーミスシジミ
ミドリシジミ
ハヤシミドリシジミ
アサマシジミ
ヤマトシジミ
ツバメシジミ
アオバセセリ×
キマダラセセリ
ヒメキマダラセセリ
ダイミョウセセリ
ギンイチモンジセセリ
ミヤマクワガタ♂
ミヤマクワガタ♀
オオクワガタ♂
オオクワガタ♀
ヒラタクワガタ
コクワガタ
ノコギリクワガタ♂
ノコギリクワガタ♀
アカアシクワガタ
オニクワガタ
カブトムシ♂
カブトムシ♀
スジクワガタ
ヒメオオクワガタ
ヘイケボタル
ムカシトンボ
ミヤマサナエ
オニヤンマ
ギンヤンマ
シオカラトンボ♂
シオカラトンボ♀
ナツアカネ
アキアカネ
マユタテアカネ
コシアキトンボ
ベッコウトンボ
チョウトンボ
カワトンボ
クロイトトンボ
キイトトンボ
モノサシトンボ
ベニイトトンボ×
トノサマバッタ
ショウリョウバッタ
クツワムシ
クサキリ
ハヤシノウマオイ
キリギリス
エンマコオロギ
クサヒバリ
スズムシ
マツムシ
ニイニイゼミ
アブラゼミ
エゾゼミ
ヒグラシ
ミンミンゼミ
ツクツクボウシ×

 ピンクがレア虫で、赤字がまだ取れてないやつ。×もつけといた。
「むぅぅ、縦に長ぇ」
 文句言うなーーー。
「ツクツクが…」
 天然記念物だから。
「有り触れてるっすよ!」
 どっかに行くついでに虫とってるだけだからどーしても集まんない。
「甲虫は結構ヒドくねぇか?虫相撲で使うんだろ?」
 虫相撲で交換して、その場で標本。
「ヒドい」
 負けたらそーいう事になるって事で。
「交換したその場でボクくんに殺されるのを黙って見てる交換相手」
 殺される言うなー。
「なんか蝶が豊富だな」
 貴重なのもいるから、場所は秘密だよ。
「それで村の名前が無いのか、初代!」
 富海も異様にいっぱい虫いたよーな気が。名前出しちゃってるけど。
「そして乱獲されて、現代…富海に虫はいない」
 実際いないかもなー。開発されちゃっただろーし、かなり。
「高速道路だっけか?」
 やっぱり難関は天然記念物のツクツクボウシ。
「違うから」
 透明マントか!?鳴き声聞こえるしな。
「光学迷彩を使いこなす脅威の虫」
 あの虫は鳴き終わるまで飛べないってのは事実ですか?
「そんな話聞いた事ねぇ」
 途中省略可能だけど、ジジジジは言わないといけないみたいな。
「聞いた事無ぇよ、そんなの」
 どこで聞いたんだろなー?
「信じる方もどうかしてるが。命の危険にさらされても鳴き続けるのかよ」
 どーでもいーけど、何かツクツク聞こえます。
「…聞こえないんだが」
 だよね。今の時期に鳴いてるわけないし。……幽霊!?
「とりあえず休め、もう」
 2回目の夏休み中。
「夏休み終われ。頭の中にまでセミの声ってのは…」

2006年 7月16日

 4回目の夏休み中なのですよ。ゆっくりと。
「3回目は?」
 2時間で終わった。
「そっかー、2時間かー」
 イベント1つもこなさないなら、何もしないで1日終わらせるのが早いから。居間でぐるぐる回ってた。
「ぐるぐる?」
 画面切り替える為には向き変える。向き変えたら少し動くだけで画面切り替わる。画面切り替わったらまた向き買える。ぐるぐるぐるぐるぐるその場で回ってるに等しい。
「何でカタコトっぽくしゃべるんだ?」
 楽しい夏休みでした♪朝起きてラジオ体操して、朝ごはん食べて…居間でグルグル回って晩御飯食べて寝る。
「……最低な夏休みだ」
 毎日繰り返した事に意味がある。8時から