2005年7月 2005年8月 2005年9月 2005年10月 2005年11月 2005年12月 2006年1月 2006年2月 2006年3月 2006年4月 2006年5月

2006年 6月 1日

 夏ー!
「夏だな」
 暑い、暑いよ!
「じゃあ、今週のサンデーかな?」
 暑いのだー。
「暑くねぇよ、全然」
 夏なら暑いのだ。
「今週分は…からくりサーカス終わった」
 フェイスレス先輩が逝っちゃいました。
「先輩?」
 他に何かあったっけ?
「ネコなび!さすが、ペロ先生!!今のサンデーを支えてるだけはある」
 いいねー、ネコなび。やる気全然無いし、ペロ先生。
「ファンレター増えたって……それはあまりにも凄い連載なんで「心配」されてるだけなんじゃって」
 愛されてるじゃん、それって。嫌われてるとそんな心配さえしてもらえないぞ。
「サンデーの宝ですね、ペロ先生」
 1年ぐらいやってんだよね、もう、アレって。
「おぅ?何かトートツに西森センセーがバックステージで書いてるぞ?何で今?」
 新連載控えてるとか。
「あー、もうステキだな、ネコなびは。明らかに「猫を買ってまで開始した」意味が無い事とか」
 あるですよー。毎週毎週ネコ漫画書く力になってるですよ、きっと。癒されてるですよ、きっと。
「言っていいかな?…ペロ先生もう…」
 いや、それは…。
「いやいやいやいや…だって……面倒になってるだろ。可愛く思ってないだろ、姫ちゃんを」
 いや、でも、それは…良くないと思うですよ?そんな思い込みで勝手な…。
「まー、あの漫画は癒される。獣医とかパン屋とかクソなのを読んだ後にだと、特に」
 じゃー、読むな、そんなの。
「相変わらず、材料で勝負が決まるパン勝負」
 △かなー?正解は「材料が良くても、相手がそれをした場合は技術で勝負が決まる」「技術で圧倒しても、その場合は材料で勝負が決まる」どーやっても主人公が勝つようになってるです、アレは。
「コッペパンは所詮コッペパンだろーに。例えるなら…」
 ロトの剣を装備したレベル1のローレシアの王子と、
「いや、わかりにくから、それ」
 アニメで先に正体バラしてるから、今更。こーなると、むしろ正体を変えないといけない!
「まあ、最初からほぼバレていて、いつ正式に発表されるかって状態だったからな」
 でも、霧崎が子供達の目の前でパン食べたエピソードの後だよね…ジャぱんがどーとか、東和馬を洗脳したのって。
「洗脳はしてねぇ」
 悪人格でいる時間が少しづつ長くなっていったって説明じゃ、無理だと思うです。技術的に見てもあの時点の霧崎さんは、ちょっと優れたパン職人程度だし。
「まー、どうにかすんだろ。で、獣医は…何を言おうが、間違ってるのは主人公だから!」
 世間一般ではねー。
「正論を言う人を、本来…正義の側の人の性格をとことん悪くする事で「主人公が絶対的に正しい」と思い込ませようと毎回毎回毎回毎回毎回…さすがにもう「鉄生センセは基本的にいい人だから」とも言えねぇ、悪だよ、彼は!」
 悪ですかー。悪とは違うよね。
「自分が属してる組織に迷惑をかけてるのはわかってる、その上で迷惑な事をやる、立派な悪だ」
 小悪人ですね。
「何か3流っぽいな、それだと」
 っていうか、けだものが立とうが何も変わりません、現実は。
「マスコミをどう動かすかだがね。でも、同じ「ネタ」じゃ民衆はあまり動かんよ。タマちゃんで散々騒いだ後…何だっけ?」
 ウタちゃんかな?地元でちょっとアイドルになるだけ。
「そもそもが何が楽しいのかわからんが、騒ぐ奴らは」
 楽しくないんだと思うぞ、それ自体は。ただ何か一緒になって騒ぎたいだけじゃない?
「まず、あの動物園の園長か?彼が間違っているのは…治療費も払えないクセに高価な動物を購入した事。購入した動物にも今いる動物に対しても非常に無責任で許せない行為と言える」
 うい、動物を「商品」としてしか見てないね。命のあるものとして捉えてない。…現実の動物園がどーかはしんないけど。
「しっかし、ホントに心からムカつくのな、獣医漫画。主人公とか、その主人公に頼る無責任な飼い主どもに。お前らに動物を飼う資格は無い。主人公は獣医の世界から追放しとけ。他の獣医に迷惑なんだよ!」
 BJみたいに高額で治療するのはどーなのか。
「アレも迷惑だろーなー。…最近はネタもおんなじのばっかりで「動物だからといって」つう「人間と同じ視点で見る」ってネタばっかりだし。現実の獣医をなめてんのか?」
 それは無いです、所詮は…「所詮」とか言うと漫画好きの人とか怒るけど、所詮漫画だから、やっぱり。これは「小説」でも同じって意味で。所詮「2次元」だからって言ったほうがいいか。
「ウソだらけの漫画ならウソだらけの漫画でいい。手塚先生なんかBJではっきりそれ言ってるし。ワイルドライフの場合は…作者は正しい事を書いてるつもりでいるとしか思えないってのと、「鉄生」を素晴らしい人間として設定してるとしか思えないって事。誰もが最終的には「鉄生」側につく…敵がいない。それでいて話がワンパターン、何でこれが小学館漫画賞受賞するんだ?」
 人気?初期の頃は面白かったし、間違いなく。
「なら受賞遅ぇよ。ワイルドライフの場合はもうちょっと主人公の評価を落とすっつうか、「普通の人」を出す事で、いい作品になるとは思うんだがなぁ?」
 パンはダメか、もう。
「世間一般ではともかく私の中ではとっくにな」

2006年 6月 2日

「闘婚再作業かんりょー!」
 たった4キャラなのにえっらく時間かかったな。
「かなりいじったからなー。わかんないだろーけど」
 多分「何で1キャラづつ再公開!?」とか思われてます。
「最初に作業した時と同じぐらい時間かけてるからなー」
 じゃー、次は煩悩解放行ってみよー。何の為にいるのかわかんないお姫様をまずは!
「今回、彼女の出番って対戦モードだけ?」
 いちおー、ミッションモードでも。
「対戦モードでも隠しキャラ扱いだし。何の為にいるんだ、お姫様?」
 ボビーいらないんだよ、ボビー。
「この手のゲストキャラで成功したのって、ペプシマンぐらいな気がする」
 そもそもいないけどね、あんまし。
「御意見無用のバーチャ四天王とか、鉄拳のゴンとか」
 憲麿呂もその系統なんだろーけど、見事に転んだし、アレも。
「否定的な事は言いたくなかったのに、あんなにまでいらないキャラとはボビー。そもそもがホンモノボビーさんの好感度がひじょーーーーに低い」
 最初の最初ッから全部キャラ作ってたわけだから、好感度も何も…。
「あー、そーいや宮村優子ってのもあったな」
 それはもう忘れるべきだと思うっっ、すっごく!!
「そもそもがそれを話題作りに利用さえしてなかったしなー。っていうか彼女自身、今何やってんだ?最近聞かないけど、声」
 アマゾンでも話題にもされてないね、彼女の参戦は。
「いちおー、声優の隠れキャラって話を1人だけ、ちょこっと」
 明らかに「層」が違うから、「どーーーーでもいー」って事になっちゃうし。声優ファンが硬すぎな空手のゲームに手出すわけないし。
「かなり間違っちゃってるね、かなり。豪血寺にボビー入れるよりヒドい」
 豪血寺にRODキャラ入れるよりヒドい。
でじこも全然意味無かったしなー」
 アレはでじこが参戦してればもちょっと売れたかもしんないし。でじこってキャラは悪くないわけだし、ツクール系と違って、使える技限られてるから、キャライメージ壊す事も無いし。
「必殺技は地獄の…」
 ゆでたまご式の技名禁止。
「地獄のって言っただけで!?」

2006年 6月 3日

「ないよーな」
 ?
この質問OKなのか?嫌いなら嫌いでどーでもいー事だけどさ…SEEDでもよくあるけどさ」
 嫌いな人の悪口聞いて喜んでる?
「誰がどんな理由で嫌ってるかなんて知ってどーすんだよ?誹謗中傷の域に達してるぜ、この質問」
 終わらせたがってるとか言われてるね。
「多分、冨樫センセはまだまだ終わらせる気無いと思うぞ、ハンターに関しては。ただ単に「なかなか描かない」だけで。編集部の意向とは違うと思うがね」
 伏線全然回収してないし、まだ。
「レオリオをあのまま終わらせるつもりもないみたいだし」
 彼はもう忘れられてるんじゃ。
「忘れられてはいないのだよ。何かまるでこれだと信者みたいだな」
 単行本買わない信者かよ!
「前にも雑記で言った気はするけど「非常によろしくない」のは確か。でも、それで誰が迷惑するわけでなし、どーでもいーんだよなー」
 他の作家さんが不快。
「冨樫センセがいるからこそ、ジャンプ連載陣は割と安心して休載出来るんでない?」
 それはいい事なんだろーか、ホントに。
「いい事だと思うけどな。つまらないだとか不快なものばっかり描いて記録稼いでるだけの、こち亀はこち亀であれも尊敬は出来るけど、それが「正しい」ってわけでもない」
 こち亀に恨みでもあるのか、その言いっぷりは。
「続けて欲しいって思うファンがいる。作家本人もおそらくはやめる気が無い。人気作品を打ち切る事に益は無い。だからハンター×ハンターは打ち切られない。これだけの話だな、きっと」
 で、幽白のアーケードゲーム化?…今更?
「美しい魔闘家鈴木がいないならその時点でどうでもいい」
 美しい魔闘家以外に価値無し。むぅぅ、ゆーりさんはラバーソールとかそーゆーキャラばっかり。
「今の時代、美しい魔闘家が人気トップなのだよ。男爵ディーノとかな」
 明らかに系統が違う、それは。むしろ……デス様?
「全然違うす。美学なのだよ、美学!美しいのだよ。幽白格闘が美しくないのは彼を無視するからなのだ」
 美しくなくていーです。
「幻海3人いるわ、戸愚呂3人いるわの、格闘の章は間違いすぎだ!」
 幻海と呂愚呂弟だけで6キャラ。凄い数です、かなり異常です。
「後はメガドラ版にはいたけど、戸愚呂兄もいると尚良い」
 ……イヤな趣味です。
「美学だから」
 それは弟じゃないですか?
「弟は美しくない。あんな筋肉妖怪。格好悪いのだよ、弟は。悪役なら…人間をやめたなら、もっと悪に振舞え」
 そんなキャラばっかり出てきても、ストーリーが成り立ちません。
「おう、その通りだ。だから彼の存在を認めた上で「彼は格好悪い」と言っているのだよ、わかったかな、ん?…幻海は格好良い」
 ちなみにボクの場合、好きなキャラは…美しい魔闘家鈴木になるです。
「……そっすか」
 いや、昔から。ゆーりさんとは年季が違うのです!
「そっすか」

2006年 6月 4日

 総務省に警告1ぃ!!
「総務省が無差別メール攻撃宣言を出していた事をOKWaveで知らされた」
 ギャグですか?ギャグですか?ギャグなんですか?
「総務省の迷惑メール対策とか…面白いしなー。遂に自ら迷惑メールを出すことにしたか。目には目をってやつだな」
 それなら迷惑メールしてる人にやれーーーー。
「トレンドマイクロは総務省のメールに「MEIWAKU」判定をつけるべきである」
 つけるな、つけるな。
「総務省は「※未承諾広告」とつけてメールすべきである」
 No!
「2000万人に勝手に送りつけるて、何でそんな迷惑行為を思いついたのやら」
 おぉ、それはいいアイデアすよー。って感じでみんなで仲良く会議したのです。
「何か去年の10倍ぐらいになりそーだな、MEIWAKU判定受けたメール。多すぎ、今年になってから」
 来年には1日に3桁超えるんだろーか。
「使いもんにならんな、メールがこれだと」
 公開してないアドレスには来ないから…「無差別でアドレス作って」るんじゃなくて、やっぱりサイトから拾ってるんだろね。
「数が多い事じゃなくて、1日に何通も送信するバカさ加減にムカつく」
 何度も言うよーですが、頭が良いのであれば、まっとうな商売で儲けてるか、もっと汚い事で儲けてるか…とりあえず、迷惑メールになるよーな事はしないです。
「これだから総務省はダメなんだ」

2006年 6月 5日

回答者のいい感じの回答が気持ち良かった、これ」
 直接的に、汚い言葉書く人多いなか、これはいいね。質問者の態度を間接的に批判するみたいな。質問の回答って形を利用して。
「質問者は理解してないようだが、「趣旨は伝わってる」のだよ。順位つけるの難しいから番付で…意味わかんねぇよ、順位つけてるよ、それは」
 っていうか、EVOLVEはダメなのかな?
「アニメじゃないんじゃないか、アレは?」
 アニメはアニメでしょ?
「ガンダムVガンダムつうのは知らん」
 順位つける事に意味はないけど、どーいう順番になるかってのは面白いかもね。富野ガンダムしか認めないみたいに言う人が、平成のアナザー達にどーいう順位をつけるのかとか、Xを好きな人は他のガンダムをどう見てるのかとか。
「人それぞれ違くね?」
 Xはやっぱり人気高いと思うのです。あっちこっちで「X」が好きって人見るし。
「ガンダムファンに人気無いんだろ、じゃあ。内容をロクに見ないで「NT否定したから駄作」とかそーいう」
 富野さんだってNT否定したじゃないかーーー。
「地味だとか。まあ、人気あろーが無かろーが、どーでもいーんだが、んな事ぁ。それで何が変わるわけでもない。続編作って欲しいとも思わないし、むしろ見たくないし、続編なんて」
 漫画で続編あるじゃん。
「それならOKなのだよ。F91なら続編を見てみたい、是非」
 クロスボーンガンダムはダメか。
「アレは良いね。でも、アレは続編でなくて、F91と実質的につながりのない新作っしょ?ZとZZ以上につながりが全くといっていいぐらいに無い」
 一部のキャラが同じなぐらい?
「ドレル兄さんなんかどーなっちまったのやら」
 ザビーネに殺された。
「続編作られてたらそーいう展開になっててもおかしかないが。ZのリメイクなんかどーでもいーんでF91をリメイクして欲しかった」
 元々、劇場版だからほとんど何も変わらないっていう。批判の嵐で。
「テレビアニメとして。クロスボーンガンダムで最も良くない点は、貴族主義は最初から間違ってただとか主人公に言わせた事だー。」
 キンケドゥ君は主人公じゃない。
「主人公の1人っす、彼は」
 主人公の言う事が常に正しいとは限らない。そーいう事で。
「キンケドゥの理屈自体が間違っていて、「最初から間違っていた」のは「ベラ=ロナ」なんていう貴族の心を持ち合わせてもいない駄民を「貴族」と考えてしまった事なのだよ」
 ……駄民て…。
「選んだ人間が間違っていたんで、確かにザビーネの「貴族主義」は間違っていただろーが、あの理屈ではマイッツァーが掲げたコスモ貴族主義は揺るがん」
 その為のF91の続編か!
「ゴールデンバウム王朝みたいなのは「間違っている」んだが、じゃあ、絶対君主って存在は常に間違っているのかっつうとそれは違うわけで」
 ローエングラム王朝は多分、すぐに腐れます。血縁で連なる王制は間違ってます、やっぱり。時々出る「名君」に期待するなんてのは。
「うい。で、コスモ貴族主義はそうではない。王制をしこうというわけではない。じゃあ、どうやって否定するかって話で」
 否定しなくてもいーだろーに、別に。
「それでも否定しないといけないのがガンダムの世界ではないかと」
 NTなんて存在がいる時点で人間は平等ではないのです。UC世界はとーーーっても不平等な世界なのです。地球に居残ってる人とかそーいう存在も含めて。
「だからこそ、その特権階級を無くす方向で思考しないといけないんだろーが。いかに高貴な思想だろーと、ザビーネみたいな人間がいる以上、コスモ貴族主義は成り立たない、全ての人間が平等に扱われるわけがない。つまり「間違っている」といわざるを得ない。ところがだ、本来の主義を実践出来ない人間がいるからその「主義」は間違ってるなどと言い出すと、ほぼ全ての「主義」は否定されてしまう。では…って事で」
 でも、もー貴族主義は否定完了したし。
「出来てねぇ」
 富野さんはそうは考えてないんじゃないでしょーか?
「そもそもザビーネはあんなキャラか?」
 アンナマリー殺したし、あんなもんじゃない?うっすーーい「貴族主義」って衣かぶってるだけの……蛮族?
「蛮族!!つうかさ…クロスボーン軍が力蓄えて連邦に挑もうとしてる、その時にドゥガチは子供作って…連邦ムカつく連邦ムカつくって?」
 時代的にはそーなります。
「UC133の時点で「70ゆうよ年をかけて」とかドゥガチ言ってるんで、初代ガンダムの頃にはとっくにドゥガチ君は木星圏で頑張ってたって事か?」
 まだ連邦全然恨んでない頃。きっと、シロッコとかと地球圏の未来とか語り合ったのです。シャリア=ブルとは多分語ってない。
「争いもなさそうな平和な木星圏で暮らしてきて、連邦に逆恨みって何か…改めて考えるとムカつくな」
 連邦はドゥガチなんて無視しちゃえば良かったって事か。
「仲良くしましょうって言って何が悪い。シャア=アズナブルの名前さえ知らないであろー老人が連邦の何をわかるッ」
 たったひとりで木星圏大きくしたとか、無茶苦茶言ってるしね、ドゥガチ。他人の苦労は「認めない」。
「シャアだのハマーンだのマフティーだのが連邦相手に粛清だの何だのやってる中…ドゥガチはそんな事も知らずに1人で幸せそーに木星圏を開発していたと。未来を夢見て」
 豊かな未来を信じて働ける事自体がある意味幸せです。
「木星は謎多いなー」

2006年 6月 6日

「眠い」
 またか!
「ダメだ、かなり眠い」
 寝るなー。
「んーーー、最近またOKWaveでウィルスんとこ見てるんだけど、総務省が何やっても無駄だと思うんよ」
 だろーね、そりゃ。「聞き届ける」だけの、判断能力ある人はそんな情報いらないし、多分。
「自分が無知である事を自覚しない。面倒だから「何も読まない」。読まないけど、違法っぽい事はどんどんやる、話になんねぇ」
 多分、ゆーりさんより黒い方面に関して知識あると思うデス、ウィルス感染して必死に質問してる人達。
「その情熱をまともな方向に向けやがれ」
 無理デス。人間として有り得ないデス。
「総務省がやるべき事は……」
 メール開いた途端に勝手にどっかのサイトに接続して…情報料を要求する。情報料支払ったら有罪。
「んなバカな話はない」
 バカはネットで生きる権利は無いっていうゆーりさんの名台詞が。
「言ってねっすよ、勝手に何言ってんすか!アンタ、何の漫画のキャラよ?」
 こんなキャラいないです。20歳にもなって一人称が自分の名前とか。
「といいつつ、最近忘れてて、ほとんどがボクになってる」
 雑記で言ってなければセーフだから。
「んーーーー」
 にゃ!ジャンプいこー、今週のジャンプ。
「ツギハギか?」
 限定しなくていー。
「ツギハギさー?ヒドすぎだろ?非力なムカつくキャラ作るにしても…妖逆門ホメる気しないんだが、せめてあのレベルでキャラ作ってくれよ」
 似てるってだけで知らない文字を読めちゃうとか。その内容が「ウソっぽい」事とか。
「イヤ、アレは人間心理をついたトラップすよ。開けるなとか書かれてると開けたくなるっつう」
 この先の部屋に入ってはいけないとか、地面に書くのがトラップか?…書いてあろーが無かろーが、入ると思うぞ、多分。
「いやいやいやいや、そこがまだ甘いな、田村悠」
 甘いっすか!
「冒険者の心理ってもんがわかってない」
 冒険者じゃなくて作家と編集者だぞ、アレ。
「象形文字書いた人間が何で「作家と編集者を想定」出来んすか!予想出来ねぇよ、そんなもん」
 むぅぅ。…にゃー、わかった!でも、冒険者も想定出来ない。
「それは想定の範囲内だと思うが。本気で警告するなら、床に文字書かないで、その中に入ろうとした時にどーしたって目にするトビラに書くな。んでもって、厳重に封印して封印して封印して」
 トラップですか、やっぱり。
「トラップですなー」
 でも、やっぱり書いてあろーが無かろーが、入ると思うぞ。
「そんな事はどうでもいい!問題は守屋クンの態度だ!「真実」を記す事が義務のよーな作家達だ、場にいるのは。新人戦なんで「ライバルに邪魔された」事だって「本を面白くする」ために書くかもしれない。2人もの作家に、守屋にヒキョーな事をされたと書かれてみろー。作家生命絶たれるぜ?」
 ヒキョーも含めて作家。ファンもつくかもしんない。まー、ボクなら却下だけど。
「まー、ウソを書かないの事が絶対的に信じられてるって前提が必要なんだがね」
 信じられてるんだよね、不思議だけど。
「信じられてるわけがねぇ。こいつまたウソ書いてるよ、とかわかってて楽しんでる奴がいっぱいいるはずっす」
 じゃー、有能なライバルを潰しにかかったって思われて終わり?
「いやー、新人戦だしなー。大会運営側が真実を保証すると思うぜ?「ウソを書く新人」を新人戦に出場させたなんて事になると、大会の…」
 あー、そーいう?
「でも、ツギハギは素直に面白いな、これは。出来悪すぎて。相変わらず不快なのは主人公だけなんで、気楽に読めるし」
 そーいうのは面白いって言わないんじゃないかなー?まー、いーけど、別に。
「サンデーのアレ…ラクガキファイターだっけか?アレを少しマシにした感じ」
 聖絵の…あったな、そんなの。作者さんがホント、嬉しそうに巻末でコメントしてて…。
「楽しんで描いてるっぽさは良かった、確かに。作品はつまらんかったが」
 サンデーの救いはネコなびで、ジャンプの救いはツギハギっと。
「ツギハギとネコなびを同列にするな。ネコなびの方がレベル高い。ふざけてんじゃなくて…本気で!」
 にゃ?本気でか。どこがどー?
「説明は出来ないけど、ネコなびの方が何ていうかレベルは高い。てきとーだけど」
 難しいデス。
「じゃあ、次はアイシールドか。敵に「泥門凄い」って言わせる事で「あー、やっぱり凄いんだ」みたいに読者に「納得させる」展開はさすがにもう見飽きた。読者騙してるだけっしょ、これ?雪光センパイが入ったからって、やっぱり大して変わんないっすよ、実情として」
 そこは少年漫画だから、そーいう設定なんだって読めばいいと思うぞ。そこにツッコミ入れるのは大人気なさすぎ!
「むぅ…こち亀は何で今更GWなのかとかってツッコミは?」
 かなり大人気ないね。取材日まで書いてあるから、そーすると結果として「しょーがない」って事になるのです!
「むぅ、今ジャンプで確実に読むのが「ツギハギ」と「たいぞー」だけってのは」
 大人げないね。敢えて言うと「げ」はひらがなで。「だいにんきない」とかってのは禁止。
「ツギハギ打ち切られないといいなー」
 ゆーりさんがそれ言った作品はことごとく打ち切られてる気がするです。
「2年ぐらい連載続いても「化ける」事が無さそーな雰囲気が実にいい。どんだけやっても、3流の域を脱しないだろーなーっていう」
 「安直な発想をするなら地底人」ってセンスが常人じゃないしね!!
「常人じゃない!死ね?」
 にゃ?
「まあ、確かに普通は地底人とは考えないわな。でも、これはだね、西センセーのセンスが常人とかけ離れてるって意味ではなく…あの世界の人間はそういう考え方をするっていう誘導なんすよ」
 深いね。
「作家の書いた本が唯一の娯楽みたいな世界っしょ?現代日本とはモノの考え方がかなり違うんだよって「わかりやすく示してくれてる」んす、西センセーは。まあ、そういう事が出来るって意味では西センセーの漫画センスはやはり常人からかけ離れてるって事だが」
 夏だってのに、トビラ絵で雪を描いちゃうとか、そーいうどっか抜けてるセンスですか!
「そーっす。「どっかズレてる」のは確かなんで、実際に武器だろ、これ。天然だとしても。大きなツッコミはいらない小ネタでいい、ツギハギに対しては」
 設定そのものが間違ってるから、大きなツッコミは絶対禁止。作品成り立たないし。
「ぼっこり」
 その意味のわかんない言葉嫌いです。
「面白い点が一切無かった切法師よりは間違いなくツギハギの方がマシ。作品の完成度ってのだけ見れば切法師の方が遥かに上なんだろーが」
 切法師も打ち切られないといいって言ってた作品の1つです、確か。
アマゾンのレビューは何だろね、これ?両極端なのはともかくとして、「参考になった」が極端すぎくないか?」
 星1つは賛同得られなくて、5つは異常なまでに賛同されてるって事か。んー?
「色んな意見あるし、あの漫画の場合両極端になるのはわかる。けど、星1つの意見がこんなにあるなか、全然賛同されてないってのは不自然すね」
 不快感は全然無いし、主人公はホントにいい人だった。そんな感じで。
「漫画として「面白い」要素が欠けまくってたのは事実で、だからこそ打ち切られたんだが…ファンは当然納得しないと。でも、そんなに「力量」あるっつうなら、次はどうにかなるんでね?次でダメだったら、やっぱり「才能」がかけてたって事だ。コマ割りがどーとかじゃなくて、読者を楽しませる才能が大事だから。技術でなくて」
 みえるひとも高い評価受けてるなー。どーなってんだろ、ジャンプの後半定位置の作品。
「みえるひとかー。読みきりの時は推したんだけどな。連載始まったら、何だこれ?って方向で…結局読んでない」
 ダメじゃん。
「ムヒョだのネウロだのやるなら、みえるひとにしてくれ!で、実際に始まったら「つまんねぇ」」
 ダメじゃん。
「読み切りから連載に出世したあの頃のだと、切法師とタカヤが打ち切られて、ムヒョとネウロとみえるひとが生き残ってると。みえるひとは危険な位置だけど」
 たいぞーも生き残ってるです。で、ポルタは打ち切られた
「ポルタは読んでなかったんで忘れてました。そもそもがアレは時代が違う気がする」
 そーだっけ?
「ぷーやんも打ち切られたか、そーいや」
 読み切りから連載パターン多いな、ジャンプ、異常に。しかもかなり打ち切られてる。
「読み切りと連載じゃ全然違うだろ、そりゃ、一発芸じゃダメだから、連載は」
 またリスト見てみるか。…ゲドーとかスピンちゃんとか少年守護神なんかも読み切り出身?
「そーじゃないか?少年守護神よく覚えてないけど」
 作者の情報見ればいーのか。……センセー!大変な事実が発覚したです!!たいぞーは読み切り出身じゃない。
「おや?」
 もて塾とか伝説のヒロイヤルシティーを下敷きにしたオリジナルのよーです!
「そーっすか。どーでもいーけどな、そんな情報」
 ヒドイです、それは。うにゃーーー。…まー、ボクとしてもどーでもいーんだけど、そりゃ。
「個人的には大亜門先生は低く評価されてると思ってんだが、まあ芸風がアレで本人も変える気無いんだろーから、ずーっと低いままだろーな」
 アレって?
「簡単に言うと「パロディしか無い」って思われてるっつうことででも、それを無くしても多分普通にやっていける」
 高く評価しすぎなんです、それはむしろ。
「まあ、何で打ち切られないんだろーって思ってる側なんで、その立場の人間からすると高く評価しすぎなのかもしれん」
 何で打ち切られないんだろー?って思ってるけど、確実に読むのはツギハギとたいぞー。
「ほっとくです!」
 真似するなです!
「つうか、むしろ…サムライ7の幼女とか、薔薇乙女の翠の方とか」
 ですしゃべりはどーしても似るです。

2006年 6月 7日

「そろそろ、ボク娘萌えの時間か?」
 ………へっ?
「日本語訳すると雑記」
 …………そ、そーですか。ボク娘どーとも思ってないくせに、もー。
「そーでもないんだがね。いないんだよ。世の中ツンデレツンデレツンデレツンデレツンデレツンデレ…アホかーーー」
 妹よりマシ?大体さ、意味がはっきりしてないし、それ。
「ただ単に「ひねくれてる」キャラでしかない場合がほとんどな」
 前にどっかでそれ…にゅぅぅ、ちょっとだけ待て。
「グラスランナー語を使い出した」
 使ってない!これだ、これ。
「正しいグラスランナー語?」
 そんな文字はどこにもないにゅ。ってさー、通じないって、グラスランナー語なんてネタ。
「よくすぐに通じたなー。さすが悠?」
 さすがボク。
「あー、これだね、世間でよく見かけるエセつんでれ。「べっ…別に」…これやれば世間では認められるらしい。つうかホント終わらないかな、この流行」
 エセじゃないと思うぞ。本人がそれでよければそれでいーのだ。
「実に鬱陶しい。こんなにムカつく萌え属性は存在自体が邪悪」
 にゅー。
「グララン語を使うなー」
 使いやすいよ、けっこー?グララン語じゃないけど、別に。
「にゅぅ。ってわけでボク娘が流行ったりしたら、最悪だなって事で」
 無い。それは無い。安心していいから、それ。
「ちなみに「ツンデレ」なる属性自体が邪悪だといっているんであって、そこに含まれるキャラがムカつくといっているわけではない」
 だよねー、ターナとか含まれちゃいそーだし。
「ターナ!!いたな、ターナ」
 やっぱりボク娘に愛が無くなってるぞー。
「妖精さんが流行するのもやだよな」
 それも無いだろーなー。敢えて妖精の意味がどこにも無い。
「いや、妖精つうか「人間でない」っていうべきか」
 それだと「機械」の方にいっちゃうから、萌え系だと。
「あー、じゃあだいじょぶか。…まじぽかの人気投票さ…4キャラが見事に割れてんだけどさ…パキラはどこに魅力あるのかさっぱりわからんのだが…理屈の上でも」
 理屈で考えるからだね、それ。
「単純に個人の趣味で言うなら、鉄子もわからんが、理屈でそれはわかる、どーいう人気なのか」
 にゅうぅ、パキラってどんなキャラだっけ?
「吸血鬼」
 わかってるし。
「性格が悪い」
 それだー!
「どこだ?」
 「黒いキャラ」好きなゆーりさんが何故にー。
「黒くないし、彼女。黒いというのは…ベルカナとかバニラさんみたいなキャラなのだよ」
 何でバニラはさんづけなんだろね?
「多分あの黒さに敬意を表して「さん」づけしたんでないか、覚えてないけど」
 ゆうまとりるは実はけっこーキャラが被ってる。
「だから微妙に人気無いのか、りる!…バンダイチャンネルで第1話無料でやってんだけど、第1話じゃなくて第2話じゃないと魅力伝わらんのだが…」
 第1話だと、誤解するかもなー。きっほんてきに、どーでもいー日常描いてるアニメだし。
「小学生の夏休みが永遠に続いてるみたいな。ボケっぱなしでツッコミがいない事があっても…それが仕様。小学生の勘違いって事で」
 にゃっ!ぼくなつ買う?ぼくなつ!
「グララン語が途絶えた…」
 それはいーから、PSP版ぼくなつ。
「小学5年生ぐらいのボク娘さんが主人公なんすか?」
 何で5年生か。主人公を女の子にしても成功しないのは「わたはる」が証明してるのに。
「私の春休みこと、いなかぐらしな。わたはるじゃ通じねぇよ、絶対」
 すぐに通じた辺り、すごいな。グララン語よりすごくない?
「そこはもう…パートナーやって何年経つんだよって話で、そもそも「わたはる」って最初に言ったのは…」
 うにゅぅ、そーだったっけ?
「そーなんすよ。しかも「わたはる」使うの禁止ーッて悠が」
 言ってない。
「言ってるんだよなー、これが。まあ覚えてないならいいけど」
 言ってない。
「1のリメイクか。1プレイしてないし、PSPごと買ってみるかな?」
 言ってないよね?
「禁止とは言ってないけど、それに近い事は言ってる」
 にゅう。
「2のリメイクもしてほしいけど…たった1回だけの夏だからこそってのがなー」
 びみょーだよねー。でも、出たらやるだろーなー。
「やるっすか?」
 久しぶりにサイモンに会いたいしね。…でも、逢うなら同じだけ年齢重ねててほしいんだけどね。
「あー、ボクも年齢があがってて?それは既にぼくなつじゃないけどな」
 富海で過ごした夏休みはホンモノだって思いたいから。
「ふむ…」
 恥ずかしい台詞禁止ー。
「自分で言うな」

2006年 6月 8日

「今日は新豪血寺で行くか、雑記の話題」
 ういにゅー。
「グララン語にアリア社長がまざった」
 にゅぅ。
「ノイズファクトリー社からメールが来て…2月に質問したっていう」
 4ヶ月!!
「アトラス社と交渉するので時間かかりますっていうのが最初の返信で…その後、何もないから「ダメだった」んだろーなーって思ってたんですけど」
 結果「だめだった」。けど…。
「感動っすよ。「新豪血寺オリジナルキャラは公開していいですか?」って内容だったのに…アトラス社と交渉までしてくれたんすよ、ノイズ社」
 4ヶ月も!
「いや、4ヶ月交渉してたわけじゃないと思うが…」
 新豪血寺のオリジナルキャラの権利はアトラスじゃなくてノイズファクトリーが持ってるっていう事がわかったね、でも。
「そっすね。闘婚はアトラスとSNKプレイモアとノイズファクトリーの権利が絡み合ってるんで厄介だっていうのも最初の返信だったんで、それで「あー、やっぱりRODキャラはノイズじゃなくてプレイモアが権利持ってんだ」って納得して」
 煩悩解放にRODキャラが出る可能性が無いことに気付かされた、そこで。
「もし、アトラスが気まぐれで豪血寺の新作作る事になった場合…新豪血寺のキャラを使うには…ノイズ社からキャラを借りないといけないって事になるわけっすねー」
 新作作るわけないけど。
「ストリートファイターEXのオリジナルキャラがカプコンじゃなくてARIKAが権利持ってるみたいなもんか」
 そーいうのってゲーム的にはカプコンキャラに含めていいのかな?
「微妙っすね」
 にゅうぅぅ。
「というわけで「SNKプレイモア社」「ノイズファクトリー社」はかなり丁寧な対応をしてくれる企業でした!以上!!」
 RODのあまりの出来に「ノイズ」ってどこだよ!みたいな。
「懐かしい思い出だな。つうかRODは再作業したいんだけどね。グラフィックがダメっぽくて、操作性も悪い…けどゲーム性は悪くないってのが現時点の結論なんで」
 あんまし評価変わってなくない、それ?
「煩悩解放の話でもするかなー。意外と面白い煩悩カードの話とか」
 意外とってのが失礼だよっ!
「必殺技キャンセルが結構…ボビーなんか、パウダー連発しか使い道ないけど…」
 アニーなら、ヒットさせても反撃受けるダメ技だったアニーダイナミックが「中段」技として効果あがった?
「さあ?アニー使ってないし。アニーダメだろ、やっぱし?ストレスシュートも一発奥義も決め難いって時点で辛すぎでない?」
 そこを必殺技キャンセルで何とかしないとー。
「何かクララを強くしよう、強くしようって意図が感じられんだよなー」
 そっかなー?
「必殺技キャンセル使うと、散々ダメージ与えて与えて最後にスーパークララに変身だぜ?」
 ………で、スーパークララは強い?
「………どーなんだろ?豪2の頃から微妙だったけど」
 豪2のはメストは強いって言ってるんだから強いんだよ、きっと。
「ノーマルクララの方がどうしても強く感じるんだよなー、2の時点で。外伝は間違いなく」
 外伝のスーパークララは単体さんだからしょーがないでしょ。
「しょーがなくないと思うんだが、あんだけ新技追加されて…んー、アニーがアレなのに何でクララ強化されてんだ?」
 ミラクルデスキッスに追撃出来ないし、怒り爆発にミラクルアタック確定しないし。強化なんかされてない!
「ミラクルデスキッスなんて闘婚じゃ、そもそもがそうそうヒットしねぇ」
 必殺技キャンセルはキャラによって受ける恩恵違うよね、やっぱり。
「全然な。あー、婆さんは普通に強化されたよな。変身あるから」
 投げ1回決まるだけで、壊滅的ダメージだしね。何で相手が気絶するかな、いちいち。
「双子の性能同じっぽいしな、変身すると。せっかく、普段は性能違うのに」
 何で外伝の技取り入れないのかだよね、そーなると。
「……何かさ、しゃべりがおかしくね?」
 双子?
「いや……ッ…つうかサンデー忘れてたわ」
 明日でいーんじゃない?どーせ話題ないんだし。毎日毎日。
「むぅ。で、アンタ何かしゃべりおかしくね?」
 おかしい?いちおー、意識して、キレイにしゃべってみよーかなって。どんどん言葉が汚くなってくとか言われたから。
「あー、それはいい事だわ。でも、キレイじゃないけどな」
 絶望した!美しい日本語に絶望した!!
「意味わかんねっすよ」
 ゆーりさんの日本語も美しくない。
「あー、確かに言葉悪くなってきてるですね。あー、でも学校の階段2買ったから話題無いわけでもないんだよなー」
 サンデーの話題になると、ゆーりさんは悪口ばっかり言うから禁止。イメージアップ週間だから。
「そーなん?今更イメージ良くしてどーすんだ?しかも見てる人少ない雑記で」
 何か勘違いしてるな。イメージアップするのはゆーりさんです。
「いや、勘違いしてないと思う」
 にゅー、そのウソつきっぷりがまずダメ。
「獣医さ」
 禁止ー!
「獣医はいーや、もう。パン屋は…禁止じゃない!!」
 うにゅ。言ってみれば?
「理屈無くて笑えた。誰もが、どーあっても、あの時の霧崎は間違いなくいい人だった。どう言い訳するつもりだ!って思ってただろーに」
 あーーー(笑)。
「カッコ笑いは禁止したはずだ!!」
 何それ?
「2002年の7月11日の裏雑記参照」
 裏雑記って「オリジナルとおにーちゃんのらぶらぶ雑記」じゃなかったっけ?ボクにはかんけーないぞ、それ。
「関係なくない。いいか、あんたはこー言ったんだ」
 いや、ボクじゃないから、それは。

「(笑)撲滅運動に参加していいっすか?」
 オッケー(笑)。

「オッケーと言ったのだよ、オッケーと」
 言ってないのに。
「で、何の話だ…パン屋か。理由なさすぎて良すぎた。今回のパン屋は良かった」
 オッケー(笑)。
「言ったな!良し!!何かオッケーか」
 深読みすると、動揺させる為の霧崎の作戦かな。
「今回のが作戦だとして、結局、あの頃の霧崎が何故にあんなにいい人していて、ジャぱんなんぞ作ろうとしていたのか…その他色々と不可解なのだよ」
 でも、サンピエールのオーナー=あの時のおじさんって最初の最初からだよね?唐突な後付け設定じゃなくて。
「最初からっすね。模糊山登場時点でもう伏線張られてたし」
 何で、それであんなヘンなエピソード作っちゃったのか。
「計算ミスでない?計算するまでもないけど。東和馬少年と出会って海外に行って、その後に変貌して、子供達にあんな事をって考えてて、でもよくよく考えてみるまでもなく、東和馬は全然若いから成り立たないつうのを」
 誰かが気付くってば、そんなの、発表する前に。
「まあ、何かよくわからんが、今回のパン屋は良かった」
 ホントに何だかよくわかんなかったし、今回の。
「で、モリタイ先生の新連載は…とりあえず面白くなかった」
 モリタイて。モリタイ=シか、シか?
「鹿鹿?」
 モリタ=イシ?
「モリ=タイシだな」
 通じてるじゃないかー。何が「シカシカ」だ。
「主人公の設定がまずいだろ、ありがちすぎて」
 スラムダンクとか美鳥の日々とか。
「スラムダンクねぇ?」
 今週のネコなびー。姫ちゃんの出番は結構あった。報告、以上!!
「さすがペロ先生は天才ですな。面白すぎ、ネコなび!…何か雑記が滅茶苦茶だ、今日のは」
 ボクが暴走すると滅茶苦茶になるっていう法則が。

2006年 6月 9日

 はお!元気だよ?
「…聞いてないし。何か、それはシャーマンキングか?ハオが元気だっつってんのか?」
 無視。んー、結局元気だよ?
「DSがアホみたいに売れてるってさ、読売新聞にあった」
 一時の流行に身をみかしちゃダメ!危険…危険だわ。
「…今日も暴走中かよ…」
 マリオ終わった?
「おう、全ステージはクリアしてるぞ。スターコインが後、ワールド1と8と…」
 1は最後のとっておきなんだ?
「つうか普通にわかんねぇ。1の城の最後のスターコインがどこにあるのか」
 多分それかなり簡単。簡単だからこそ気付かないみたいな、そんなだと思う、きっと。
「だろーなー。3日に1回ぐらいのペースで……まあいい感じに楽しめたな」
 簡単?
「全般的に簡単すよ。パタパタで連続ジャンプとか、暴風の中で連続ジャンプ台とか、なかなか抜けれないループとか…鬼なの無いし。マリオ3ぐらいかな?」
 いいねいいね。でもなーんかやる気はしないんだよなー。でっかいマリオには惹かれるけど。
「やる気しないもん無理にやらんでよかろ?」
 んー、興味はあるんだよね。やる気しないけど。
「えとね、最初の最初のステージでいきなりデカマリオになれるんすよ。これは上手いよなー。一番のウリっぽいのを最初に持ってきて、ゲームに引き込むっつう。ワールド1−1っぽいステージでそれってのは」
 最初のステージでワールド1−1っぽい……。
「ふははははは、意味わからんな、確かにそれは。まあいい」
 良くないって、全然。意味ほんとわかんないし。
「欠点はストーリーがよくわからんことぐらい。結局なんで毎回毎回、あのブサイク姫様はカメにさらわれるんだか」
 カメは何でブサイク姫さらうのかだね!
「クッパジュニアってのが何したかったのか。今回のクッパは一体何者なのか」
 クッパって毎回別の人だったんだ?
「それは違う。あー、更に敢えて悪い点っていうと「緊張感」は無いね。3の頃からだから今更だけど」
 ゲームオーバーの恐怖みたいな?
「マリオは無限にいるに等しい。アイテムストックがあるんで中間地点からでも最初からファイアマリオになれる。しかも中間地点の近くには大抵パワーアイテムあるんで、すぐにまたファイアフラワーをストック出来る。中間地点からだと辛い場合…最初からやり直す事も出来る…まるで緊張感は無いわな。アレは2独特かね?」
 1は無視なんだ…ランドとか。
「簡単だからなー。2はW1−1で無限増殖してるってのに、ふと気付くとほとんど残りいなくなってんだぜ?セーブ出来る箇所限定してるけど、それにしたってどんだけでもマリオ簡単に増やせるから」
 その辺はホンット今更だよー。3とか4とかその頃からの事だし。…特に4?
「アイテムストックがあるのにファイアでミスってもスーパーってのはちと甘いかもな。まあ、難しければいいってもんでないけど」
 うい!わかった、プレイしてみる。すっごい誰にでもプレイ出来るよーに作ってあるのわかった。
「おう、やってみいや。今からはダメだが」
 にゃーーーー。やらないって。いくらなんでも、深夜に。
「深夜に、にゃーーってわめくのもやめよーな」
 にゅー。

2006年 6月10日

「何だかね、これは。認めたら崩壊するぞ?」
 No.2さんの回答は?
「何でそーいう事言わせよーとするかな」
 えへへ♪
「えへへではない。まぁ…インサイダー取引とは何かって事から説明しないとダメな気は…」
 バカにされてるよ、何かボク、バカにされてるよ。説明しなくていーし、何でダメかなんて。
「いや、悠にでなくて。説明されなくても考えればわかる事だろーに。矛盾もしてねぇよ、全然。でも、やっちゃダメかどーかはともかく、やったもん勝ちではある、割と」
 バレなきゃOK。バレたらバレた時!ってね。
「罰則が甘いんよ、極めて甘いんよ…日本。色々と読んでて昔ムカついた覚えある」
 プログラマって色々知ってるなって最近思う。
「信託銀行だったり、証券会社だったり…汎用機の仕事っつうと、どーしてもそーいうの多くなるし」
 実はプログラマってプログラミング能力がどーとかよりもっと他の事もとめられるとか?
「法人であれば社会的信用を失うってのがあるけど、個人だとなぁ…罰則甘いよなー」
 性善説みたいな?
「それだったらそもそもが明文化された法なんか必要無ぇな」
 日本は何にしても甘いから、犯罪者に。
「まあ、いちおーわかりやすく解説したほうがいいんかな、雑記読者用に?」
 それは読者さんをバカにしてるね。
「んーー。じゃあ、とりあえず「自社の情報は簡単に手に入るよな」っていう言葉だけを」
 うにゅ?別に「事前に情報を手に入れる」ってのは特別の立場の人間の話だけじゃないって事かな?
「何でアンタが答える?」
 あれ?
「何でこれを取り上げたかっつうと…「その認識じゃダメだろ」って思ったからっていうそれだけの事なんだけどな。んーー」
 にゅう。
すぐ近くにあったこっちはバカらしい話題だな」
 その方が話題にしやすいぞ。
「まずは日本語理解しろって事で。誰の回答とか言わないけどな。「最大2つ」の意味もわからないで」
 い、以下略ーーーー。
「勝手に略すなよ。つうかさ新人の作品読めよ…勉強に」
 以下略!
「略すなつうの。ジャンプは恵まれてるぜー、サンデーに比べれば」
 サンデーと比較する意味無いよね。
「まー、ダメだろ、この」
 はい、以下略。
「悠さん?」
 はい、ゆーりさん!
「人の話をそーやって打ち切るのは」
 以下略です。
「どうかと思うんだがね」
 ワンピース大人気だけど。
「読んでないから別に何も言う気は無ぇ」
 ま、まー、そーいう感じで。
「まぁ、ツギハギに劣るのは確かだろーな。ワンピースは絵の汚さに我慢して連載開始から10話以上読み続けて、あんまりにもありきたりな展開に放り出したし…その点、ツギハギはもう」
 それは…ツギハギの方が劣ってる証拠な……。っていうか最初は読んでたんだ。
「第1話から放り出すような作品はそうそうない。ジャンプには結構あるけど。で、だね、読み続けさせる事が出来てる点でやっぱりは勝ってると思うぜ?1話2話で挫折したMARとかと比べても明らかに」
 んー、極端かな?
「まー、別にワンピースの場合は嫌ってる作品ってわけでもないんで、どーでもいーんだが」
 にゃうーーー、サンデーダメだよ、サンデー。アマゾン…レビュー数違いすぎだよ、これーー。
「ジャぱんはアニメ化された作品とは思えんな。犬夜叉もだが」
 BLEACHなんて散々な評価なのにレビュー数は多いしー。
「NARUTOもロクな評価じゃないな。ワンピースってのは偉大なのかもしれん」
 そーいう判断の仕方は…アリか。アリかも。
「からくりサーカスはえらく評価高いな。レビュー数もジャぱんよりはマシだし」
 ジャぱん……。なんなんだろ、ジャぱん。
「結局、からくりは勝の鬱陶しさにフェイスレスの魅力が負けて…放棄したんだよなー、あとちょっとってとこで」
 最後は良かったよね、最後は。
「あんなあっさり「改心」する男ではないと思うがな。心底ねじ曲がってるからフェイスレス様」
 キレイに終わらせる為っていうのと、結構…そんなもんかなっていうのと。受け入れるときは受け入れる。
「もし天国なんてものがあって、それが「いい事」をした人間がいくのなら、最後に「いい事」を…してないフェイスレス様はやっぱりいけない」
 人間は死んでも救われたりはしない、生きてるウチにっていう事だ、それは。
「あの最終回で理解出来たのは、和月先生はやっぱり凄いんだなと。どうあったところでやっぱり悪は悪だから「救い」はあっても認められる事があっちゃいけないってのが少年漫画としては王道。フェイスレスが「正しく生きる」姿を見たいって人も多かったろーが、あの場合はやっぱり「死」というのが正解として存在する」
 正解かな?1つの回答ではあるけど。で、和月先生はカズキ君の偽善を最後まで貫いたから凄いってわけか。
「まあ、でも武装錬金はつまらん作品だったが。何でアニメ化されんだかなー」
 テレビアニメで「パピヨン」はかなり…なんていうか……ギリギリ?
「何か最終巻なのに微妙な評価なのが実に武装錬金って作品の位置づけを絶妙に表してるな」
 びみょーーーだ、すっごくびみょーだ。批判されてるってわけでもないし、結構いい点数なのにびみょーーだ。
「作品はどーあれ和月先生は愛されてるね…それは確かだな」

2006年 6月10日その2

 ゆーりさん、ゆーりさん…1−城のスターコイン全部集まったよ?
「ほぅ?わざわざ報告か?よゆーだな。勝者か、貴様勝者にでもなったつもりか?」
 教えて欲しかったら、「教えて下さい、悠様、愛してます」と言え。
「お約束だな」
 さあ、どうする。
「いいよ、んなもん、自分で見つけるから、つうかそうでないと意味無いし」
 ホント、簡単だったし。何で見つからないか疑問。
「疑問だ。隠しゴールは多分全部見つけてるし、後…1−城のスターコインだけなんだがなー」
 何でわからないのか疑問。さあ…合言葉を。お・し・え・て・く
「言わないつうの」
 えとね、多分見つけてないのって…多分っていうか確実にロープの。
「以下略」
 ロープの上の。
「貴様…」
 聞きたくなければ、さあ言え。悠様ステキカッコイイと。
「恥ずかしくないか?つうか言われたくねぇよ、そんなの普通」
 菊五郎えらい!
「アレはバカだから」
 ボクがバカって事かー。あははははははは。
「……ワールド1難しいすよ。塔の隠しゴールも全然見つかんなかったし」
 それってさ…ニューマリオ的「隠し」の常識が無い頃にプレイしてたからってのは?
「あるかもしれんがね。結局、ワールド1を再プレイするのって結構後になるし」
 何でそーひねてるんだろ。ロープの上に
「以下略」
 反応いいよね。
「何を言おうとしてるかな?」
 ボクなりの優しさってやつかな?
「嫌がらせだろ!!…最近のバニラさんは予告の黒さがたまらなく可愛いよな」
 予告は狙いすぎなぐらいに「黒い」ねー、彼女は。純真じゃないし、全然。
「っとぉ、それよりもだ、まずはこれを見て優しさとは何かを」
 自分で自分のこと「優しい」って言う人ってホントに優しいのかな?
「知らん。知らんが、多分好きにはなれん、そんな人は」
 ボクはとても優しい人だとおもいます。言ったら嫌われました。多分、悪いのはゆーりさんです。こんな感じ?
「嫌われるかどうかはともかく、マイナスにはなりそーだな。とても優しい人とか言い出すのは」
 どうすれば優しくなれるかはかなり課題。
「今の職場さ、すぐ隣のグループで思いっきりヤな人いるんよ。いっつもいっつも、下の人間怒り散らしてて。迷惑この上ない」
 下の人がどの程度かによる。
「それはしらない。けど、そんな極端に出来の悪い人は有り得ないし、その人は常に冷静に相手してるし、すっごい有能な気がする。「言い訳」だの何だの言われて、「とっとと仕事をしろ」とか…あのクソ上司のムカつく発言の数々を再現出来ないのが悔しいがな、近くで聞いてる人がみんなして「聞いててイヤになる」「自分だったら仕事やめる」とか、そんなのを相手に」
 忍耐力の一言。
「つい最近「セクハラ」「パワハラ」の注意みたいなのが回ってきてさ…パワハラに該当する発言内容とか、まさに「そのもの」だったから、そのページを「置いて」おこーかと思った」
 やったとして気付かないんじゃない?読んでるでしょ、その人も?
「読んでないんじゃね?まあ、アレに近いのが前回の職場で直に上にいたんだが…1年ぐらい我慢して…会社に迷惑になるってのはわかってたけど、やめて。だから「我慢してる彼」の偉大さはよくわかる」
 我慢するのが正しいかどーかはびみょーだよね、それは。
「正しいと思うんだよね。彼が「反論」口調で言い返したら、もうその「フロア」からみんな出てくよ、多分。雰囲気悪すぎて。…十分今でも雰囲気悪いけど。つうか、そろそろ対処して欲しい。あのクソ上司を切るなり捨てるなり」
 ゆーりさんの時は対処無かったんだよね?無いでしょ?
「格はともかくとして…彼以外に知識ある人がいない。他にそれを出来る人がいなかったんよ」
 ダメじゃん、そーいうのって。なんていうか、1人のスペシャリストに頼ってる時点でダメじゃん。何かあったらどーすんだろ?
「約束は色々してくれたんよ。「間に彼より権限のある人間を置く」だとかその他色々色々色々…約束してくれたけど……守りゃしねぇ。権限のある人は置いてくれたけど、優しい人でさ……」
 優しい人ならいいじゃん!ってわけないのか。優しいから…。
「強く出れない。どっちが「上司」なのかわからない感じで…結局、その人はいなくなっちゃった。置いていかないでくれ…」
 でもだからって、同じよーな性格の人置いてもダメだよね、きっと?
「私には被害及ばなかったとして、衝突は起きてやっぱり職場の雰囲気は悪くなる。つまり「そーいう性格の人間は切り捨てる」以外に無い、どんなに有能だろーと、他の人間に迷惑って時点でプラスマイナスして大いにマイナス。やっぱり優しい人が大事なんすよ」
 優しくなりたいよね、やっぱり。
「難しいっつうか。私にはどうやら無理なようだが。とりあえずさ、下の人間が次々すげかわるような場合、上の人間を切ってほしかったって思う、やっぱり」
 まだ、前回の職場の話してるし。そーじゃなくて、優しくなるんだよ、優しく。
「自分が間違ってるとか思わない、自分の命令があやふやだったとか思わない。失敗は全て部下のせい、そんなのは上司とは言わない。そんなのを上に据えた会社の罪を問う。もう彼を切ってくれ、毎日毎日やかましいから。仕事をしろ、仕事を」
 耐えてる彼の為にも我慢しよーね、我慢。子供じゃないんだから。
「大人子供関係無ぇ。話を聞けよな、もう少し。話しかけても無視するとか、私の場合もあったけど…そこにまで発展しそーだな、そろそろ」
 でも、それで困るのって上司じゃない?
「責任とらないからなとかしょっちゅう言ってるしな」
 どう発言しよーと、会社側からすれば責任あるのは誰かってのは決まってる。
「それでも責任をなすりつける事が出来てしまうのがクソ上司ってもんなのだよ」
 会社が間違ってる、それは。
「上の立場の人間にまで、同じ事を出来るのが、前回の職場の彼のすごいとこだったがな。ああいうのは何て言うんだろーか?そもそもが権限を利用して「ああいう態度」をとってたわけじゃないって事は、パワハラとはそもそもが違ったんだろーか」
 にゅにゅ?…でも、他に自分と同じ仕事が出来る人間がいないって状態でなら、切られる心配が無いって事で、相手が誰であろーとってことで。
「理屈はわかる。けど、それはパワハラとはやっぱり違う。何ていうんだろーか、そーいうのは」

2006年 6月11日

「雑記やろう」
 …大丈夫?
「だいじょーぶ。最近毎日やってるし、雑記」
 無理してやるもんじゃないってば、雑記は。
「雑記用に説明か?風邪か何かしらんが、ノドが痛い、気分が悪い。眠い」
 眠いのはいつも通りだ。
「何て優しくない」
 自分で優しいって言うと嫌われちゃうから、ゆーりさんには。
「優しいと言えなんざ言ってねぇ」
 んー、いまいち元気無いよね、ツッコミに。雑記だと文字だからわかんなくなるけどさ。むしろ寝ろって。普段眠い眠い言ってるくせに。
「煩悩解放の更新開始したお知らせとかさ」
 雑記ですることじゃないでしょーが。
「ニューマリオ完全制覇した話とか」
 結局「教えて下さい、悠様、愛してます」って言っちゃったもんなー、恥を知れー。
「宇宙人にでも拉致られたか?記憶改ざんされてるよ、可哀想に」
 むしろ、それはゆーりさんが。そっか、その気分の悪さの原因は……こわいなー、宇宙人実在したのか。
「言ってねぇよ。自力解決したし」
 記憶改ざんされてるから、自分ではそー思うのってとーぜん?
「地上絵なんて知らないし牛なんて殺さないって宇宙人言ってるし」
 よくわかんないことは宇宙人に責任なすりつけちゃえ。
「解剖しないし記憶も消さないとも言ってるな」
 じゃあ、その頭痛は?
「セキも出るな。やめるか、雑記?悠にうつるし」
 あー、それは菊五郎並にバカだからだいじょぶ。むしろ、やめる理由はそこかって。寝ろよ、普通に。
「言葉なんだけどさ、やっぱり印象悪いっぽいぜ?「寝ろよ」じゃなくて」
 ご就寝なされませ、ご主人様。
「なされませって」
 ん、ここまでヒドくないって。常識の範疇だと思うけど、ボクの場合はまだ。「なのです」しゃべり禁止とか言う人が悪い。
「まあ、格好良いかどーかは2次元の範疇だわな。…頭痛いし、寝ていいか?」
 だから、寝ろって言ってんのに、さっきから。
「いつからだろーな、悠の言葉が汚くなってきたの」
 雑記検索してみれば?でも、そんな問題あるかな?

2006年 6月12日

 はお!起きてますかー。
「頭は痛いがな。雑記か…読売新聞なら読んだぞ」
 風邪だと読むんだ?っていうか普段読まないんだ?
「そんな事は無い!んじゃ、まずは最初に真面目な話題で、後半にシャナ」
※結局シャナの話は全然しませんでした。代わりにソルティレイ
 シャナはわかってたけど、読売新聞は意外だった。
「やはり意外性は大事かと」
 雑記読者にとっては毎回毎回、何が来るかさっぱりわからないから、意外も何も無いけどね。
「ネット上の記事には無かったからリンクは出来ないんだがね。パレスチナ人がイラクで迫害されてる…っつうか殺害されまくってるっていう。まずは読め」
 読まないとダメ?
「読まなきゃ雑記無理だろ」
 んー、相槌とか打ったりツッコミ入れてるだけだし…出来るよ?なめるなよ、田村悠を。何の話題かよくわかんないまま相手してる事がどれだけあるか!
「んーーー。そもそもが、パレスチナ人は被害者なんよ」
 だね。いきなりユダヤ人やってきて「何勝手に住み着いてんだ、ゴキブリ共がぁ」ってイスラエル追い出されて…。
「汚い言葉禁止」
 うにゅ、ゴキブリOK?
「ギリギリ」
 イギリスに泣きついたけど、イギリスが平気で裏切った。イスラエル周囲のアラブ諸国は役に立たなかった。以上です!
「別に説明しろとは…。韓国が北朝鮮から逃げてきたひきょ」
 以下略。
「……優遇してるのと同じでイラクではパレスチナ難民を優遇してた。なるほどね…フセインに迫害されてた方々は納得いかんだろーな。だからって…悪いのはパレスチナ人か?」
 殺すのは無いよね。治安も何もないし、それじゃ。
「ザカルウィ殺害がどーしたってのよ?大量にいるテロリストのほんの数%がこの世からいなくなっただけだろーに。大事なのはイラクの治安だろ?」
 つまりはアメリカを叩きたいわけか。久しぶりに。
「単純にムカついたんよ。フセインを排除した、テロリストを排除した、それで「イラクの為」って言う態度に。平気で殺人を出来る民衆の意思がおかしいだろうに」
 それは…アメリカのする事じゃないなー。現時点でどう考えたって無理だし。気に入らない相手は「消す」っていうアメリカの正義を目の当たりにして、「自分達がそれをやっちゃいけないのか」って事になるよ、それ。
「ただただ叩き潰していくから、どんどん荒んでく一方じゃないっすか。テロリストがどーなろーとんなもんどーでもいーんだが、「それがどーした」なんだよね。2500万ドルなんて大量の懸賞金に使う金あるならっつう。何がテロへの勝利だか」
 まー、それには同意…かな?テロに勝利したんじゃなくて、ザカルウィを消したってだけだから。
「新たなザカルウィが出たら必ず排除するって、その度に懸賞金でもかけるのか?相手の声を聴く気が無い、自分が間違ってるなどとは思わない奴はいらんのだよ。迷惑なのだよ、周りに」
 ……それは上司の話です、上司の話です。ちょっと前の。ま、テロ全然止まってないよね、イラクの市民次々と犠牲になってるし。
「イラク警察じゃ治安維持に役に立たないのはわかってる事で、ならこれは誰がやる事なのか」
 誰だろねー?
「テロリスト潰したければ潰せ。でも、その結果がもたらす治安の悪化に責任を持て」
 まさか!そんな事に責任持てるなら、そもそも戦争しないしー。ん、いや、笑うとこじゃないんだけど…昔っから同じ事言ってるなーって。
「ホントに笑うとこじゃねっすよ、それ」
 2年ぐらい前かな?人質事件ってあったよね?何か何故か被害者に批判が集中しちゃった。
「あー、私も無責任だとは言ったな。その発言自体が無責任だが。実際なんであんなに批判されたのかさっぱりわかんねぇ。無責任だったのは事実なんだが…だからってって話で」
 ん、その時の雑記「何であんなに叩かれてんの?」とかって話で「人の話聞けよ」「平和と正義は違う」って感じの。

「彼らのした事はともかくとして。現実、何故にあんなバカな反撃をするのか?それは、弾圧され続けるからなんですよね…でも、それがデフォルト…当たり前になっていて、世界は全く目を向けてくれない。だからテロと呼ばれるような過激な行動に出て、弾圧者を非難する。…でも、当然、世界は今までの現状を知らない。知っていても『テロ』は許せないという事で過激派のみを一方的に叩く…一体、イスラエルの悪を世界中の人々のどれだけが知っているのかというのが問題。テロと呼ばれるような事をする奴らには、現実、弾圧者を非難する権利を失う。…イジメられ続け、イジメられた事を他人へ訴えても通じない。『イジメられるお前にも問題があるだろ?』となる。そして根本的な問題であるイジめる人間がいなければ問題が起きないという事を認識しない。1人での孤独な抵抗の末に過激な反撃を行うと…完全に孤立化し、今までは静観していた人間全てを敵に回す…。イジめられた経験のある人間からすれば…イスラエルもアメリカも許せやしねぇんだよ。…パレスチナを保護する事は一方的であり、パレスチナの正当性を認める事になる、だからパレスチナは見捨てる。それがアメリカの論…だというのなら、イスラエルに味方するあんたらは一方的にパレスチナを悪と断じている。公平の立場にあると発言しようとして逆の結果を生み出す。…今回の事でようやく日本人はイスラムに目を向けたなんて言われている以上、やっぱり過激な行動をしないと一体、今までどれほど理不尽な目に遭ったかなんて世界は目を向けてくれないって事だろ?」

「敵意持たれるよーな事したんだろーが、あんたらが。先に手ぇ出したのはイラクじゃなくてイギリスとアメリカだろーが。アラブ世界のイスラムの真剣な声をあんたらは聞いた事あるのか?理解しようとした事あるのか?力で潰す事しか考えない野蛮人どもが。1万年ほど時代溯るんだな」

「でも、一番大事なのは、「だとしても」テロ行為は許されるものではないっていう事です。自衛隊とは無関係な人間を拉致して「命」を切り札として条件を突きつけてくるような奴らを認めていいって事になったら、どれだけでも犯罪起きますし」

「だから答えは簡単。奴らのやった事は許される事ではなくて、それは間違いなく悪行。あ、ついでなんですけど…結局笑いのタネにしたり、アラブ系人種への中傷が相次いだのは悲しかったですね。アル=カーイダがテロ行為をした、だからって何でムスリム全て…どころかアラブ人種が危険って事になるんですかね、無知っていう面もあるんですけど、それ以上に短慮」

「アメリカはイスラムを表向きは否定してませんけど、個人個人の発言では否定しているのはわかるはずです。イスラム否定発言を平気でしてしまい、焦ってそれを訂正する」

「6位の国連&アナンのノーベル平和賞は笑ってしまいますね。あぁん、平和?ほぉ、軍隊を派遣する平和とはどのようなものか教えて欲しいですなぁ」

「アメリカの暴走を止める事が出来ずに結局、アメリカが事を起こしてから、追随して同じ事をするような国連のどこに存在意義がある?強者の味方の組織はいりません…結局のところ、あの組織を動かすのは大国。国の優劣を生み出す国連は1度作り直すべきでしょう。結局、ツメが甘いというか表向きはテロ撲滅とアフガニスタン解放をうたってはいても、ただの報復…タリバン掃討さえ出来ればその後にアフガニスタンがどうなろうと知った事じゃないっていうの見え見えじゃないですか。掃討作戦には念を入れても、その後に国が荒れる事なんて誰でもわかるというのに、ほとんど何も対処しなかった。…つまりはただの無差別大量殺人。テロの場合は目的がある、人が死ぬのはその為の手段でしかない…でも、今回のアメリカのやってる事には目的が無い…目的は大量殺人であり、手段も大量殺人。同じ事を繰り返す気?何度同じ事を繰り返すつもり?国連のすべき事は悪の撲滅ではなくて、悪を生み出さない事…それは無理だから、最低でも戦争で無関係な人が死ぬのを避ける事。戦争を肯定してる以上は平和とはほど遠い。平和と正義を同一視してやしないかい?たとえ悪がはびこっていようと平和な世界は有り得る。その悪の撲滅に走る事が平和を壊す。アメリカという巨悪を滅ぼそうとすればそれは平和が壊れる事…悪が無いならそれに超した事はない、でも、それが無理な以上はどれだけ人々が平和に暮らせるかそれを考えるのが先」

「悪の存在は認めちゃいけない。けど、事を早急に行えば被害は大きくなる。戦争は悪行ですから、戦争っていう手段で悪を滅ぼしてもあまり意味がありません」

「歴史として「今」がどう見えるのか。歴史、過去の出来事としてのみ語られる事実だけを見たとしても「アメリカの対イラク戦争は正しい」って感じる事が出来る人がどれだけいるのかが疑問です」

「正論と暴論とが混ざってるな。正論で事が済むなら楽なもんだよな。………でも、それでも戦争は認めちゃいけんよな。代替手段は知らんが」
 無責任だなー。実のとこ、そのあたりの雑記「暴論」いっぱいだよ?とりあえず、アメリカと読売新聞がかなりの憎悪対象だったみたいで。
「SNKのゲームの批判雑記が少なくなっていい感じではあるが」
 最後の歴史云々はヤンの影響っぽいなー。
「だろーな、多分。実際今でも興味はある。この時代がこれから100年、200年先どう見られるのか」
 ちなみに最初の「バカな反撃」ってのも無責任だよね、かなり。バカかどーか…。
「つうか何の事なんだ、これ?」
 自爆テロ。
「あー…昔の雑記イヤになってくるな、こう見ると。ホント無責任だわ。感情に任せっきりで」
 じゃあ、シャナいこっか。
「結局、何も話をしてない気がするんだが。まあいいか。やーーっとDVD3巻見た話を」
 まだ4巻と5巻と先なっがいなー。
「たまってるなー。んーー、でも何か話題が特に無いな。同じアニメを無視したオーディオコメンタリーでも岩田さんのは不快じゃないのは何故か?」
 無視しっぱなしでもないっていうか、基本…シャナの話してたからかな?
「そーいうのとは違うよーな気がするなー」
 同じ「アニメを無視した」っていう「同じ」が誰なのか雑記読者に通じるのかどうかがむしろ、ボクには。
「心配する必要は無い。誰かわかる必要なんか無いから」
 そりゃそーだろーけど。
「結局さ、ソルティレイは最後の最後まで2流だったなと思うんよ、3流ではないけど」
 シャナの話題諦めちゃったよ、あっさり。ソルティレイの話題って雑記で全然してないよね、実は。
「理由は2流だったから。出来がいいとも思わないし、かといってツッコミどころ満載なアホアニメでも無いつう」
 セイバーマリオネットJ+万能文化猫娘+ビッグオーって感じで。
「基本設定とキャラが良くないから、各話でどう頑張っても2流の域を出れなかったなー。ソルティレイジオは面白かったんだが」
 過去形だ。もう過去の思い出になりはててる、速いし、それ早過ぎだし。
「CD買うからもう本放送聞かなくていーやとか思い始めて…いや、もう、心はまじぽかだから」
 「斎藤桃子」さんに限っての話になっちゃってるよ。
「ツッコミでも何でもないよな、そーいうのは。聞いてみるか、ソルティレイジオ」
 ツッコミ入れる為に発言してるわけでもないし。あんましセンス無いのわかってるし。そもそもツッコミ入れてないし、今日は。…アクセラいいって言ってたよね?
「それは結構良いって意味であって、もしそれを認めるとしても、いいキャラが全然いなかったって事実は変わらない」
 ま、ロイ以外どーでもいー感じではあったけどね、ボクからしても。
「ユートとかラリーもおいしいキャラなんだけどねー。全然上手く使えてなかったし」
 ユートは………アレはさ、原作者が…んー。
「まあ、終盤は結構面白かったんだけどな」
 冴えなくてごめんなさい。ユートって誰だっけ?
「機械オタク」
 ………いまいち、記憶に無い。ラリーは?
「ローズのお兄さん」
 そっちは記憶にある。おにーさんのほうだよね?
「…意味はわかった。会話としてはどーかと思うが、それは」
 意味はわからなかった。
「最終回が良ければそれだけで印象良くなるのに、あの最終回はなー…。結局何を描きたかったのかよくわかんなかった。テーマが無い」
 AIはプログラムされるのか?
「ソルティレイの評判は全くしらんな、そーいや。今更、オリジナリティ求める方が難しいけど、それにしたって、オリジナリティ無さすぎっつうか…盗作としか思えない設定で、どっかでどころか「特定の数作品に限定しても」見た事のある話ばっかりってのは」
 それでも2流って評価つくんだから、ゆーり的にはじゅーぶん高評価じゃない?
「ローズが死んだとことか、同じ事繰り返すロイの可愛さとか…主にロイの可愛さ」
 ローズはアレはむしろマイナスひょーかなんだけど、ボクだと。
「実は生きてましたとかいいじゃないっすか、有り触れてて。もし生きてなかったら、ロイがどんどんダメな人になっていって、ソルティの大事さに気付いて…ソルティ失って、また誰かに八つ当たりしてみたり…とにかくロイがダメな人に…っていうステキな展開になってたんだろーなー」
 ツッコミどころ満載のアホアニメじゃなくても、そーいう見方をしてれば、もうそれはじゅーぶんに。

「相変わらず、飛ばしてるなー「トキワ層」か…思いつかねーや、そりゃ」
 浅野真澄さんは凄いですよ?何でそんな事思いつくんだろって感じで結構天才?

2006年 6月13日

 今週のジャンプやろっ。
「うい。あー、学校の階段2が流れてく。今に忘れるぞ」
 雑記さ。5月31日から休んでないんだよ、気付いてた?
「昔は休まないのが当たり前だったんだがな」
 ボクへの愛が雑記更新頻度に直結してるそーです。
「そーだったん?」
 愛です、愛。世界は愛で包まれてるのです。
「ラスプーチンに洗脳されやがった」
 こち亀の宇宙人洗脳ネタは危険だった、すっごく。
「つうか早売りだと…被ってんじゃね?まー誰も真似したとか思わんだろが」
 ちなみにアニーステージ。
「煩悩解放をプレイすべし、すべしすべし。まずは買え」
 責任はとらないけどね♪
「だいじょーぶだ。面白いから」
 ゆーりの面白いは時々ズレてるから。
「豪血寺はそもそもがズレてるから。何で全然人気無いのか疑問だ」
 でもさ、煩悩解放が極端に人気無いっていうか…昔からあんまし人気無いんじゃなかったっけ、豪血寺って、意外と?
「キャラウケで終わるんだよな。キャラだけじゃないのに。ただ旧シリーズは人気が無いだけで…」
 新豪血寺は批判が多い、か。それは…開発が別会社になった時の宿命だよね。
「わかるうんだけどね、闘婚に最初に触れた時のショック…「ネオジオコンテンツ」持ってなかったら、それっきりだったかもしんなかったから」
 闘婚を素直に移植できないから「新作」扱いになってて、それでいて闘婚をちょっと改良しただけな内容なのも影響かな?
「んーーーーー…あー、ジャンプにするか。ツギハギさ…腹貫かれてるし、死なね?普通」
 そんな普通なツッコミ入れて楽し?楽し?そんな常識通用したらむしろ間違ってるし、ツギハギ的には
「ぼっこり」
 んにゃーーー。
「腕も無いし、特技も無いし…頭も悪かった……名前さえ覚えてない、ヒキョー君。ダメじゃん。頭は鍛えようよ」
 作家って色々求められてるなー、あの世界。格闘家より強くないといけないし…機転も利かないとダメだし。
「何でアレが新人戦出てくるんだ?ホントに「何も無い」ぞ、彼?誰があんなバカに「出し抜かれる」んだ?」
 犬クン。
「彼1人だったらそーだろーが。彼を出し抜いたところで「何も無い」んだが、あんな小者。覇王丸がナコ倒して喜んでるみたいなもんだぜ、そんなの?」
 はい!真侍!…そこに黒子が出てきて台無しになった感じ、今回の?
「んー、右京が覇王丸倒していい気になってたら黒子が出てきて…腹貫通」
 ツギハギの面白さが少しわかりました、先生!
「おう、ツギハギはジャンプの救いだから。打ち切り間近だろーし」
 救いがなくなります、先生!
「また、何か降臨すんじゃねっすか。最近のジャンプはクオリティ高いから。不快なのは却下だけど」
 先生、名前思い出しました!…守屋じゃなかったっけ?
「それはどーでもいい」
 結構ヒドいよね、それは。
「みえるひとが随分と前に来てたけど、アレはやっぱり人気あるんかな?ツギハギを差し置いて」
 周りのクオリティが高いから、辛いよね、みえるひと。
「テニスは何か、境地がどーとか「頭おかしい人」だらけだし。何で人気あるんだろーな」
 キャラと…頭おかしいとこかな?読んでみれば?
「んーーー?まあ却下だろーな。後は…」
 銀魂どー?ボク娘さんいるけど。
「いいっすね、いいっすよ、キューベーちゃん」
 ちゃんづけになるだけで、何からぶりー眼帯してそーなイメージになるのはさすが。
「カタカナにすると、キューピーちゃんと一文字違いなんすよ」
 ゆーり…あのさ…………だから何?
「何でそこで呆れられるのか謎。いつも通りのクオリティっすよ。読んでて無駄だろーなっていう、基本的読み飛ばしつつ内容だけ知るみたいな」
 そーなんだけど。
「学園帝国っつうのもあってな」
 サンデーだっけ?
「おー、ついてきたか。「何それ?」率高いかと思ったが。ハンパに古いのは知らなくてそれより古いの知ってるっていうのが「田村悠」なのに」
 じゃあ、かなり古いって認識で。
「古いよな、まあ。んーーー、今回はこんなもんか?NARUTOがさ」
 音の四天王の時からずーーっと、サスケ追跡。そんなに魅力あるのかなー、サスケくん。
「もはや「気持ち悪い」の域に達してるんだが、ナルトの場合。ストーカーみたいなもんだ」
 ナルトの場合、イルカ先生とかカカシ先生とか、同期の子とか…サスケにこだわる意味がね。
「サクラは既に義務的にサスケ追いかけてるようにしか見えない辺りは…岸本先生の技量の無さなのか、サクラが実際にそーなのか。つまりそれだけナルトが気持ち悪い」
 一部の人には全然オッケーだけどね、サイ君とか狙ってるとしか思えないキャラまで出てきてるから。
「じゃあ、結論。今週一番良かったのは…アイシールド。何か最近どんどん良くなってる」
 今週一番良かったのはデスノートの映画宣伝。
「ふざけんな」
 リュークの可愛さを見事に再現!
「可愛いのはシドウであってリュークではない」
 リュークも十分に可愛い。

2006年 6月13日その2

 起きてるなら5秒以内に返事ね。…5・4・…ちなみに…
「待てや」
 何で?
「返事しなかったら起こすからって展開か?」
 何か眠くなかったからさ…説明…はいいか、まあ来るデス。起きてたんなら問題無いだろーし。
「まあいいけどな」

どう、どう、これ?どー思う?
「んーーー、あー、普通だね。騒ぎたい奴は騒げばいいしって話で」
 興味ないのってヘンなのかな?って思ってたから何か安心した。
「他の奴らが何考えてよーがどーでもいーだろーに、それこそ。興味無いとすげーぜ?「昨日の時点でも知らなかった」っぽいから、ワールドカップの存在自体。いや自分自身のことなんだが」
 うにゃっ、それはヒドすぎ。新聞とかニュースとか。っていうか「っぽい」って何だ、っぽいって自分のことなのに。
「多分、見たり聞いたりしても「見えてない」し「聞こえてない」んだろ?意味わかるか?」
 何と無く。んと、露伴センセーと仗助のファーストバトル状態。
「ちょっと違うけど、そんなもん。興味無いっつうのはそーいう事。まあ、そもそもがニセもんの愛国心で騒いでる奴らが嫌いで…絶対に関わりたくないってのが数年前からのサッカーでのバカ騒ぎで」
 ん、同じ。しょーじき言うとサッカー自体嫌い。興味無いんじゃなくて嫌い。だからどーしたって気になる。
「大変だな、そりゃ」
 ゆーりの「境地」とでも言うべき状態は羨ましいかもなー。知らなかったって、そんな。
「ハンパに「嫌い」な状態だとそんなもんなんじゃね?本気で嫌いだと、もう…昔だとKOF、今ならクソ侍。無視したいのに無視出来ないつう」
 いつまで我慢すればいーんだろ、この騒ぎ。
「悠に普通に「嫌い」なものがあるのが驚きだよな」
 ボクを聖人か何かと勘違いしてませんか?今までだってイヤなものはイヤだって。
「オリンピックもいつの間にか始まっていつの間にか終わってたもんなー。オリンピックはワールドカップ以上に驚きだった。何でオリンピックやってんの?って感じで」
 それは羨ましくないな、さすがに…まずいと思うんだけど…そこまで世間離れしてると。どーしよーもないオタクだし、それじゃ。アニメとかゲームとかばっかりで。
「改めて言われると…どーしよーもないな。だからってスポーツに興味持てばまともかっつうとそうでもないと思うが」
 どーすると、その状態になれるのか不思議だよ。
「不思議だなー。いつからだろ?いや、ホント不思議だ。だってホント驚いたもん、オリンピック」
 それで何で浅野真澄さんとか「凄い」って言えるんだろ。
「なるほどなー。ありえるのか、「色々と知らない」生き方」

2006年 6月14日

 忘れないうちに雑記行くよー?
「ネタ無いなー」
 階段どーしたんだか。とりあえず、はお!
「はお?階段はやる気がある時と無い時と。まあ、2巻も面白かった。キャラが最初から作りこまれてるからこその2巻ってのが…間違ってるがな、新人作家としては」
 1巻だけで終わってもそれで物語完結してるなら良くない、それで?
「いいんじゃないか?じゃあ、OKWaveをてきとーに」
 デスノートなんかどー?
「何故、シドウはあんなにも萌えるのか」
 検索してみよっか?
「…いいっす、無いっす。つうか興味無い」
 所有権の質問が最近にあるけど…スルーかなー、これは。
「んー?あー、ツッコミ入れるのも無粋だしな。「ノートのルールを把握した上で読み直せ」って事だし、こーいうのは。読み直しても矛盾が多いからわかりずらいかもしれんが」
 単行本はあっちこっち修正されてるから、少しはわかりやすくなってるはずだけどね。
「現実…ノートを取り替えた意味はほとんど無かったな。まず…自分が所有権を持った事の無いノートであっても手にすれば「記憶は蘇る」っぽい。ヨツバキラについてた頃のレムがノートの切れ端をミサにさわらせて「切れ端を云々」と、まるでノート本体に触れれば記憶が蘇るよーな事を」
 ダウト。所有権持ってなかったノート触れても記憶蘇んないはず。
「わかってる。わかった上で「あのグルグル所有権」はヒドすぎって話をしてる。おかげで質問されてんじゃん」
 ミサの記憶は実際蘇らなくたって問題無いし、リューク憑かせるなら所有権いじる必要ないし。
「レムが選んだ人間に渡すノートに「ルール」が書かれてるかどーかか?…本気でミサが「L」の本名を覚えてる事を期待してたなら「記憶」は大事だがな。普通に考えて「覚えてるわきゃない」。つうか「それぐらいの事がわからない」なら」
 ついでに言うけど、眼の取引はレムだとしても…する可能性高くない?しないとミサが月クンに見捨てられて、それだとミサは「生きて」けない。取引しないんであれば、レム自身がLを殺しちゃうだろーし。状況こそ違うけど、実際にやっちゃったし。
「眼の取引に応じないのは死神のルールに反しないのかね?」
 自由取引じゃない?人間の為のルールとは言ってたけど、応じる義務は無いと思う、多分。何か設定されてそーだけど、単行本で、その辺り。
「まあ、ミサにつくのはリュークだろーがレムだろーがどっちでもいい気はするんだが、代替キラに憑くのはレムで無いといかん。結果…残ったノートの所有権を持った死神はどーしたってリュークになる、それだけだと思うが。何でノート交換にそんなに深い事考えるんだろーか?」
 無粋行っておいて、結局随分語ったな。好きだよね、デスノート。
「私ぁ、プライドの問題で月はLもレムも始末するって考えてたんだがね」
 んー?何か…何の話?
「実際、そうでもなかったよーで、邪魔にならないならレムを始末する必要ないって考えだったとしか思えないわけだ」
 それよりはまず明らかに脅威いになってるLをどーにかする。プライドはその後って感じだったとかさ。
「そもそもがレムを「殺せる」状況に持っていくのが難しいんで、もしかしたらその状況になるかもしれないぐらいの感覚で、それも「始末」するよりは「誰にも所有権の無いノートを手に入れる」為に」
 月クンがどう考えてたかより原作者がどう考えてたかな?月クンはレムを始末する気でいたのかどうか。
「まあ、それはわからんからな。緊急にどうにかする必要があったのはミサが「邪魔」だった頃。その後、月がレムをどうするつもりでいたか…そんなのそもそもが設定されてないと思うし。そこまで考えてやってるなら、もうちょっと整合性のある作品になってる…星矢かー。現時点で1つしか回答ないけど、2つ目は来るだろな、きっと」
 ハーデス編の続編て、天界編の事かな?
「それか「ハーデス実は寝ぼけていた!」が発覚した、冥王神話か?続編かどーか微妙だが」
 ハーデスって事ならストーリー上はともかく直接の続編ではあるか。
「たった数百年前の聖戦を神話時代と勘違いする程に寝ぼけるハーデスは可愛い。リンかけ2買ったら、相変わらず凄かった」
 ボクシングをやるつもりなど無い!!
「惜しいな」
 何が?
「地上戦をやるつもりなど無いみたいな台詞を主人公が…ボクシングの試合で」
 ボクシングに地上戦なんて言葉自体有り得ないってば。
「ハリマオまでいたしな」
 むぅぅぅ、ジョー?
「ジョー」
 で、地上戦じゃなかったらやっぱり空中戦、普通に?
「普通に空中戦す。さすがに水中戦とかそこまで荒唐無稽なのはない。転所自在の術の使い手がいるわけでもないし」
 飛翔脚とか空中で軌道変えれないと飛ぶと危険だぞ、多分。避けれないし。
「ボクシングに蹴り技は無い。そう思っていた時期が私にもあったっすよ」
 ヴァネッサがあっさり破ってくれたねー。
「そんな話をしてるわけじゃない!つうか、今のはなー、今のはなー」
 ヴァネッサのは蹴り技だよね?
「蹴り技っすね。でも、アレはボクシングの蹴り技じゃなくて、ボクシングスタイルだけど蹴りも使うんだと思うんすよ。つうかバキは伝わらないか」
 バキ?
「つまりは、大地を蹴って大きくジャンプして…そして空中戦を行う。曰く「ボクシングの蹴り技」なのだよ」
 バキいつの間にかすごい事になってるな。まー、紐切りとか試合中に手術する人とか…元から尋常じゃなかったけどさ。
「…信じるか、ふつー?」
 信じると思うよ、ふつー?バキだし。
「悠の中ではバキとリンかけは同レベルか。さすがに空中戦はしない。大地は蹴るけど」
 っていうか大地を蹴るは事実なんだ…それは蹴り技って言わないぞ、ふつー。
「正解」
 だよね!
「でもな、バキとリンかけを一緒にしちゃダメだぞ。バキはなー、バキはなー」
 何か殴られた気分だ。
「……ダイバスター!」
 正解♪
「まあ、つまりバキは「カマキリ」と死闘を繰り広げちゃうような漫画なんすよ」
 んーー、信じるかな、それは。どーいう意味でカマキリ?
「人間大のカマキリとバキが死闘。硬いし、腕いっぱいあるし複眼だし、苦戦してたっすよ、すごく。リンかけなんか、どんなに無茶しよーが所詮は人間同士の殴り合いっすよーー」
 リンかけの「聖闘士ボクシング」と普通な格闘漫画一緒にするなって言われたのかと思ってたです。わかりやすく言うなら「バキは一応、普通の格闘漫画。そう思っていた時期がボクにもありました」って感じで。カマキリってなんだよー。いつからそんな…。
「まあ、紐切りはともかくとして、幼年編の時点でもう無茶苦茶だったと思うがね。ガイアとか」
 聖闘士に一度見た技は通用しない。そう思っていた時期が俺にもありました。天界編にて一輝兄さん語る。
「応用簡単だし、各地で使われてるだろーからあんまし使うのはお勧めしない。つまり使い尽くされたネタになってる、おそらく」
 了解。もう使わないっていうか多分忘れる。…使った時は見逃して貰えると嬉しいです。

2006年 6月15日

 今週のサンデーいくよー?
「2日連続「行くよー?」スタート」
 何からいく?
「ネコなび。宇宙人みたいなネコがラブリー」
 姫ちゃんは2回も出た、2回も!今週は頑張った、ペロ先生!
「8ページ「も」っていうペロ先生はヒコロウ先生並。今日はこんなもんか?」
 パン屋は?「ニキビをはやしてみたくなった」並の霧崎オーナーとか。
「正気になってみたくなった。パン屋はいけるね。パン作ってなくて、リアクションが無い時は悪くない。獣医は常にダメだが」
 それが獣医だから。
「まあ、パン屋は主人公がムカつくが、ツギハギとおんなじよーなもんだ。…ツギハギの方が面白いが」
 サンデーだから、こんなレベル。
「サンデーダメだなー。日記漫画が最高レベルってのダメだろー。あー、ホント無いな。テニスとか弟子とか好きだけど、語る事は無いし」
 柔道も語る事無いな。やっぱりこの展開なんだ?って。オーケーウェイーブ。
「独特だな。ウェイーブってのは」
 びみょーにテリーっぽい。オッケーゲイザーとか。
声優は低く見られてない
 見られてない。そう見られてるのはアニメオタクだ、アニメオタク。
「声だけで演技が凄いっていう「質問者」が正しくて、それを「逆」と言った回答者は間違い。声優は俳優としてもやっていけるように訓練されてるし」
 でも、その逆をやろうとすると…アニメファンに叩かれる結果が待ってる。
「明らかに下手だしな。声優が低く見られてるように見えるとしたらアニメオタクが悪いのだよ」
 シャアみたいな。
「でも、アニメオタクがいてこそ、現代の声優はやっていける面もあるし、どーでもいーんじゃないか?」
 じゃあ、これが面白いかな?
「んー、むしろ逆を見つけるのが難しくねっすか?」
 アニメ版の出来の悪さを語れとは言ってないのに、そーいう回答ばっかし。
「コナンは…今週のサンデーの「漫画の描き方」みたいなとこで「否定」されてたのが笑えたな。パン屋さんから見てやっぱり「失格」らしいぞ、コナン」
 そんな事言ってたわけないし。
「読めよ」  言ってないし、多分。
「苺ましまろはアニメの方が面白い話もあったし、原作の方が面白いのもあったし…同等っぽい」
 アニメの方が出来いいの探すのって難しいなー。聞かれてもないけど、そんなの。
「BLUE SEEDはアニメの方がいいな。つうてもコミック版を原作と言っていいのかどうかだけど」
 んー、んーーー、にゅーーー。
「ホブゴブ語出た」
 グララン語だよ! 「グララン語も違うけどな。思いつかんなー」
 ローゼンメイデンはいいかも。

2006年 6月16日

 何か雑記のネタあったけど忘れた。酸素薄いから。
「酸素?」
 ゆーりが好きそーなのならOKWaveにあったけど。多分明日にはもう消えてるだろーなっていう。
「あー、リアルロリ系はまずいよな、そりゃ消されるわ」
 にゅ?ちなみにスーパー系は?
「なるほど、こーいうのかー。別に好きじゃないぞ?」
 何でこーなるかな?
「まあ、気にしない方がいいだろ、こーいうの。利用者の大半は善人だ…おぉぉ、これは前に見た「回答者に文句つけてた人」と………その相手まで!…豪華だなー」
 やっぱり、ゆーめーなんだ…。なんだよー、この世界。
「OKWaveは実際かなり闇だしなー。OKWaveに批判的な質問を「残す」ことで誠意持ってるように見せて「本気でまずい」のは凄い勢いで消してる」
 そりゃ消すでしょ?誹謗中傷禁止は「ルール」なんだから。
「おぉ、正解だ。…悠は結構頭がいい」
 相変わらずバカにされてる気がしてむしろムカつくです。
「でも、社長自身がマナー守ってないらしいがな」
 マナールールじゃないしね。証拠は?
「リンク先参照て事で」
 …何?
「雑記見ればわかるだろ、多分」
 ……雑記に張るリンク先を素直に出せ、素直に。
「残ってるかなー?…残ってるな。おー、消さないでいるか。本気でまずいわけではないらしい」
 マナーだからね。っていうかさ、批判迷惑でしょ、他の利用者に。好きで利用してるとこが他の利用者に批判されてたら気分悪いよ?
「おう、悠はなかなか頭がいいな」
 まだ言うか。にゃるほど、確かに…マナーっていうか…言った事守ってないのか。でも、愛だから、世の中。
愛Tだしな!」
 それ、ITのIを愛って言ってる?何か寒くない?
「それがOKWave流っすよ!」
 勝手にそーいう事言っちゃダメです。
「リンク先参照て事で」
 まーた、そーいう……ホントっぽい事を。…ホントに愛T言ってたのか。
「言ってたんすよ。信じていただけて幸いです」
 リンク先云々言われたら。
「これで雑記にリンク張られてなかったらステキだな。うはははははは」
 下品な笑い禁止ー。
「いや、何かビーストウォーズの影響で。まあ、イヤなら利用しなきゃいいって話だな。社長がマナー守ろうが守るまいが、サイトには関係無いし」
 マナー守る人ならもうちょっとだけキレイかもねって程度かな?どーしたって態度悪い人いて、それ完全排除するのも無理だし。
「雑記的には実に便利だし、漫画系の質問は作品の評判わかる事結構あるし…「愛T」は無いだろ!とは思うが」
 愛Tは有り得ないな。
「愛をトランスフォーム」
 愛が変化?
「あー、トランスファーだったかも」
 とにかく愛は世界なのだよ、わかったかな、ゆーりクン。
「わからん」
 だから貴様はアホなのだ。
「いっすよ、そんな意味わからない事わからなくても。結局、今日の話題って」
 ネタに困ったらやっぱりOK。
「で、わかった事は悠は意外と」
 可愛い。
「意外なんだ?」
 意外に。
「頭がまで言っちゃってたら?」
 柔らかいで逃げる。
「むぅ。頭がに気付かずに可愛いって言っちゃってたら、どう切り返す?」
 意外と頭が可愛い?…意外と頭が河合…
「武士?」
 ちょっと違うな、それだと。河合は合ってる。
「意外と頭が河合武士……思い鍵盤のピアノで指を痛めるというとんでもないボクシングの特訓を思いつく頭」
 そーいう頭にボクはなりたい。そんな面白い人なのか、河合クン。
「ちょっと違うがな。一般的にそれはボクシングに役に立たない技能だよなーって事をやる。しかも何故かそれが役に立つ」
 先見の明か。いいね、それも。
「全般的に悠が表に出てくると」
 雑記が無茶苦茶になる。わかってるけど、わかってるけど…。
「明日は少し抑え気味で」

2006年 6月17日

 忘れないうちにそろそろ雑記いこっか?
「なんかさ、今日気付いたんだけど…風邪治ってないわ、どーやら」
 元気そーに見えるよ?
「うい。でも、実は治ってはいないらしい。ちょっと気分悪かったり、何かくらくらしたり、鼻が」
 はい!はいはい!!同じです!
「何が?風邪か」
 多分!そー、多分…ボクは今風邪をひいてるっ!
「無茶苦茶元気だな」
 だから、同じ。何か鼻から水が出るんです。
「そーいう表現はやめよーな」
 額が熱かったり、目がかゆかったりノドがかゆかったり。
「ツッコミ待ちか、あ?…花粉症だろ、それはッ」
 花粉症で額が熱くなるかーーー。
「なるんだよ、場合によっては」
 どんな場合だ、どんな。夏に花粉症に………つまり、こーいいたいのか。バカは風邪ひかないから花粉症になると。そー主張したいわけか、この鬼畜ー。
「そんな事は主張していない」
 夏に花粉症は無い。
「んー、調べてみるか」
 無いって、きっと。
あるもんだなー
 ノドがかゆいってのも花粉症かな?
「まあ、つまり風邪なのだよ、まだ」
 いや、聞けよ。じゃなくて、聞いて下さい?
「お?言葉の乱れを正すか。まあ頑張れ。かゆいだけだ」
 言うか、それを。「だけ」とか言うか。いーのか、鼻から水出すヒロインいても。
「ヒロインかよ」
 久しぶりに水出た。
「前は春に花粉症の症状出てたよな?何か最近症状出てなかったけど。つう事は」
 そーいう体質?何で春に出なくなったか疑問。
「じゃー、久々にウィルスの話題でも」
 コンピュータウィルスの話題のくせにー。
「当たり前っしょー。久々言ってるんだから」
 花粉症ウィルスを発見せよ。
「そんなものは…無い!」
 花粉症は体内に潜む花粉症ウィルスが原因なのです!
「そーっすか、じゃあ頑張って探して下さい」
 自分の体の中探すのはちょっと難しい。
「他人のもな。つうか目に見えるウィルスなのかよ…寄生虫か、それは?」
 巨大ウィルス。
「もういいからこれはどう思うよ?」
 んーーー、にゅーーー。
「ホブゴブ語はいっす」
 ごーぶりーーん。んー、いつも通り。
「相変わらず、何でそこまで「感染すんの?」っていう。対策ソフト入れようが入れまいがっつう。まあ、認識無茶苦茶な人は入れた方がいいわけだが、ウソで脅迫するのはダメだと思うんだよな」
 回答者にとってはウソじゃなかったとかさ。ごぶごぶ。
「ゴブリン語だ。たとえばだ、数年以上、ウィルス対策のとこで回答し続けてる=知識があるではない!ただ単に数年以上、ウソを言い続けてるだけっす」
 いきなり何かわかんないけど、ずーっといれば他の回答者の言葉とかも読む事になるから結構知識はつくはずだけど、理屈では。
「ウィルスに関しては素人が答えちゃいかんのでは?と思えてきた。自信あるなしでなくて、質問者はわからないから信じて返っちゃってたりする質問も結構あるし。各ウィルス対策ソフトメーカーは無責任じゃねっすか、OKWaveと提携して「面倒な質問は素人に任せる」って態度で」
 だって、メールで質問しても遅いらしいし。
「うい。昔は便利だと思った。メーカーが答えないことにも答えてくれるだろーし。ウィルス対策のとこをずーーーっと追いかけてたからこそ「最近のウィルスバスターつうかトレンドマイクロ危険じゃないっすか?」って気付かされたんだが」
 あーーーーー、あったなー。パターンファイルの不具合が次々と出てきてるのに、それを隠し続けてたトレンドマイクロ。
「誤診連発して、それを信じてファイル削除しちゃった人もいっぱい出ただろーに…メールで問い合わせした人にしか知らせかったり、サイトにちっちゃく書いてみたり、すぐに裏にひっこめっちゃったり、凄い対応だった。で、その直後に大事件」
 「高価」なソフトだからって信頼出来るわけじゃないっての、はっきりと示してくれたもんなー。
「ウィルスバスターについて書いた雑記まとめよっかな」
 ん、手伝おっか?
「花粉症がうつるからいい」
 やはり花粉症ウィルスは実在したのだ!
「何それ?」

2006年 6月18日

「むぅ、雑記の時間無いな」
 あるよ?ボクならだいじょぶ!心配するな。
「いや、悠の心配はしてない、最初から」
 わざわざ好感度下げて楽しい?…次にお前は「眠いんだよ!」という
「眠いんすよ、すっごく。明日っつうか今日は秋葉原でZEROと龍虎探し。さすがにあるだろ」
 無い。
「買ってもしばらくは飾られたままだろーが。つうかさ挑戦者現る!!復活させたくないっすか?」
 雑記ってどこに公開してるんだっけ?
「著作権とかの問題はあるんだけどさ、PCエンジン格闘とか…アンバランスファイターとか」
 ア、アハハハ…アンバランスファイターね。アンバランスすぎて言葉も無いっていう。
「あそこまでつまららなもの仕上げてくるとは思わなかったわ。完成遅れまくった時点でもう「ダメなもの出来上がるだろーな」ってのわかってたけど」
 ダメすぎじゃない。でも面白くない。ツッコミがいがない…対戦しても何にもならない。
「高ぇよ、アレであの値段は。しかもアレがボックス全巻購入特典。100円のゲームの方がよっぽど出来がいい」
 元がフリーソフトだからね、それは。
「元は無料かー。更に上じゃないっすか。どうせなら狙えよなー、ダメすぎなのを。FIST見習えよ」
 原作者が怒るから、そんなの。
「黒木センセっすか?…………実在しないじゃん」
 言ったなーーー。言っちゃいけない事言ったな。っていうか、原作者は「木尾先生」だぞ、今は
「アンバランスファイターもう少しどーにかならんかったのかなー?蓮子の必殺技が実装されてないってのは「いい感じ」だったけど」
 アレはウケ狙いとしてはなかなか完成度高いね、うん。コマンド入力するとただ隙が出来るだけってのは。
「本気で作るつもりで、とてもじゃないけどそんなもん入れる余裕無くて…って感じはするが。あー、ホントに原作者が木尾先生になってる。小説のあとがきのとこではっきり言っちゃったってのはあるけど。…黒木優=木尾士目でなくて、やっぱりでっちあげて欲しかったなー、黒木優っていう人物を」
 げんしけん世界には実在するって事でいーじゃんそんなの。
「明らかにこれはファンが望んだ、くじアンではない」
 そー言われてもなー。
「小牧がいないくじアンはくじアンではない」
 小雪ちゃんがいるんだからいるんじゃない?
「千尋にくっついてるのが小牧で、キノコは人気無いから退場か?」
 後ろにいる、後ろに、原型留めてないけど…多分、この子が。
「マフラーまいてないからこれは小牧ではない」
 じゃー、リサだ、リサ=ハンビー。出世したなー、リサ。
「いづみもいないなー」

2006年 6月19日

「むぅ…アンケートカテゴリは(以下削除)」
 入らない入らない。
「質問者なら「気に入らない回答者がいた」。回答者なら「質問者の対応が悪かった」。その他、オークションの取引相手とか、「私はこんなヒドい目に遭った」って主張を「こういうことする人はどう思いますか?」ってアンケートにすりかえて…「その相手をなじってくれる人」を求めてる。こんなのはアンケートじゃない。「相手の行為を少しでも擁護しようもんなら」…」
 回答者にかみつく?
「そういう人もいるし、陰湿にいつまでも覚えていて…次々と似たようなアンケートして、同意見が少ないと「厳しい」だの何だの。意味が無ぇよ、「そうですよね!」とか何が嬉しい?」
 嬉しいよね?
「嬉しいだろうが、意味が無ぇ。マナーマナー騒いでる奴は明らかにマナー違反してるし。質問態度悪いなら答えなきゃいいだろうに、マナー違反ですって答えるような人間はそもそもがマナーがなってねぇし」
 放置がマナーかな?間違ってる人に…。
「悠と議論するつもりは無いんだよな」
 ん、無駄か。
「何かさ、全般的に……頭痛いんで寝ていいですか?」
 また、頭痛いと、眠いと…「頭痛い」「眠い」「やる気無いから明日以降」はお約束だな、もう。
「今日は何かやる気ないんだよな。煩悩解放も放置されてるしなー」
 闘婚の再構成とかすれば?画像無しで公開するつもりあるならさ。
「既に結構進んでる。つうか頭痛いんだよ、ホントに」
 ファイナルファンタジー3って買う?
「話をいきなり変えるな」
 シリーズで初めて…思いっきりリメイクだけど。
「買うと思うぞ。で、ラストダンジョン…セーブ出来ないまま数時間と」
 それを今の時代にやったらどんな批判受けるか。
「3ってさ、初めてプレイしたFFなんよ」
 知ってるよ。安かったから買って…そしたら面白かったって。前に聞いた。
「そっか。まあ、それ以前にSa・Ga2やってるんで、初めてのスクウェアRPGじゃあないんだが」
 順番が何かよくわかんないな、それは。サガでスクウェアRPGが面白いってわかって…って感じかな?
「ドラゴンクエストがかなり好きで、だからファイナルファンタジーは嫌いだった」
 ゆーり的理屈ではそーなると。子供みたいな、そんな。
「子供なんだよ、当時」
 で、サガはファイナルファンタジーじゃないと?
「つうか開発がどこだとか知らなかった。ファイナルファンタジー3をプレイして、アレェ、何か「ケアル」とか聞いた事あるぞー?って」
 有り得ないです、相変わらず有り得ないエピソードです。何か久々にゆーりの有り得なさ知った。
「FF3プレイしたのはホントに気まぐれだからなー。とにかく安かった。じゃあ、プレイしてみよっかって」
 Sa・Gaの方が名作だよね、でも?
「何をもって名作とするかはわからんが、Sa・Gaで名作なのは魔界塔士と秘宝伝説とロマサガの3つだけ」
 冒険感ある、Sa・Gaには。冒険してるんだっていう感覚が。Sa・Gaって何で復刻しないかな?
「今作ると厳しい評価受ける。となると大幅リメイクになる…すると厳しい評価受ける」
 だいじょぶでしょ、FF1とか2とか普通に発売出来るなら。なら、1と2セットで出来るよね?
「普通、セットなら3もじゃないか?」
 敢えて駄作を入れる意味は無い。
「駄作じゃ無ぇよ。名作じゃないってだけで。Sa・Gaの名前を貶めた愚作っていうだけで駄作じゃないっすよ。普通に遊べるし」
 駄作と愚作はどっちが「マシ」に見てるんだろね、その作品を。
「ゲームシステム云々より、シナリオと音楽が痛かったんだろーなー、私からすれば」
 ゲームシステムはどーでもよくない?
「それも極論だがな」
 音楽は大事だよね、すっごく。そのゲームの裏のイメージになるし。
「Sa・Ga2がヒットしたのはFFと前作でかなりの実績がある植松氏に任せるんでなくて、誰だったか覚えてないけど…」
 覚えてないってのも失礼だって、それ。知らないっていうならともかくさ。
「確か…伊藤けんじ。けんじの漢字は覚えてないけど。で、伊藤氏がそれ以前にどんな仕事をしたかわかんない。けど、あまりにもいい曲を提供してくれた。植松氏の曲と一緒になって違和感が無い曲を」
 ゲームBGMは大事って事で…「血の涙」「涙を拭いて」「この道わが旅」がベスト3で。
「ドラゴンクエストはドラゴンクエストフィナーレが一番の名曲だと最近は思ってるっす」
 渋いとこ来るな、随分と。
「3のメインBGM…冒険の旅か?アレもオーケストラバージョンで聞くとかなりの名曲だなって。ドラクエはIVまでは名曲揃いだな。IVまでは」
 作曲者変わってないんだけどなー。IVまでなんだ?
「IVまでだなー。ベスト3は無理だなー。イースとかアクトレイザーもいい曲多いし、ドラキュラもいいの多いし、天外2もいいし」
 天外も2限定になるのか。カブキ伝ってどーかな?演出はともかく…歌。永遠のサングエとか好きなんだけど、結構。
「神谷さんいい感じに歌ってたしな。あー、サクラ大戦の歌謡ショウが何か終わるって書いてあった」
 いつまでも続けられるもんじゃないから。5ってどーなっちゃってる?サクラ大戦自体が何か終わったっぽいんだけど。
「やる気無いんじゃないか、王子様に。ラチェットがヒロインになれる余地の無い新作出てもなぁって。いつの間にか引退してるし、ラチェット」
 あの第1話のが引退公演だったってのが公式?ラチェットなんてスターの引退がそんな地味に?ゲーム中描かれる事もなく?
「描かれてないからこそ、引退はしてないってファンは信じてたんだろーになー?霊力復活イベントとか無いもんだろーか、続編で」
 で、欧州星組が敵になる、と。
「ならんよ」
 欧州星組には性格に問題のある人しかいないのか。
「かえでさんが悪い」
 帝都花組と巴里花組と欧州星組と紐育星組と…欧州星組が最強に思えるんだけど。何か間違ってるっていうか。
「欧州組はそれぞれマイナス?」
 帝都はそれでもまだメンバー多いから大神隊長をマイナス。これで大体メンバー数同じかな?
「何か帝都組が一番弱く感じるな」
 紐育のはSTARの力があるからね。
「普通に考えれば紐育組が一番弱いはずなんだがね。出来たばっかりだし」
 やっぱり……馬に乗って……霊子甲冑も無しにステキに立ち回れる人の存在とか…。
「やっぱりエピソード0が強烈だったからかなー。実際ゲームだとジェミニ大した事ないっつうか一番役に立たんキャラだが」
 昴とラチェット欠けてるのに、それでも帝都組よりは強く感じる、それは…やっぱり新しいからだろーなー。
「いや、4で紅蘭がなんつうか基本的に戦力になってないんだなって思って。で、アイリスも戦力としては頼りない。なんだろーなー。特殊すぎ、帝都花組は」
 だから、数で補ってるんだってば。
「でも、すみれが抜けたんだろ?」
 それでも、隊長合わせて8人もいるんだけどね、帝都花組。巴里なんか5人だよ、5人。隊長いないし。
「紐育は戦力外とはいえ、ラチェット入れると7人か。巴里は平和なんだよ、きっと」

2006年 6月20日

 誕生日だっけ?
「違う」
 やっぱり誕生日は祝うべきだよ?祝う人がいないなら自分で祝うとか。
「悲しいだけだろ。つうか誕生日じゃないから」
 誰かの誕生日だよね?
「どっかの誰かのな」
 そっか………今週のジャンプいこっか?
「よくわからん間だな。銀魂かな?信念があろーが護るもんがあろーが「実力」がいきなり変わるわけがない…素晴らしいな、おい」
 友情努力勝利の賜物だね。
「よく意味がわからんが」
 このシリーズは普通にいいよね。我流が道場の剣術バカにするって展開多い中で、実戦剣術の欠点とか。
「あー、つまりは旋風の橘批判だな」
 してない。
「サイはダメすぎ」
 ダメすぎ。何年かけて感情消したのかしんないけど、その数年が無駄になった。ダンゾウさんは里の事をホントに思うなら、サイは再調教しないと。
「優しさなどいらんのだよ。寝返るにしても早いんだよ!ダンゾウさんは一体今までサイに何を叩き込んでいたのか」
 チェスの人に裏切られたサンシャインヘッドみたいな。
「お?2世ネタっすね」
 この辺りまでは読んだ。
「悪魔の心が足りんなぁ」
 悪魔にだって友情はあるんだー。だから。
「サンシャインダメすぎっすよ。ジェロニモにやられてから堕ちる一方っすよ」
 それは最初からダメだったって言ってない?
「音に倒される超人ってダメだろ?弱点多すぎだろ、初期サンシャイン」
 おっかしーなー、愚者強かったのに。
「ジェロニモなら楽勝だったんすよ」
 スタンド持ってないから無理じゃないかなー。スタンドが出す音じゃないと。
「つうか砂が音に弱いってのが意味わからんが。何がどう弱いのか」
 つまりッ!ストレンジリレイションのおじーさんならイギー楽勝。
「音に攻撃出来ないとか言ってたから、楽器がスタンドなんでなくて、音がスタンドなんだよな?」
 一般人には聴こえません。スタンド使いしか操れない以上は「音がスタンド」で間違いないと思うよ。
「スタンド使いにだけ聴こえる音って…使えそうだな。成長すれば「自由に音」出せるかもしんないし」
 そんなのだったら、エコーズだって。
「エコーズは音を出すスタンドだ。ストレンジリレイションは音のスタンドだ」
 勝てないよなー。スタンド自体は無敵かな?
「音の弱点か…何だ?」
 どーでもいーけど、音忍は弱い。
「あー、どーでもいーな。たいぞーにするかな。メガネクンの失敗はだね」
 てめぇは俺を怒らせた。
「いや、敗因じゃなくて。敗因とも違うと思うが」
 誰を怒らせたのか答えよ!
「知らん。候補を乱立したら票が割れる。常識人っぽく、男子女子両方の支持を受けれそうな笛路さんだけで良かったんよ、スカウトするのは」
 実際それ以前の問題だったけど。誰を選ぼうと負けてたし。
「オラオラ化計画はいいと思うがなー。名前呼ばれたら返事は「Yes、I Am」」
 とりあえず犬を焼却炉に投げ込んだり、カメを投げたりしないよーに、その辺の校則しっかりしとかないと危ない計画だけどね。動物愛護っていうか。
「まあ色々と危ないと思うぞ。………うん、かなり危険っすね」
 何想像したんだろーなー?。最後にツギハギでもいこっか。
「最後なんだ?……あー、いっか。他に無いし」
 アテルイ君の失敗は…地上に行けばもっと「命」あったかもしんないって事。命踏みにじむの好きなら、命いっぱいあるとこ求めなきゃ。
「バカなんだろ」
 失敗作だ。
「自分が何者か自分でも知らない…いや、自分で語ったじゃん、何者なのか。使命が何なのか」
 バカなんだね。とんでもない失敗作だーー。
「色々と間違ってる。ヘンな生命体創ってそれに頼るとか。命かかってんだぞ、種族の」
 アンブレラで全部解決する展開も間違ってる。
「それは間違ってない」
 …間違ってるよ!やっぱり!一瞬考えちゃったけど。
「ツギハギは面白いなー。どうするとこんな面白い事思いつくだろな」
 シッポで大ダメージとか?
「地上に出た途端、太陽の光で溶けたら笑えるな。地底人どんだけ間違ったもん創ったんだって感じで」

2006年 6月21日

「ジェミニ=サンライズだの星野明日香だの」
 今日は何にする?
「特に無いんだよなー」
 絶望した!
「絶望先生買ったけど、相変わらずなんだよなー」
 この世には絶望しかない。希望なんか持つな、常に心に絶望を!合言葉は生まれてきてごめんなさい。
「微妙にかいぞーだな、それだと」
 さあ言え、生まれてきてごめんなさいと!とか、そんな事をかいぞー君が言ってた覚えはある。何でそんな事になったのかは覚えてない。
「日本人は元々楽天的だから、ポジティブ思考なんざいらん。天才塾ではネガティブ思考をとかそんなネタだった」
 ……くっだらない事覚えてるなー。ネタがネタだから?
「少し前だったらMI2公式コンプリートガイドの出来の悪さをとくとくと語ったとこだが、全くやる気しないし」
 ネガティブだから。
「ネタ無いなー。まあ、評価は五段階で3ってことで」
 出来悪くないじゃん、それなら。
「何か驚くような事無いもんだろーか」
 実は…。
「たとえばだよ!!」
 えと。
「煩悩解放のどこが良いのかと、後はカプコンキャラの紹介とか書いて…そんなもんかな。空しい」
 驚くような事はだから…。
「「ボク娘」で検索してみたらさ、MSNには無視されて、yahooではトップ。で、googleだと…跡地がトップ」
 跡地がトップ…googleダメすぎだね、それは。情報もとめて検索すると、違うサイトにって。何でアレがトップに来るかな。
「google自慢のプログラムももはや過去のもの。検索順位が無茶苦茶すぎてまるで使えん。深く掘らないしね」
 奢りかなー?って、そーじゃなくてさ。
「以上。特に発言が思いつかないつうか無い。今日の結論は絶望」

2006年 6月22日

「じゃあ、今週のサンデー行くか」
 ネコなびはちょっとダメだったかなー?
「まあ、そんな事より…ロリポップから誕生日祝いメール来たんよ。…何で誕生日知ってるんだ?っていうか…ちょっと嬉しかったのがすっごい悲しかった」
 誕生日入力したんじゃない、契約する時に。って、何か人聞き悪いっていうか、ボクがまるで誕生日無視したみたいな言い方やめて下さいです。
「こうやって過ぎてくんだなー。ヤン=ウェンリーにもーすぐ届くな」
 届くって…ヤンって33歳でだっけ?
「誕生日にシシーの性能調査」
 勝手にやってたくせに。ときめきイベント発生させたのに。
「してねぇよ」
 20歳になったらイベント発生させるって決めてたから。
「そんなイベントがいつの間に!しかも、それアンタの誕生日の話だし」
 1人じゃイベント起きないんだよねー。
「しっかしロリポップいきなり面白い事するなー」
 ボクの時は何も無かったのにー。
「そりゃ、悠が契約したわけじゃないから」
 イベント起きなかったし。起こせなかったし。
「多分、オリジナルが起こしてたんすよ」
 うい、それは正解。
「そーなのか。…あー、じゃあサンデーの話にするか。ネコなびはペロ先生頑張れって事で流して…テニスが「破天荒テニス漫画」とかそんな感じな事書かれててさ…アレで破天荒だったら…って」
 王子様はテニス漫画じゃないから。リングにかけろがボクシング漫画じゃないのとおんなじで。
「草場先生はやっぱり上手い。ファンタジスタの時も人気のあるレギュラーを捨ててあっさり海外に行っちゃって、最後に日本組と海外組との戦いって展開で盛り上げるっていう」
 今回のはちょっと違うけどね。人気のあるレギュラーなんていないし♪
「嬉しそうに言うなーー、貴様…何て暴言を」
 日本での展開に無理出てきたから海外に飛ばしたってとこかな?
「いやー、結構いいキャラいたぜ、日本にも。やっぱりレギュラーを入れ替えるのは大事っすね、長く続けるには」
 テニスは長く続いてないんだけどなー。
「長く続く予定なんすよ。サッカーは微妙な…つまらないわけでなくて、結構悪くない。でも、微妙」
 サッカーはもーいーって。注目のパン屋と獣医でいこ、パン屋と獣医で。
「どっちもダメっぽい」
 おじーちゃんをパンで洗脳すれば解決。
「そんな解決法は却下。獣医はもう問題外だろ?」
 アレはファンもフォローするの辛いだろーなー。
「こち亀より「真面目」にやってる分、痛い。つうか漫画じゃないし、もはや」
 モリタイセンセーのは………んーーーって感じ。んーーーって。
「巨人みたいな名前になっちまった」
 ……ジャイアンツですか?モリタイ…何人?
「ゼントラーディ」
 新展開っていうかよーやく本編?んーーー、主人公ダメっぽいんだよなー。
「まあ、無視もよかろう」
 むしろ優しさだから。
「優しさ微妙。サンデーは相変わらず微妙だなー。ペロ先生が頼りなのに、アレは無いだろ」
 普段のはOKって事だよね、その発言はつまり。
「普段のは面白いだろが、普通に」
 久米田センセーなら、黒い例あげてるだろーなー、あれって。
「まあ、確かにネコなびはオリジナリティあるっすよ。ネタはともかくとして…」

2006年 6月23日

「まじぽか発売日かー。買わんとなー」
 ホントに買うつもりだったのかー。名作だからいーけど、ダイバスターがなー。
「ダイバスターはダイバスターで買おう。無駄な作品多くていいなー、これが日本なんすよ。萌えアニメとか違うんすよ」
 まじぽかの萌え否定。一部ファンに喧嘩を売った。
「最高の最終回だったじゃないすか。最終回に花粉症の話っすよ」
 ゆうまさんはバカだから風邪の代わりに花粉症になった。
「それは田村悠だけに起きる現象だ」
 バカじゃないもーん。
「微妙に、ゆうまさんしゃべり」
 人気投票最下位だから花粉症になった。
「1位だっつうの!でもアレ、不正連発だったろ?ゆうまに不正に大量投票されて…その後、罰なのか何なのか、恐ろしいまでに一気に落ち込んで。普通に投票した人に悪いと思わんのかー!」
 ちなみに、ゆーりは投票した?
「ゆうまに3回ほど」
 その挙句に最下位。
「1位だっつうの!りるにしよっかなーとも思ったんだけど、まあ3級だし、ゆうまかなと」
 3級だしね。
「不正投票一度は消したけど、抗議か何かあって復活させたって事かなー?それはそれで他のキャラに投票した人に…ダメなスタッフだ」
 不正する人がいっちばん悪い。そんな事して何が楽しんだろ?自分が好きならそれでいーじゃん?
「なあ?他の人もそのキャラが好きで結果1位ならそれでOK。最下位でも別にどうでもいいことだろーに」
 1位になったキャラからプレゼントっていうそこがひっかかったかな?
「スタッフさんもよっぽど困っただろーなー。結局、4人全員分プレゼントだぜ?」
 意味無い人気投票だなー、それも。何回も繰り返して結果発表しなかったネオジオフリークよりはマシなんだろーけど。
「結果発表してないんすけど、これも。ゆうまが不正投票で1位だったって事以外」
 堂々と不正アクセス書いてるし。実際、結構怒ってる?もしかしてスタッフさん達。
「不正投票はムカつくっすよ、人気投票やってる側としては」
 不正アクセスって犯罪じゃなかったっけ?
「不正アクセスが犯罪なのではない」
 何か法あるけど?
「この法で言うところの「不正アクセス」と不正投票は違うな」
 実は該当する行為をしてた。何か読むのが面倒だけど、禁止してる事を制限解除して行うとか。
「ま、3級はなかなかに良かった。ってなことで、OKWAVEでも見てみるか」
 暇つぶしの友、OKWAVE。…暇ってわけでもないだろーに。
さすがドラクエってとこか」
 おぉぉぉ、回答者多いなー。何か普通だし。
「魔法だぜ、魔法。悪用しなきゃー。まあ、何か1つって言ったらパルプンテ選ぶが」
 そー思ってた。そんなダメな人の為にささやかに「レミーラ」。
「いらねーよ!いらねーよ、そんなの。地味に使えそーな辺りがすっごくいらねぇ」
 トヘロス。
「蚊とか寄ってこなくなるかな?」
 聖なるオーラで身を護る魔法だったはずだから…魔物じゃない「蚊」には効果無い。
「使い道ないじゃん」
 ささやかで平和だよね。マホトーンとか。
「それもいらん。ニフラムならどうだろう?」
 蚊?効果あったとしていちいち使うわけ?インパスどー、インパス?
「役に立ちそうにない呪文選びしてるわけではない」
 役に立つよー?宝箱がピカピカ光る。トラップがどうとか見破る必要も無い。ピカピカ光って幸せな気分になれる!
「男のロマン、レムオルねぇ?」
 実際に透明になるんじゃなくて、誰の目にも見えなくなるって魔法かな?
「詳細は覚えてねぇ」
 アレって動かないと効果永続だったっけ、確か。…禁止ー。なんか色々とピンチです、田村悠。
「あー、でもさ…もしそんな能力あるってわかったら、いちいち確認せんかい?」
 おぉぉ、なるほど。…レムオルって何か効果あったのかな、アレは?
「エジンベアに入城出来る」
 それ以外で。
「気分的に」
 商売ってなると、ザオリクは明らかに「有り得な」さすぎて危ないからシャナクとかどーかな?怪しい感じで。
「用途が無ぇ」
 村正に困る徳川家とか。
「村正を装備したならともかく…つうか呪いじゃねぇよ、別に」
 真面目にキアリー。ソードワールドのキュアーポイズンだとアルコール消し出来たし、出来るよねキアリーでも、多分?
「邪道な使い方だがな。そんな事の為に神の力はあるわけじゃないし」
 ドラゴンクエストの僧侶の魔法って神の力かな?
「違うと思う」
 じゃあ、OKだ。世の中にはピュリフィケーションで皿洗いするシャーマンもいる事だし。
「実際にはやってねぇだろ、んな事。そもそも皿洗いにならんし」
 キアリーはともかく毒消し草の万能っぷりに惚れる。天才だよ、アレ作った人。しかも安い。
「あの世界に毒は一種類しか無いって結論づけたと思うが昔。歩くとダメージを受けるっていう毒」
 何か猛毒とか無かったっけ?
「天才はいっぱいいるから。どんなトビラでも開けちゃうけど使い捨てっていう「商売上手」な「かぎ」とか」
 1回使うと壊れて鍵穴に埋もれちゃいます。扉を直して下さい。…まさか、扉屋さんとも結託してる!?
「扉屋さん?」
 結局、初代の魔法の鍵の仕組みってどんな?3の魔法の鍵を元にして…何をどーやって?
「アレは魔法なんすよ」
 それなら何があっても納得。魔法の鍵言ってるし、そーいうことかー。
「扉に鍵かける意味の無い世界になってしまい自然と「鍵」屋さんは消滅しました。以上」
 話ずれてきたから、結論ね。当サイトの結論は「レミーラ」と「シャナク」。
「2つ選ぶなよ」
 2人いるから。
「レミーラとシャナクのどっちだ!」
 何が?
「2人の内訳」
 それぐらいは選ばせてあげよっかな。
「じゃあ、レムオルで」
 禁止。パルプンテ言ったくせに。っていうか2択だから。
「…レミーラで」
 うい。承認。
「その2つでシャナク選ぶ奴ぁまずいねぇ」
 ボクが選ぶ。実際に選んだし。
「実際、パルプンテ以外いらねーな。いらないって事ぁ無いだろーが…いらんなぁ」
 実のとこ、ボクが魔法使いだって事は普通に忘れられててる。
「使わないじゃん、だって」
 世界揺らぐんだもん、使うと。

2006年 6月24日

「相変わらず、韓国…朝鮮をバカにする人が多いっすね、OKWAVE」
 思想の問題だからね、その辺って。バカにするのも見下すのも間違ってるけど、嫌うのは勝手だし。
「勝手すね。だからっていうか…韓国は日本を嫌ってる、だから韓国を嫌うってのは理屈としてくおかしい。相手が勝手に嫌ってるんであって、自分が相手を嫌うかどうかは別問題で」
 ういうい。でも、嫌われてる人に大してはやっぱりイヤな感情持つ事も多いかもしんない。
「もう、ホントやめてくれって感じなんすけど。嫌うなら勝手に嫌ってればいい。自分のサイトでわめこーが、友達にだろーが。不特定の多くの人間が目にする場所でやるな。下劣な奴らだ」
 日本人ってまだ無能って域には達してないんだけど、どんどん堕ちてってるからねー。あっちこっちから嫌われてるし、そーなると防衛策として「自分達が悪いわけじゃない。悪いのは…」って。
「イヤ、韓国が嫌うからって」
 そー言ってる人もいっぱいいるけどね。
「韓国を嫌う日本人のほとんどがクソに見えるのは、クソな奴らばっかりが発言するからか?」
 だろーねー。嫌ってるからってわざわざ普通言わないし、けなさないし。
「日本人は優秀だとか言い出す人は救いが無いんすけど。優秀な人もいるだろーが…国籍単位で優秀かどうか比べて意味あるのかよ。つうか優秀じゃねぇよ、今の日本人は。昔はどーだったか知らんが」
 じゃあ、今も優秀って言えるよーに頑張れ。
「優秀だって言ってる奴らが頑張ってくれや。彼らが言ってる事を彼らに当てはめると一致するんだがなー?あーいう無能どもが日本の評価低くしてるんじゃねぇっすか?」
 無能言っちゃうし。多分、仕事とかでは無能じゃないんだと思うぞ。
「この際、韓国の事はどうでもいいんで、日本人が優秀だと言う連中に対して、まずは「低い学力…特に数学力」をあげる事、それから…無駄に反社会的な割に甘えてるプライドの高いニート君達をどーにかする事辺りを」
 無駄なのか反社会的行動って。無駄じゃーないと思うけどなー。
「FAとは何かなんて問題を出しておいて、ヒントが「フリーアゲント」なんて声優がいる時代!」
 っていうか、もうヒントじゃないよね、それは。答えだし。アゲントじゃあないけどさ。
「スタッフじゃ投稿者のどっちかが悪いな。斎藤桃子さんの理解出来る範囲を考えて「カタカナ」で書くべきなんすよ。日本人なんだから英単語読めなくてもいいんす、カタカナ読めれば」
 どこまで甘いんですか!!でも、英単語読めなくてもいいってのはいいね。日本っていい国だ。
「実際には読めないとバカにされる事が多いと思うがな。漢字も読めなくてもいいんすよ、ひらがな読めれば」
 雑記は全部ひらがなで。
「読みにくいし、読めないような漢字を使ってるつもりは無い。簡単に変換出来る怖さはここだけどな」
 変換出来ても敢えて変換しない。その程度は9割以上の人が出来てるはず。
「おう。その程度の常識は誰でももってるのは不思議でもあるな」
 自分が読めないからとか。
理想の上司みたいな話題出てるな。最近、結構隣が静か」
 見るに見かねて…誰かが上に報告した。
「それは無い。時々やってるから」
 報告した。
「んー。ちなみに、この質問者のよりもっとヒドい。前回の職場の人も、この程度話にならないぐらい悪質だった。仕事してるだけマシっていえばマシだけど」
 だとするとどっちがマシかってのは難しくない?
「んーーー、大事なのは与えられた仕事をちゃんとこなしてるかどうかで。仕事もしてたけど、勤務時間中に寝てたりもしたぞ?疲れてるからだろーけど。この質問者さんは愚痴にならないように書いたんだろけど、これだけ見る分には「当たり前」なんじゃないか?っつう。上司がどんなタイプだろーと、無駄口だとかそんなもん厳禁なの当たり前だろ?」
 静かな職場です。
「んー、ちょっと違うかな。まあ、質問者はその上司がどうとかでなくて、上司とはどういうものなのかって聞いてるわけだからどーでもいーんだが」
 でも回答者さん達は的外れな事言ってる人多いよね。
「運が悪いとか、それが当たり前だとかそーいう意見を聞きたいんじゃなくて、上司ってどんなもんだと思う?ってアンケートなんで」
 「上司とは…部下に責任をなすりつける存在」とか、そんな感じで。
「上司云々以前に勤務時間中にゲームをするのはOKなのかって話で、OKなわけがない。見た事はあるけど、随分と前の職場で」
 する事が無かった。
「無くても他の人が気付かないようにやるべし、そんなのは。仕事してる人間のやる気削ぐから、そーいうのは」
 それで給料出るんだから、いい会社だよね。
「かなりダメっすね。前の前の前の職場だったかな?」
 いい、その話は拒否する。愚痴聞く気なーい。
「危険回避か」
 ゆーりの為でもある。イヤな人の事を思い出す必要なんか無い。
「優しさっすか」
 優しさだってばよ。
「また語尾が…今度はナルト語か」
 ナルト語……びみょーな響きだ。 「あー、アニメナルトの話久々に。出来悪すぎて面白かったから。花忍者とか磁石忍者とか、そのアイデアもそーだけど、ストーリーとか設定とか展開とか「小学生が書いたのか?」としか思えない穴だらけの」
 ん、今のシリーズはヒドすぎて結構笑えたからボク的にはオッケー。もう、男塾とかの世界だし、磁石忍者。せっかくの磁力なのに、使い方全然わかってないし。
「地下水から水を汲み上げてる忍者とか。自分の最大の武器であり唯一の武器ともいえる「水」。自分の弱点を把握してないのはどーだろー?」
 お魚さんとどうやって契約したんだろー?
「展開的な間違い。…間違いって言い切っていいよな?」
 いんじゃない?間違いは指摘する気も起きないなー。
「じゃあ、しない方向で。こーいうの書ける人がガンダム書くとステキなのが出来上がって暴動起きるんだろな。どこまで頭悪いんだろーか?」
 笑えるって意味では娯楽性高いよ、今回の。いっつもつまんない事やってるし。
「娯楽なんだろーかなー、間違った面白さってのは。そもそもナルトはいつ修行するんだろーか?中忍試験はいつ行われるんだろーか?」
 ちっちゃな頃から鉄を食べてました♪
「体が重くなるなー」
 鉄分十分。
「毒を飲んで、毒に耐性つけるってのはあるけど、鉄…」
 水に対して無力な忍術。霧隠れの忍者は最強って事で。
「いや、NARUTOがバカって事で。うむ、確かに水邪様の水ガードは完璧だ!」
 水に対して無力な忍者って…。
「今まで以上にツッコミどころ多すぎてかなり困るな。無能すぎるチョウジとか無能すぎるヒナタとか…無能すぎる敵とか」
 無能すぎる……とか。
「声がちいさーい」
 言えない。
「これが白眼の力かー、みたいに磁石忍者言ってたが、ヒナタはただクルクル回ってただけで、白眼の力じゃないと思うんだがね。敢えて言うなら日向一族の体術であって」
 見てないな、それは。
「だいじょぶ、見てたけど途中で寝ちゃったし。見る価値の無い1話だったから」
 もうダメだ、アニメオリジナル。そろそろカカシ先生の過去の話とか。オリジナルで三忍の過去の話とか。
「オリジナルでそれはまずいだろー。原作者怒るよ?そのうち書くつもりかもしんないだから。結論…アホ磁石忍者の影響で風影の評価は落ちた」
 だいじょぶ、むしろあがったから。
「もういーっすよ、邪忍。ロクな能力じゃないし、しかも使いこなしてないし…音の四人衆より弱いし」
 …音の四人衆はどこまで低く評価されてるんだろ。トップレベルなのに、音だと。
「王位争奪編時のキン肉マンがステカセキングに苦戦したり、ハーデス編時の星矢がミスティに苦戦したり、そーいうレベルの事をやってる。今のNARUTOにとって敵じゃないんだが、あんなカスども本来」
 そこはバカだから、いちおー納得出来る。
「ヒナタはナルトの側にいる割りに落ち着いてる。落ち着いてるけどいつも以上に無能」
 5代目、依頼人なめてるでしょ。
「素人に背後とられて気絶する日向ヒナタ。使えねぇな、日向一族も」
 木の葉ダメだ、もう。

2006年 6月25日

 っ…な…。
「はっ、遅いんだよ、起きるの」
 ………4時だよね?……16時?…えぇぇぇぇぇ?
「16時なわけねーだろ」
 だって、あれ?
「空見れば一目瞭然だろーに」
 ……遅くないじゃん、全然。起きるの遅くないじゃん。
「雑記やってないんすよ、昨日…つうか深夜に」
 誘ったよ。
「知らん。ボビーで忙しかった。で、そこでだ…」
 今からー?
デスノートの矛盾点の質問とか面白いんで」
 また、来た?再来?
「OKWaveっす。ポテチの袋がどうとか「それしか矛盾無いのかよ!つうか矛盾してねぇよ、それは」っていう」
 そんなにデスノートの矛盾って見つからないもんかな?
「大量にあるっす。それがわからないのはただ単に頭悪いんです。言い切ってしまうが、頭が悪い、明らかに」
 敵がーーー、朝から敵がー。増える増える増殖中増殖中。
「矛盾でなくとも、明らかに何か間違ってる点だとか…「ツッコミどころ多すぎて笑える」系統の漫画でないかい?…他人に指摘されないと「わからない」奴はムカつくんよ。そんな奴が「自分ではわからない」クセに「他人に否定されたものを一緒になって否定」すんだろ?山本弘センセーを信じちゃったり」
 おぉぉぉぉぉおぉぉぉ、朝から元気だ。どーでもいーから、そんなことは。
「まずポテチ関連だがな、Lがカメラ設置する以前から小型カメラを仕込んだポテチは用意してあったんすよ。他の家族が絶対に手にする事が無い事がわかってたから」
 ゴミを漁らないのかってのは?
「バレんじゃん、そんなの」
 カメラ設置だって普通に考えてバレるだろ。
「まずホントにゴミをチェックする必要があるのかから何だが、それは後にして…月はゴミが回収されるの見てなかったか?」
 覚えてない。
「残念、私も覚えてない。まあ、家の中に入ればバレにくいカメラ設置と違ってゴミを漁るのは辛いぜぇ?目につくから」
 んー、ゆーりはデスノートを肯定したい?
「違う。この前の信者さんもそうなんだがね「特に問題とはならない箇所」を「大きな問題」「矛盾」として捉えてるから、それは違うだろ!ツッコミどころはそこじゃないよな?って」
 何でそーなるんだろね?何でズレるんだろね、認識が。
「で、ゴミをチェックする必要があるのか?徹底的にカメラを設置しておいてそれが必要なのかって事で。「わざとライトに自由行動」させてるとしか思えなかった「抜けてるL」がゴミのチェックをするとは思えないんだがね、私には。自分の行動に絶対の自信がある以上は」
 まあ、可能性としてゴミのチェックをする事もあった、「有り得ない」わけじゃない。逆に言うと「ゴミチェックをしない」事も有り得ないわけじゃない。どっちをとるかは原作者。…ただ、監視しても結局…。
「おう、展開として最悪だったがな。理屈が無い。ライトつうか夜神家に怪しい点が無かったのを認めてるのに、ライトにこだわる。あの時点でライトにこだわる明確な理由が無い」
 Lが完璧だと、ライト君に抜け道無いから、漫画としてはしょーがないんだろね、多分。
「しょうがなくはない。それが不自然なんだっつうの。結果…Lは頭はあまりよろしくないけど勘がいい、それか運がいいだけの男って事になる」
 いやー、有能だよー、何でも出来るし。テニスとかヘリの操縦とか。目開けたまま寝たり。
「だから、ツッコミどころが多くて笑える漫画なんすよ。何だろーな…最近「描いてないからダメ」的な「間違ったデスノートの間違い指摘」が多すぎる。そうじゃないだろーに。描かなきゃダメな部分を描いてないならともかく、描かれなくても「常識的に判断すればわかる」事は描く必要は無いんすよ。つうか後付けなだから描けるわけないんだが」
 後付けが悪いんじゃなくて、どれだけ上手く「後付け」出来るか。昔の設定とか台詞を覆さない形でどこまで出来るか。
「デスノートの場合、描かなきゃダメな部分を描いてない事も多いけどさ、ポテチは違うよな!って話で。単行本捨てたの痛いな」
 実は「違くない」かもしんないのか。
「でも、記憶だと、わざわざリュークが不自然な説明台詞で「他の人は食べない」事を確認してたしなー、月に。仕込んですぐならそんな事聞く必要も無い」
 そもそもリュークが聞く必要が無い。
「だから不自然な説明台詞だっつったろーに」
 間違ってる、ヘンだって騒ぐ前に何度も読み返してみるしか無い。
「あはははははは、無理だ、もう。まあ、騒いでないからいいか」
 どーだろ。
「騒いでないよな?」
 今さっき熱弁ふるいました。
「それは違うぞ。微妙に。あー、7番さんが説明してるじゃん、事前に仕込んであった事を説明してるって」
 じゃあ、解決じゃん。何でこの回答者さん達は「ポテチの袋」にそんなに騒いでるかな?
「実際、自分では「おかしい」とは思ってなくて、1番さんが指摘したから一緒になって。で、7番さんが「間違ってないっすよ」って指摘して終了…かと思ったら1番さんは絡んでる。事前に仕込んだって話が出てるのに、事前に仕込んでないことを前提にして論を展開して、だから「間違ってる」って。そうじゃなくて「事前に仕込んでない」事を証明しないと、そりゃ事前に仕込んでないなら「無茶苦茶な展開」って話になるだろーが」
 記憶が蘇った時のあらゆるパターンを想定できるライトクンだから、Lがいつかは自宅監視って手に出てくる事ぐらいは予想してた。それでいいです、もう。
「つうか、実際にそういう展開だったと思うんだが…。その先読み出来すぎてる事にツッコミ入れる事も出来るが。この時の雑記って何言ってるかな?」
 確か、Lよりはライトの行動がヘンだって。何で黙ってカメラ回収させちゃうのっていう。

「今回の盗聴にしても不可解なんですよねぇ。FBIの捜査に対して私は「普通に考えてキラが殺人を行うのは家の中だろうに…何をもって「シロ」ってしてるんだ!」とかツッコミいれたわけですが…」
 今回は家の中だけ…外までは追跡しない。FBIの尾行にキラはすぐに気付いたってLは仮定しておいて、盗撮はすぐにはバレないとか思ってたのかな?
「キラは気付けば、証拠なんか見せない…だとしても尾行されれば行動が極端に制限される。カメラに気付いたのであれば家の中では大した行動を起こせない…はずなんで」
 キラがもし複数いたら?とかって可能性も全く考慮してないし。仲間がいるかもしんないし、同じ能力をもって、同じ事をしてる人が複数いるかもしれない。FBIを殺したのと重罪人を殺したのと、軽犯罪者でも殺しちゃうのと…別人かもしれない。
「そこまで考えると確かに答えが出せなくなるんですが、Lの「ハンパ」さにはイライラします。やるなら徹底的に。尾行すると殺される可能性が高い…かもしれない。でも、それによってキラの正体はかなり限定される」
 ただ、命を捨てる覚悟をもっててLが使える駒なんて無いから無理って事になる。
「カメラつけても、それでも「答えが出ない」。で、未だに疑い続けてる…あの両家にキラがいないと断定しない限り、別の捜査をする気もないみたいですが、彼はいつまで経っても「怪しい」って態度を崩すとは思えません」
 偶然っていうか必然なのかもしんないけど、目をつけた中にキラがいたからいいけど、そうじゃなかったら本気で無駄な時間を過ごす事になっちゃう。
「つまりは「徹底」しないから、いつまで経っても疑いが晴れない」
 いっそのこと、こち亀名物のTV差し替えを。
「各家庭ごとに違う「犯罪者」のニュース流すんですか。無理です、一体どれだけの協力があれば可能なんですか、それは。もし、仕掛けた家庭の中にキラいなかったら面倒な事になりかねませんし」
 むぅ。
「他に指摘点っていうと、ライトがもし家の外に密かにカメラを取り付けた場合、カメラの回収に向かったであろう人物は思いっきり撮影されちゃいます。いつか回収に来るであろう相手に対してライトが何も手を打たなかったっていうのは…何か考えがあっての事なのかっていう」
 やるとしたら「密かに」かな。
「あれだけ大量のカメラとなると…ライトの部屋だけであの数ですから、手馴れた人物でも結構時間かかります。大量の人間を使えば、仕事の質がバラバラになりますし、近所の人に発見されやすい。やっぱり、1人か2人の仕事でしょうな。で、彼らは命を捨てる覚悟は出来てるのか…そもそもが何の為に仕掛けてるのか知っているのか?あの異常なカメラの数を考えるにLの関係者って考えるべきかと思います」
 そーいう事に手馴れてる人って、いちいち個々の事情なんか気にしないんじゃないかな、プロ?
「ふむぅ、でもとりあえず最低、「顔」ぐらい知っておくのは悪くないことだと思いますがね。Lに辿りつく手がかりの1つになる可能性高いですから」
 ん?…あー、あのカメラがLの仕掛けたものだって断定は出来ないわけか、ライトの場合。多分、Lだろうとは思っても。
「まあ、Lだろうがそうでなかろうが、あんな事をする人間は知っておく必要あると思います」
 ライト君としては、自分がカメラの存在に気付いた以上、Lも気付くかもしれないっていう思いはあったかも。後、監視カメラ買うっていうのもかなり危険だし。特殊なものだから。
「別にカメラじゃなくてもいいんですけどね。いや、何か仕掛けなかったのかなーって。ただ、黙って取り外されるのを待ってたのって、何かライトらしくないし。挑発にいちいちのっちゃう彼がカメラ仕掛けられて黙ってるっていう」
 んー、そのうち…実は何か仕掛けてあったとか、後付けで描かれる可能性は一応残ってる。
「多分、それはないと思います。…何もしなかったのか、ライト。でも、下手に動くよりはいいのかもな、それで」
 もっと、前に「動かない」って選択をとるべきだったと思います。

 まず、FBIが「シロ」としたのは明らかに間違い。これは作品の間違いじゃなくて、FBIっていうかレイの間違い…ミス。
「いや、レイでなくてFBIだろ?そういう捜査方針だったんだから」
 んー。で、その後のLの判断。キラはFBIの尾行にすぐに気付ける程の人物であると判断していながら、カメラは気付かれないと思ってたのか?…これは、尾行よりは気付かれ難いって思ってただろーし、FBIよりは自分が使う人間の仕事の方を信頼する。で、バレた時の事も当然考えてて、いきなりカメラの存在にバレてたらキラは証拠を見せない。カメラがバレないって思ってたんなら、ライト君を疑い続けたりしない。もし、バレなかったらラッキー!程度でとりつけた。
「OKだ。多分そんなとこだろう」
 長台詞疲れた。
「おー、頑張ったな、じゃあ次。つうか「これでキラの正体わかったらラッキー」って認識だとすると、ほとんどのツッコミは意味を成さなくなる」
 だね。キラが複数いようがそんなの関係無い。
「でも、あの時の捜査方針からすると少し違うんだが、まあLだからいいか」
 ライト君が報復処置をとらなかった理由は…危険だったからかな。リュークのおかげにしたって自分がカメラに気付いた以上、報復処置とったらそれがバレる可能性が高くて、その場合…ライト君はカメラに気付いてたって事がバレちゃう。それはまずい。致命的な失敗にはなんないけど、まずいのは確か。
「そうっすね。まあ、この辺りは後付けしやすかった箇所だと思うけどな。取り外し場面が描かれてなかった以上は」
 こーいう箇所の後付けはOKな部類なのか。
「そうっすね。まあ、連載当時の私が言ってる「挑発に乗りやすい」ライトが黙ってやられたままでいるってのは不自然ではあるんだが、間違ってるわけでもない。ライトの場合、常に無茶するわけでもないし」
 結局、強引に肯定する事は簡単だよね、やっぱり。
「肯定出来るから完璧だったり隙が無かったりするんでなくて「肯定する必要」がある展開になる事自体が完璧でない証拠。つうか完璧ってどういう意味だろーか?」
 重いモノの方が…。
「それはいいから、もう。自分で見つからなかったらムリにあら捜ししなくていいんじゃないか?私は連載当時、無茶苦茶気になったから雑記で指摘してただけで」
 間違った点も知っててこそファンだとかそういう認識で。知っておくのは悪くないんじゃないかな?
「映画の感想見たんだけど、結構面白い。「それは原作の時点でそうなんすよ、貴方が原作を過大評価してるだけで」って感じの多くて」
 自分で見てみないと何ともいえないなー。デスノートだったらトリック2みるけど。
「いつかテレビ放送するっすよ、それは間違いなく。読み切り版設定で全く違うデスノートやってくれんかね?知能バトルは大場先生には無理なのわかったから、そうじゃなくて」
 ブラックな作品になる可能性高いよー、それは、どーいうの望んでるかわかんないんだけど。
「設定が毎回違ってもいいんだけどな。要は人を殺せるノートを持った人間達がそれをどう使うか、どう判断するかの物語。毎回のように人は死ぬだろーけど、ブラックになるかどうかは描き方次第。大場先生の場合…多分、上手く描ける!」
 大場先生の何を知ってるんですか?正体?
「何でデスノートが面白かったかって事で。それを考えれば大場先生は決して無能な作家ではない。描くジャンルを間違ってしまっただけで。デスノートで死んだ人間を蘇らせる消しゴムを何に使うかとか面白いじゃないすか。先に物語があって、その為にノートがあるんであれば、その為にノートの設定を毎回変えるのはそれほどに問題は無い」
 その設定を毎回説明するのか。
「しなくていいんじゃないすか?」

2006年 6月26日

「出来いいよなー?」
 いいっていうのかどーか。
「特別不満無いんだけど…敢えて言うなら…ネオジオCD版の龍虎外伝も収録しとけよってぐらいで」
 恵まれた環境になれちゃうと、昔の環境にはもう戻れない。
「奴らはSNKファンではない。プレイモアファンでも無い。むぅ、龍虎で幸せになれるってのはもう…古い人間って事かー」
 っていうかネオジオでいーじゃん、一緒なんだから。カラーエディット出来るぐらいで。
「苦境に弱いな、プレイモアファンは。SNKに裏切られ続け…プレイモアに悩まされ続け…。何も知らないでSNKファンを否定してただけだから現在のプレイモアがいかに優良な企業か理解出来てない」
 KOFファンからプレイモアファンに攻撃対象が広がってる…。
「ほとんど、イコールでつながるだろ」
 ほとんどはね。
「XIはまた後にするとして、まじぽかかな。まだ2巻見てないけど」
 追加の1話、全然面白くなかった。
「まじぽかの味は出てないっすね。まじぽかで一番の名作だったのはやっぱり2話かなー?」
 あー、やっぱりあの第2話が「まじぽか」の作品イメージを理解して貰う為のものだったって裏話出てたね。
「第1話を公開してもしょうがないんすよ、やっぱり、前にもいったけど、第2話なんすよ。第1話だと勘違いするから」
 第1話だと、ホント何のアニメなんだか。
「はいてないゆうまとか…第1話からアレだと絶対に勘違いする」
 そーいう面もあるアニメではある。うん。
「第1話で…これは……ダメか?って思いつつ…第2話で…「何だ、この意味無いアニメは」って」
 黄金の時間過ごしてる4人だよね。
「エブリデイマジックっすね」
 そ、そーなのか、アレ?
「とりあえず、りるは萌えキャラだって事が今更わかった」
 萌え要素認めた、遂に。…エブリデイマジックとまじぽかで検索した結果…0件!
「はっ、それがどーしたー」
 誰も思ってないってこと。
「それはエブリデイマジックの認識がズレてるからだ、日本で」
 ズレてるのは、ゆーりだ。
「ぼくなつもエブリデイマジックすね」
 また意味わかんないこと言い出すし。
「まあ、そんな事はどうでもいいんすよ、とりあえず雑記見てて、まじぽか見てない奴はとりあえず見てみろって事で」
 騙されたと思って。実際に騙されるから。何でこれ推すかなって。
「まあ、ギャグ系ARIAってイメージかな、私ん中で」
 ARIAファンが怒りかねない事まで言い出したー。
「ARIAはいいんだけど、二学期がさー。二学期つまんないんだけど、すっごく。何やりたいのかホントにわからんし…それを気にしないでバカアニメとしてみてもすっごくつまらん」
 無軌道アニメとしては出来悪いだろね、そりゃ。元々そーいう作品じゃないんだから。
「エクセルサーガとかギャラクシーエンジェルとか色々とやりたい放題やったアニメあるんだがね。二学期はダメだわ。キャラの魅力を引き出せてないし」
 前シリーズっていうか一学期の出来が良かったからこその続編なんだけどね。
「三学期って無いと思うぜ、この悲惨な出来だと。人気あんのかな?…原作ファンだろーが、原作知らない人間だろーが、どっちにも受け入れられそうにないぐらいに駄作なんだけど…」
 やる事が思いつかない。何か続編決定しちゃったけど、どーしよ?って感じで。
「一学期で作品自体知ったんで、原作ファンじゃあないんだが…原作も知ってるって身から言わせて貰うと………原作を知ってる人間をターゲットにしてるんだろーが、そんな狭い層に向けて作ってどーする!っていうのと、その割にキャラが誰が誰だかわからない。原作のキャラ設定をまるで活かせてない。ただのクソギャグアニメと化してるという辺りがダメなのではないかと」
 ダメなとこしか無いのか、二学期は。
「何でこうなったのか謎だ」

2006年 6月27日

「今日もまた4:00。とっとと終わらせる、休日じゃないし」
 んー、今週の何か。
「ツギハギは普通に面白くなかったって事で飛ばす。ネオジオのとこが普通に少なくていっすね」
 ネオジオコーナー作ったですか、ジャンプ。じゃあ、寝るから。
「ネオジオコーナーなんか無いんだが、勝手に寝てくれ」
 うい。
「ツギハギが普通だとジャンプも全然面白くないって事に気付かされた、以上!」

2006年 6月28日

「闘婚も終わったし、雑記行くか」
 うい、お疲れ。
「おう、疲れた。首がボキボキ言う程」
 …何で首がなるかな。
「何でだ?」
 何でだろ?
「確か「不明」だって聞いた事あるんだよな。何で音がするか」
 また、とんでもないウソを。それ騙されたんだよ、きっと。
「悠じゃあるまいし」
 年越しヤキソバとかね。
「特命リサーチだったかなー?検索してみるかな」
 だね。
「おう?随分ヒットするなー」
 おーーー?こんなに…。
「骨が砕ける音って言ってる」
 ……他にどこ鳴る?
「足首、手首、指、背中辺り、時々、膝も」
 全身骨折です、すぐ病院行って下さい。
「不明だけど、ガスの破裂音じゃないか?ってのも聞いた」
 ガス?
見つけたっす。首じゃなくて指だけど」
 んーーー。んー?
「ほぉ?結局よくわからんな」
 部位によって原因が違う?
「確かに1度鳴るとしばらくならなくなる…けど、左手の親指と足首はかなりなるっすよ。特に親指はかなりっていうかずっとかな?」
 ずっと?
「ほら」
 ずっとやっててよ、じゃあ。
「疲れるんすよ」
 首とか背中は…違くない?
「違うかもな。ガスがどうとかって話じゃあないと思う、やっぱり。あー、これも同じ事言ってるな」
 首ならしちゃダメだって。
「なるもんはしょーがないんじゃないだろーか」
 どーすると鳴る?
「首を回すと」
 まわすな。
「結論として鳴るもんは仕方無い。しかも破裂音説は実際かなり怪しい。永遠になる指がある以上」
 それは別の原因で鳴ってるからって事でどー?
「べしゃり暮らしいつの間にか打ち切りになってるし」
 またウソついてるし。
「実績あると、本誌追い出されて別のとこで続きを描かせてもらえるらしい。まあ、べしゃり暮らしはなー…ダメだしな、ホント」
 うにゃ?……。
「どこ行くんだかなー」
 ホントでした。静かに打ち切られてた。
「な?」
 打ち切りじゃなくて連載誌移動だけど。
「週刊少年ジャンプ的には打ち切りなのだよ」
 SBRも?
「当然。キン肉マンと比べても昔からのファンに見捨てられてる気がするぞ、かなり。SBRはジョジョのアナザー世界で新たなジョジョやるのかと思ってたのに…結局昔のジョジョのままだったってのが多分かなり…マイナスだった。もうスタンドバトルなんざ見たくないわけなんすよ、荒木ファンは」
 見たいのはBTであり、バオーですか?
「バオーはしらんが、BTであり、第2部のジョジョなんでないすか?スタンドを使えるのは自分の足で走るサンドマンだけに許された特権だとすれば」
 昔の作品の一部の要素を使ったファンサービスになって、サンドマンの優位性がよくわかる。
「回転する鉄球は波紋と同等の力だって言っておきながら…結局、鉄球よりもスタンドって方向になっちゃったし。サンドマン以外のスタンドが出てくるまでは多分、荒木ファンは喜んでたっすよ。ポコロコまではOKとしてそれ以外…特に主人公2人は問題外っしょ?いきなり能力を身に着けて強くなるなんて事は主人公側にあると崩壊するんよ」
 ジョジョは第5部辺りからは…そんな感じ?
「ルールは平気で変わるし。それで単行本書き直す事もないから矛盾した台詞が平気であるし」
 ジョジョでは当たり前だと思います。
結構面白い質問あるな」
 4部が人気だね、結構。
「連載当時は人気あったんだろーか?第4部って。結局、伏線はりっぱなしな用件が何件あるんだかっつう」
 第4部は主人公不在で、変態さんがいっぱいだから楽しいんだと思う、多分。
「杜王町は変態いっぱいでやだな」
 人気はあるけど、ゲーム化はされない。
「変態ばっかりだからな。実際主人公不在言うけど、吉良が主人公みたいなもんだし」
 前半出てこない主人公。
点数は高いのに不満だらけのアマゾンの感想どうよ?」
 何でそれで点数は高くつけるんだろ?面白いから?…あうー、ディオのスタンドが恐竜化ってホントだったのか。
「ウソついてどーするよ」
 普通、ウソだって思うよ!そんなの。トランスフォーマーじゃないんだから。変身とかってスタンドじゃないし、全然。
「変身するスタンドは何個かあったぞ。クヌム神とか」
 変身の意味が違う。

 見直してみてもダイノボットは最高だった。
「男っすよね」
 そー思うなら祐里もも少し見習ってさ。
「恐竜にはなりたかないなぁ」
 びば、冷血動物。
「じゃあ、ディオ様が理想のタイプと」
 ……URYYの人?
「んー、微妙に違う」
 だよね。意味わかんなかったし。微妙ってのも意味わかんないけど。
「雑誌連載は読んでないがね。最新刊で明かされたディオのスタンド能力が恐竜への変身だった」
 ……それは……んー……多分ウソだ。ホントなのかウソなのか迷ったけど、ちょっと無理ある、スタンド能力にしては。
「そーすか。しかし、ディオどんどん堕ちてくな。ボクらの愛したディオは死んだ、何故だ!」
 承太郎が殴ったから。
「何かひ弱な人みたいだ。あー、第1部のディオのあの魅力は一体どこに。第3部だとやけに下品だったし」
 馴染んだ後は特に、ね。ジョセフの血が悪いのか、もしかして。
「第6部は第6部で天国がどうとかわけのわからん事言ってたし、今や恐竜だし」
 いや、それは無い。
「動くものしか見えないんすよ」
 それも無い。

「いや、それは無い」
 あるってば。変身おかしーって。イボンコぺったんこだし。
「それも無い」
 ……何か仕返し?
「雑記にはその時の雑記を転記しておこー。人の話を信じないバカ娘のアホ台詞って事で」
 んにゃーー、信じる方がどーかしてる。人工衛星を破壊しろ!を信じないのと同じぐらいに。
「真文センセーか、なつかしーっすね。アレも打ち切り?いつの間にか無くなってたし」
 感動の最終回見た。
「ウソっすね。汗の味でウソかホントかわかるんすよ」
 それをウソっていう。
「7巻と8巻はいきなり好評価だな。6巻の時点で呆れて読むのやめるか、ついていったかの差かな?ジョジョで検索するとSBR6巻が最初に出てくるしな」
 ジョジョをスタンドバトルと受け取るか、第2部とか第4部辺りを最高傑作と受け取るか、そんな感じかな?荒木ファンにも色々いるわけだし。
「レースの目的…聖人の存在も個人的にかなり×。スティーブン=スティールの折角のカリスマ性がまるで生きてこないっつうか…大統領の下っ端かよっつう」
 意味がわかりません。

2006年 6月29日

「餓狼2はキャンセルかかりづらいって事で今週のサンデー」
 ネコなびの面白さは保証ずみだから、何か他の。
「MARがやっと終わるらしいっすね。で、犬夜叉も終わるんかな?「同じ事の繰り返しだから」とかそういう意味でなくて、普通に「読めない」レベルに達してるんで早く終わらせるべきだろね、哀れだし」
 犬夜叉はサンデーが引きとめてたのかな、やっぱり?
「今の1/5ぐらいで終わってれば名作だったのかもな。ガッシュも終わるんかな?」
 サンデーどーなるんだろーなー。パンも終わる?
「畑センセーと若木センセー以外は基本的に書く気が無いバックステージ。…やめりゃいーのに、あのコンテンツ」
 忙しいのに更に日記まで書いてられるかー。って感じで。
「サンデーの味が消えちゃってるんだよなー、今。あー、ホント何もないな、サンデー。テニスは相変わらずステキだけど」
 打ち切られる心配がほとんど無いから、好きなよーにやってける。
「アニメのNARUTOかなー?やっと終わったから、小学生が作っちゃったシリーズ」
 良かったじゃん。氷で太陽レーザー。すっごい破壊力♪
「氷を作って操る能力だろ?とすると、あの太陽レーザーは…普通の氷でも…誰でも出来るわけだ。怖い世界だな。何て危険な太陽だ。雲からレーザー降り注ぎそうだな」
 小学生でもあんなことは考えないよーな気がする。
「キン肉マン以下」
 ただの氷なのに忍術も忍具も受け付けない。
「黄金聖闘士なんすよ、彼」
 フリージングコフィンの応用?…それは心強いですな。
「心強いですよ。防御は完璧、そして太陽レーザーは光速なんで回避出来ないって事で攻撃も完璧!」
 光速だったかな?
「まさに完璧超人」
 黄金聖闘士で完璧超人。どこまで無敵。
「霊丸が鏡で跳ね返るとかそういうレベルですら無い。マシンガンの弾が鏡で跳ね返るぐらいのレベル」
 ま、男塾だよね。
「何があってああなったんだろーか?誰が悪かったんだろーか、アレは?とにかく最初から最後までヒドすぎた。クソレベルって事で」
 まずはNARUTOの世界の常識を知れって事で。
「いや、その前に一般常識を覚えろって事から。やっぱり小学生に任せたのかな、設定から脚本から…」
 だとしたら大した才能だ。

2006年 6月30日

「閉じたら閉じたでやっぱりさらされて、もうSNK対戦格闘コンテンツやりたくねぇってのが本音だったりしつつ…雑記な」
 気にしないで閉鎖する。
「もう放っといてくれっての」
 凍結だから、やめたわけじゃないってのがあるんです。
「クソサイト叩いてる時間あるなら、プレイモアの応援でもしてろや。まあ」
 以下略。
「ホント、プレイモアはファンに恵まれないなー。頑張っても基本的に認められない。「プレイモアでもやれば出来る」とかそんな言われ方しかしないし。貴様らがSNKプレイモア社の何をわかってる?」
 放ったゲーム。
「昔のSNKファンに比べて実に質が悪い。同じなのかもしれんが、ネットで好き勝手言える分、クソが目出つのは確か」
 プレイモアよりアンディの方が恵まれてないのを知るです。プレイモア社の餓狼伝説紹介コンテンツ見てみるです。
「…アンディ真っ白に燃え尽きてる」
 ダック以下!
「アンディいないなー」
 2とSPにもアンディいなくて、チンが…。
「プレイモアは変わってもファンは昔と同じ感覚でいる。だからズレる。ホント、絶望しかないのな、こんなにもラッシュのように発売されてんのに」
 絶望しか無いですかー。
「オンラインコレクションとMI2の同時期発売は結果的にとはいえ、成功してたんすよ。互いのユーザーがあんまし被らなくて、それでいてどっちもKOFなんでKOFというタイトル自体が盛り上がる。なのに、クソサイト批判してんじゃ話になんねぇ。クソサイトなんざ放っておいて、好きなゲームの話してればいいだろーに。MI2からXIの流れ、XIからKOF新作への流れ…。そこにオンラインコレクションが挟み込まれてるっていう状態。なのに、これを否定する輩ばっかり。「新作なんざ見たくない」って言ってた頃の私ならともかくな、新作望んでる奴らの態度じゃねぇだろが」
 あー、何かそろそろ本気で怒ってきてるから話題変えよっか?
「情報募集なんかするんじゃなかったな。じゃあ、OKWaveから面白いとこでコミケはオタクの巣窟っていう」
 巣窟…うじゃうじゃいるのか。
「げんしけんの春日部さんを見てごらんなさい。一般人とオタクの超えられない境界ってものがあるのだよ」
 っていうか、オタクだってコミケ行く人って総人口からすると圧倒的に少ないと思うぞ。所詮っていうか、所詮っていうと雑記的には敵作るか…。
「何の為に説得したいのかしらんが、その行為がオタクの評判を悪くする」
 まあ、何?…斑目さんみたいな誇り高いオタクにとって大事な場所だから、むしろ一般人を巻き込むなって感じ?
「いや、巻き込みたきゃ勝手に巻き込めよ。どーでもいーし。これの面白いのは回答者のそれぞれの回答なんよ」
 まー、オタクだけどコミケ行きたくないし、行った事無いなら偏見持ってて当然だし。説得してどーこーなるもんじゃない。だからって連れていったら…かわいそーだから、それは。
「専門学校時代の事なんだがね、オタク数人とゲームがちょっと好きな一般人1人で校舎の近くにあったアニメイトにだな」
 聞いたー、それは聞いたー。「場違い」発言だよね。
「アニメイトの時点で場違いだって言い出して出てく人もいるわけで…つまり、境界線があるんで無理に引っ張り込まないように。引っ張り込まれると抜け出せなくなるし」
 抜け出せないんだよねー。扉にトラップがあるっていうか逆方向には開かない。
「んで、アンケートではやたらと多いタバコのアンケート。喫煙者を批判する為に「結果わかってやってるだろ」ってのばっかりだったけど、最近はちょっと変わってきた」
 値上がりした程度でやめる程度のものならって。んー、やめてくれるのはいいんだけど、何か…その程度のものなんだ?とか思っちゃう自分もいる。
「やめてくれるならいいだろ…ホントに」
 そーだけど。7番さんなんかホンモノだよね。
「アンタが指定有害人種言ってるんだがね、喫煙者を」
 けど、好感持てるよね、この絶対的な…貫く姿勢は。
「時々いる、税金を他の人よりだの、「自分達は貢献してる」とか言う奴は全く好感持てないつうか、もう少し頭使えよって」
 嫌われる発言だね。さすが、ゆーりさんはわかってる。何を言うと嫌われるかとか。
これなんかも危険。タイトルと同意の人の意見だとか、そうでない人の意見だとか……いや、誰が危険で何が危険かってのは言えんが。後になってつけたしたように否定しても「誰にでも本意はわかる」って事で」
 電車のマナーもよく出てくるアンケートだよねー。アンケートっていうか愚痴?
「とりあえず、利用者の事情ってのは実際のとこあんまし関係無い。同じ権利を持った乗客なわけで。でも、それでも事情を考慮するのが」
 電車を利用する上でのマナーっていうか常識?仕事で疲れてるかどーか、育児で疲れてるかどーかそんなのは知った事じゃないのです!ってわけにはいかない。
「ただね、仕事で疲れてるなんてのは知った事じゃない的な風潮はある。家事がいかに大変か理解されてないとかってのが少し前はよく言われてたけど、その結果…現在は…いわゆるサラリーマンがかなり冷遇されてるとは思う。かわいそうに」
 プログラマってのはサラリーマンじゃないのかにゃ?
「プログラマ自体が多分冷遇されてるんで関係無い。どーでもいーし、その辺は。まあ、こー言ってる私でさえ「アンタが仕事帰りで疲れてるかどーかなんざ知らんな」って思っちゃったし」
 …ダメだー。何か刻み込まれてるよ、それは。
「そんな疲れたサラリーマンは謎のホームページで心を癒すべし」
 アレはサラリーマン向けだったのか。
「ホント、意味わかんねーし、あの番組」
 相変わらず、生瀬さんいい味出してるし。
「飲み会でのカラオケの解説はかなり好きだった。深夜に帰ってきたらとりあえずアレで癒せ」
 むしろ疲れたり。
「だから何なんだよ!って」
 まー、謎ですから。
生瀬さんはWikipediaによると、いつの間にやら山田十平衛まで演じてたらしいっすよ」
 まいったぁぁぁ♪っていうか、十平衛の漢字間違ってるし。多分、似た感じの別人。
「餓狼SPのビデオ作る時に1人何役も演じてしかも会話してんのに、野沢雅子さんかのように「別撮り」じゃなくて、次々と別のキャラを演じていったっていう…」
 十平衛とかね。
「それは違う」
 餓狼SP当時から生き残ってるのってテリーと舞とキムだけ?…あ、声ね。
「アクセルと十平衛も生き残ってるな」
 ……まーね。キャラ自体が生き残れなかったけど。
「リョウもそうか」
 いちおー、餓狼SPキャラか。
「餓狼は随分と声優変更されたかー。その点、龍虎は2以降、ほとんど変更されてないのが素晴らしいっすね」
 そのネタはアクセルと十平衛だけでいーです、悲しくなるから。